北海道、初上陸の時③

初めて見る北の大地に度肝を抜かれるばかりであったが、今まで乗って来た特急列車を苫小牧で降りるのがもったいない。が、後ろ髪惹かれる思いで苫小牧発の夕張線直通DCに乗り換える。
追分はかつて「SL最後の地」として数多くの訪問者があった時もあった。1983年訪問時には千歳空港(現・南千歳)からやってくる石勝線の「新線」が大きく上部を掠め「夕張線」のホームまでしばらく並走する。まだまだ当時の面影が残っていて「黒のダイヤ」の全盛期を偲ばせるホームには、人影疎らな乗客と共に列車到着の時のみ一瞬のにぎわいを見せていた。

img074_convert_20121222143317.jpg
(憧れの「石勝線」へ訪問。あくまで私のこだわりは「石勝線」であり「夕張線」ではない。新夕張では訪問当時、駅前には「紅葉山」の残骸が残っていた。)

念願かなって訪問した「夕張線」で一気に夕張に向かった。この夕張駅であるが、2回移転を行っており、現在の夕張駅は3代目である。私の訪問時は「初代」であったが、かつての面影は既に衰退しており全盛期とはほど遠い姿になっていた。もっと景色を見たかったが既に外は暗く、街の様子も確認できなかったのでできれば昼間に訪問したかった。が、メインは白糠線。あくまで白糠線に軸を合わせなければならない。
一旦新夕張に戻り、今度は楓に行く。実はこの石勝線の「新線区間」は鉄道路線の中で私が最も好む路線であるのを告白する。西寒川駅などは当然思い入れはあるが、やはり「一番」となると石勝線・新夕張~新得の「新線区間」が私の第一位である。別に隠そうとしていたわけではなく、言うタイミングが無かったのだが、そう、私の一番好きな路線は石勝線である。が、旧・夕張線は含まない。でもこれはかなり一般的な意見ではないと思う。私は変わり者であろうか?

yuubari-55-2A.jpg
(画像はリンクさせていただいている「昔訪ねた気動車ローカル線」より。かつての「紅葉山」であるが全く持って「黒ダイヤ」を象徴する風景となっている。新夕張になる際には駅が若干移設された。)

まぁ個人的な事はさておき、楓駅は特殊な構造で、本線上に相対式ホームが2面2線あるが、新夕張~楓の旅客列車が発着するホームが独立している。そのため3番線まであるという事だ。独立ホームは単行1両分の長さのホームのみで駅舎もある。もっと楓駅をじっくり観察したかったが、5分停車で折り返しの為ろくに散策できなかった。しかも夜7時頃の為暗かったので尚更だ。現在は信号場として第二の人生を送っている楓駅であるが、かつては「登川支線」の中間駅であった。スイッチバックの構造の珍しい駅であったが石勝線開通前に現在地に移転。登川と旧楓のほぼ中間地点に新たに「楓」を作った。しかしながらその後の経過は周知の通りである。そんな楓の「再訪」を誓いながら既に30年以上経過してしまった。そろそろ行かなければならないタイミングになっているであろう。いつかは・・・

img072_convert_20121222143233.jpg
(現在は信号場として活躍中の楓。旅客営業があった当時は本線上のホームとは別に折り返し用のホームが独立して設置されていた。)

との思いを胸に秘めながら今夜の宿となる急行「まりも」に乗車するため一旦札幌に行く。なぜ札幌か・・・理由は単純で「自由席」の為座席の確保が必要だからだ。
急行「まりも」は石勝線経由で札幌と道東を結ぶ夜行列車で、終点釧路では快速「ノサップ」に接続し根室まで行ける。「まりも」は14系客車で寝台も連結。私の訪問時はなんと10系寝台であった。その後はDCに変更され24系寝台(だと思ったが)を連結するという異色の編成になった。現在は既に「まりも」の存在が無いのは周知の通りであるが、北海道の乗り潰しにはこの夜行列車陣が大変重宝した経験を持たれた方も少なくないであろう。
座席も無事確保できて一路「白糠」目指して休息の時間となる「まりも」の車内は意外にも乗客が多い。もちろん私みたいな「同業者」が多く占めていると思われるが・・・
深夜の2時頃に新得で上下の「まりも」が列車交換。その間に私は「いい旅チャレンジ20000km」の証明写真を収め再び仮眠。そしていよいよ今回のメインイベント「白糠線」に逢うために白糠の駅に降り立った。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR