かけめぐる「青春」③ 塩尻駅(後編)

DSCF0370.jpg

中央西線と中央東線、更に篠ノ井線に所属する塩尻駅。先述したとおり1982年に「大改造」が行われ駅が移転した。当時の国鉄事情を考えるとかなりの英断であったと思うこの「ビフォーアフター」は、30年以上経過した今もしっかりと機能している。旧・塩尻駅の跡地と共に最新の「塩尻事情」を紹介しよう。


DSCF0393.jpg
塩尻駅の現在の駅舎。利用者は9千人前後で推移している。近年は若干の減少気味であったがほとんど安定していると言っても良いであろう。


DSCF0379.jpg
新旧の普通列車が出発を待つ。基本的に1・2番線は中央東線、5・6番線は中央西線が使用。



DSCF0372.jpg
4番線を使う事で東線と西線の乗り入れが可能となる。この4番線を使用し東線と西線を直通した列車は「臨時急行<たてしな>(1986年7月19・20日に名古屋駅 - 小淵沢駅間を運転)と臨時特急<あずさ木曽号>(2001年9月8・9・15・16日に東京駅 - 上松駅間を運転)の2本だけである。」とウィキに記されていた。私にとってこの記事は非常に興味深いものとなった。


DSCF0373.jpg
DSCF0380.jpg
「中央本線」を望む。大きく二股に分かれているのが「象徴」であろう。ここ塩尻を境に運転系統が全く別の物となる。


DSCF0390.jpg
DSCF0391.jpg
DSCF0382.jpg
DSCF0383.jpg
DSCF0384.jpg
DSCF0385.jpg
DSCF0367.jpg
DSCF0366.jpg
旧・塩尻駅と思われる場所に移動してみた。旧・駅舎であった場所と思われるところには「スパ施設」があった。関係者しか入れなかったのは残念であったが、既にかつての面影は無く、旧・ホームと思われる設備が若干残っていた。



DSCF0395.jpg
DSCF0394.jpg
駅移設の際にオープンしたと思われる塩尻駅舎内にある飲食店。どことなく昭和を思わせる雰囲気に思わず引き寄せられてしまった。


と言ったような旅を今回は計画してみた。今までは全線乗り潰しの為の旅であったので「点の旅」があまりできなかった。現在はこうした「点の旅」ができるようになり、以前から気になっていた駅にもこうして訪問できるようになった。「塩嶺トンネル」と併せて1980年代は中央線にとって革命的な年代であったろう。そして、その先人たちが築き上げた「遺産」はしっかりと現在も受け継がれている。当時の国鉄の「フトコロ」をもってしてでも革命を進めたかったのであろうが、その革命は完全に有効になっている。全く無駄のない、将来を見据えたパーフェクトなものとして今も健在なのが嬉しい。ご覧の皆様も塩尻に訪問の際は、ちょっと視点を変えてホームに立ってみるのもいいかも知れない。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

こんにちは。
いつも私のブログにご訪問頂きありがとうございます!
大変、遅くなりましたが私のブログにダイヤモンド☆トナカイさんのブログをリンクさせて頂きました。
今後ともよろしくお願いします<(_ _)>

タカ&ヨシ様

コメントありがとうございます。

いつも楽しく拝見させていただいてます。と言うより目的は同じですものね!私の「制覇」に関しては、沖縄の「ゆいレール」を制覇すれば「全線」と言う事になりますが、予定では5年後くらいに延伸がありますのでそのタイミングで訪問しようかと思います。
と言うものの、来年には新幹線の延伸もありますね。私たちのような「目的」は永遠のテーマですし、終わりのないゴールを目指しているようなものですね。だからこそチャレンジし甲斐があると思われますがいかがでしょうか?
改めまして、これからもよろしくお願いいたします。

No title

楽しく拝見させていただきました。
塩尻駅の南側、中央東西線が左右に別れていく様子は何度見てもダイナミックですね。
そしてまたこれだけの改良工事を実行した英断に拍手です。

f54560zg 様

コメントありがとうございます! そしてご協力ありがとうございます。

以前から塩尻の新しい配線は気になっていたのですが、気になりだしてから既に30年が経過してしまいました。私の初訪は1982年8月で、まさに「切り替え直後」でした。当時は長野発新宿行の普通夜行列車に乗車しての訪問でしたが、停車時間が5分位しかなくなかなか観察できませんでした。夜でしたし。その後何回か訪問してますが、実際に下車したのは今回が初めてです。

f54560zg 様がおっしゃるように、あの二股に分かれていく「象徴」が実にダイナミックで、当時の「国鉄事情」をもってしてもこの「ビフォーアフター」を決行した当時の関係者には本当に素晴らしい決断と判断、そして英断であった事、そして実行したことに感謝したい思いです。「感謝」とはおかしな表現ですが、現在もしっかりと受け継いで機能しているのが素晴らしいですね。当時の設計は完全に将来を見越した完全なるパーフェクトなものとして今も機能してますが、将来的にもしっかり機能してほしいものです。

それと、塩嶺トンネルからくる新線と、旧線、更に旧線を使用したと思われる西線からの短絡線が「旧駅」でドッキングするのも何か微笑ましいですね。そして4番線を介して中央線の直通列車が以前に運転されたことも素晴らしいです。

これからも f54560zg様 にご協力お願いする機会が増えてくると思いますが、その際はよろしくお願いいたします。
プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
創設:1969.03.09
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR