1982年・何も言えなくて・・・夏⑤

img090_convert_20130108145018.jpg
(既に3万回くらい紹介している写真であるが、関西本線名古屋~亀山間電化直前の富田浜駅にて。電化直前までこうした旧型客車が普通列車の主役であった。)

東海道線で名古屋まで来た私は全く記憶にない。もちろん乗換時にはちゃんと目が覚めて乗り換えをしている。不思議な体質であるが、同伴の友人をちゃんと起こして次の列車に乗り換える辺り、既に「チャレンジ」の体質に染まってしまったか・・・
しかし当時は何とも思わなかったが、現在「18」で東海道のこの区間を昼間に利用するとかなりの苦痛を感じるのは私だけであろうか。現在では「18」が世間一般にかなり浸透しており、シーズンになると東海道線の車内は軒並み満席。中には立ち席での移動も強いられる場合もある。皆乗り換え駅での座席確保に必死だ。

img150_convert_20130209194534.jpg
(さて・・・亀山では約3時間の待ち時間を設定した。当時は座席確保に必要な時間との考えからであったが、当時、事実上の「上り列車」では混雑度関係無し!同じ上り列車では当時の「大垣夜行」以外は始発駅からであれば待ち時間無しでも座席を確保出来た。あくまで私の経験上からではあるが・・・)

そんな東海道をすり抜け、名古屋に着くと関西本線に乗り換える。亀山から「はやたま」に乗るためだ。この時の関西本線は名古屋~亀山まで電化されたばかり。私はこの年の春に「電化直前」にも訪問している。「直前」「直後」と立て続けに訪問しているが、おかげで「はやたま」が「天王寺~名古屋」が「天王寺~亀山」に短縮されてしまった。亀山14時6分に着いた私は17時21分発の「はやたま」まで何と3時間近く待つことになった。先述しているが、やはり「大垣夜行」のイメージからか「並んで席を確保」の頭からこういう予定を組んでしまった。結果的には既に述べたとおり、バッチリ待った甲斐あってそれほど(と言うより全く)混雑してない列車の座席を確保できた。

img228.jpg
(既に夜の時間帯となっていた尾鷲。私が唯一紀勢本線を訪問したのが今紹介している旅であるが、あれからどのように変わったのか、近い将来訪問してみたい。)

さて、3時間もの待ち時間、いったい何をしていたのであろう・・・と思うほど列車はのんびりと紀勢本線を進行していく。旧型客車のみの編成は、新宮から寝台車を連結して初めて「はやたま」となるが、新宮までは完全に「ローカル」だ。しかも学生諸君は夏休みの為帰宅組の学生は僅少。とは言え亀山~一身田~津辺りは学生君がそれなににいた。と言っても私も当時は学生であったが・・・
尾鷲に着くころには完全に辺りは暗く、既に最終列車の役割をしていた。先述の通り新宮で寝台を連結したあと「はやたま」に変身。そして和歌山には未明の3時台に到着。そんな「921列車」は天王寺に5時ちょうどに到着。そして大阪環状線で大阪まで出る。更に東海道線と山陽本線で岡山まで一気に辿り着いた。ここから伯備線に乗り換えるのだが、この伯備線もちょうど電化されたばかりであった。同じ年の春に登場した「青春18」で電化前の伯備線を備中神代~岡山まで乗車している。その時は新見でキハ80の「やくも」を拝んだが、今回の旅では371系振子式の「やくも」のお披露目であった。もちろん私は「18」のためカメラに収める事しかできず・・・

img137_convert_20130131205701.jpg
この旅では伯備線が電化直後であった。新見で収めた「やくも」は、同じ年の3月に訪問した時のキハ80からご覧の車両にグレードアップ。陰陽連絡の機能が一段と高まった。)

伯備線で北上し山陰方面に出るが、ちょうどこの時期は伯備線と併せて山陰本線の伯耆大山~知井宮(現・西出雲)までの電化が開業し、11月に開業予定である上越新幹線開業に合わせて弥彦線と越後線が電化されるなど「苦しい事情」の国鉄であった中、かなりの高速化が図られた。特に山陰本線の一部電化区間はそれなりの都市が連なるため乗客も少なくない。実際、2013年に再訪の際も米子~松江辺りは立席客が出るほどの盛況ぶり。しっかりと「鉄道」としての役割を果たしていた。やはり電化せねばならない事情であろう。
そんな電化区間を新鋭の115系で米子に到着した。境線を制覇してから再び米子に戻ってくる。するともう16時16分、つまり夕方になっている。上り列車の夜行は始発時間が早い。出雲市を19時23分に出発する。米子からもちろん乗車できるが、まだ時間に余裕があるため出雲市に向かう事になっている。当時、山陰本線の普通列車の主役は「旧型客車」だ。DLに牽引されながら、途中で伯備線の115系と列車交換する。ちょうど新旧交代の時期でもあったが、今考えるとすごく不思議な光景だ。

img100_convert_20130222161517.jpg
(電化直後の出雲市駅。まだ地上時代で構内には側線も多くあった。実はこの駅では小さな思い出があり、旧型客車で出雲市駅に到着したのだが、いち早く「山陰」に乗車したいため列車が止まるのを待てずに若干止まる直前にホームに足を預けた。すると思ったよりもスピードがあり私はホームで「ひとり一本背負い」を敢行。2回転半くらいはしたか・・・相方に「なにやってんの?」と言われたのは述べるまでもないが、私にとってみれば衝撃でカメラも若干やられてしまい悲しい一撃であった。ちなみに私は小学校時代に柔道をやっていた関係から受身には自身があったが・・・皆様、列車を下車する際には列車が完全に停車してからにしましょう!)

出雲市から夜行普通列車「山陰」に乗り換えるが待ち時間が1時間。私の中ではこの「1時間」が足りないくらいに感じたが、今回の旅に使用している夜行列車は上越を除き全て「上り」である。普通夜行列車のイメージとして「大垣夜行」を最初に経験したせいか、2~3時間待たないと座れないというのがあった。しかしこの「山陰」もそうだが、上りに関してはそれほどまで神経質にならなくてもちゃんと座席を確保できる事を気付かされた。それは始発時間が早いため地元の方の「ローカル列車」の役割もある。そのため短距離客が多いため、必ずどこかの座席が空くというものだ。
先ほどまでいた米子を通り過ぎ、列車は京都目指して更にのんびりと加速していった。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
創設:1969.03.09
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR