鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

かけめぐる「青春」④ 青海川

DSCF0759.jpg

青海川は「日本で一番海に近い駅」として名高い。日本には「一番海に近い」駅は沢山あれど、ここ青海川は「日本一」を名乗っても納得できる材料がしっかりと揃っている。もちろん物理的に考えた場合、神奈川県の「海芝浦」が思い浮かぶが、そんな「屁理屈」がどうでも良くなるここ青海川はホームに立つと納得する。私のブログと相互リンクさせていただいている「LM徒然草 ~駅のある風景~」の管理人であるLM様はここ青海川にかなりの想いがあると聞いている。そのことに裏付けられるように、この駅には引き寄せられる「何か」が存在する。また、LM様のブログでは旧・駅舎もしっかりと紹介されているので是非!
ここ青海川はロケーションはずば抜けて素晴らしいが、私の訪問時は風が強くいささか寒さを覚えた。と言うより、ホームから見える風力発電のプロペラに象徴されるように、ここは有数の「強風地帯」なのかもしれない。
また、長岡寄りには旧線跡と思われる空間とトンネルがハッキリと残っており、さながら「廃線マニア」の心を揺さぶる。その場所は徒歩でも到達可能なため意外にも観察するにはもってこいであろうが、駅前の高台を上ってもその全貌が拝める。
私が訪問したのは午前中であるが、この駅から眺める夕陽はそれこそ「日本一」の名に相応しいであろうと聞いている。いつか再びこの地を訪れる事を楽しみにしている。


DSCF0732.jpg
午前10時前に到着した。ホームに足を踏み入れると早速日本海の洗礼を受ける。頬を打つ冷たい風は、日本海の荒波にももまれたかのように心底冷える思いだ。


DSCF0753.jpg
DSCF0752.jpg
DSCF0740.jpg
「どう?」と思わず言ってしまいそうな駅の雰囲気。数々のドラマでもロケ地として登場するのもうなずける。


DSCF0744.jpg
長岡方面のホームがどうしてもクローズアップされがちであるが、富山方面乗場からの景色も見逃せない。大きな橋の向うには風力発電の設備が。


DSCF0739.jpg

DSCF0742.jpg
通常の駅名表の他、こんな駅名表も登場。ちなみにこの駅だけかと思ったら新潟県の各駅にも存在した。


DSCF0763.jpg
DSCF0791.jpg
DSCF0737.jpg
DSCF0780.jpg
2007年に災害の為駅舎を建て替えた。新しい駅舎には「駅ノート」もある。ちなみに私も一筆したが、寒さのせいで字が若干読みにくくなっている・・と言い訳しておこう。訪問の際には是非。


DSCF0774.jpg
DSCF0770.jpg
DSCF0766.jpg
駅を離れ高台から眺めてみた。旧線と思われる廃トンネルが大きく口を開けていた。トンネルまでの旧線跡は歩道になっているようで、トンネルまでは容易に行けそう。私は時間の制約から次回にした。


DSCF0748.jpg
ホームから見ても旧線跡が確認できる。青海川はこの旧線跡散策だけ来ても価値がありそうだ。


DSCF0751.jpg
DSCF0793.jpg
DSCF0794.jpg
「日本海」と言うより「城ヶ崎」のようなイメージか。船越や片平辺りが良く顔を出しそうなロケーション。


DSCF0782.jpg
DSCF0814.jpg
貨物を見送り帰郷する列車に乗る。再びこの地に訪れる事を約束しよう。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは、厳しくも美しい風景ですね。波の音風の音レールの響きが聞こえてくるようです。

ねこすけ様

コメントありがとうございます。

ねこすけ様のおっしゃる通り、まさに潮騒のロケーションですね。私の初訪は1982年8月ですが、その時は下車できず普通列車で通り過ぎただけでした。次回紹介する鯨波と共に、日本海の駅というのは独特な雰囲気が漂いますね。私は自慢ではないですが湘南生まれ、湘南育ちなもので、この日本海は本当に異色の海に映ります。
しかも山陰と北陸では全く別の顔を見せてくれるのも魅力的です。湘南の海を「少年」で例えるなら、日本海は「侍」のようなイメージでしょうか?
しかしこういうロケーションに駅があるのが素晴らしいですね。もう少し暖かかったら1日いても良かったですが・・・

No title

こんばんは。
青海川駅って海が近いんですね。
そういえば、下灘駅も近いと聞いた事があります。どちらも行った事はないのですが..。(^^;)
夕日の色に染まる海、綺麗でしょうね。(^^)

リラ様

コメントありがとうございます!

リラ様のおっしゃる通り、青海川・下灘ともに「日本一海に近い駅」として名高いですが、よく下灘をご存じですね。私は2~3年前に訪問してますが、ポスターやドラマ、CMなどのロケ地として使用されてます。
神奈川県にある「海芝浦」と言う駅が一番海に近いという理屈もありますが、それが「屁理屈」となってしまうくらいのロケーションです。

特に青海川は「日本海」という海がバックアップしておりますから、私のような「湘南」な人間にしてみれば「異国の丘」的存在です。

No title

青海川駅は2008年8月に訪問しましたが、荒々しい冬の日本海のイメージとは正反対の穏やかな海で、季節によってこれほど違うものかと思ったものです。
自分としては冬の日本海のほうが好みですが。

海芝浦の件で「屁理屈」を述べさせて頂くと、あれは「京浜運河」なので「海」に一番近いのはやはり「青海川駅」という意見もありますね。どちらも甲乙付けがたいすばらしいロケーションですが。
それと神奈川に住んでいると、新潟から西の日本海側は川の下流が北を向いているという事に違和感を感じます。

ご無沙汰しております

こんばんは。
ご無沙汰しております。

当ブログのこともご紹介いただき、ありがとうございました。
コメントを早くしたかったのですが、仕事が忙しすぎて疲れ果て、肉体的に余裕がありませんでした。

青海川のこの光景も、最近は見慣れてきました。
思い出に残っているのは、やはり旧駅舎の方ではありますが・・・。
あの地震と共に消え去った光景は多いですが、波荒い日本海の厳しさと美しさ、そして物悲しさは変わっていませんね。
波間の中に立つ駅名標は、いつ見ても旅情を誘われます。
現在、ちょうど、共同管理者のKが青海川へ旅立っている所です(既に帰路のはずですが)。LMも行きたかったのですが、仕事が忙しく、訪問はかないませんでした。
機会があれば、また行ってみたいですね。

LM様

コメントありがとうございます。

実はある意味、私がこの駅に訪問するきっかけを作ってくれたのがLM様と言っても過言ではなかったのです。私の好きな駅は隣の「鯨波」ですが、今回の旅ではもちろん「初」下車してます。しかしながらどちらも日本海のバックアップを受け実に素晴らしい駅であることに改めて気づかされました。

私も青海川は旧駅舎時代に下車してみたかったです。もちろん通ってはいますが、何せ当時(1982年)は鯨波の方がお気に入りでしたので写真などは撮ってませんでした。しかし今回下車してみて改めてLM様の「こだわり」や「想い」等が伝わってきた気がしました。

そして、実は私も3月に現在の場所に転勤してから少々仕事的に忙しくなりまして、わずかな時間ですが自身のブログの管理と皆様の記事を拝見しています。お互いになかなか時間を作るのが難しい部分もありましょうが、いずれは時間を作っての「再訪」を実現したいですね。

すんや様

コメントありがとうございます!!

確かに私たちの様に「太平洋」を日常とする人間にしてみれば「北向きに水が流れる」のは不自然ですよね。それ、よくわかります。プラス「日本海」と言う単語には妙に異常な反応してしまいますね。「荒波」に象徴されるように「湘南」とは全く異次元的な、古舘伊知郎的に言えば「四次元」のような空間的印象を抱く私、神奈川県民です。

海芝浦か青海川か・・・日本一なんて正直どちらでもいいのですが、ここ青海川は本当に納得するような素材、そして材料がそろいすぎています。
すんや様は2008年の訪問と聞きましたが、それって災害後間もないですよね。その体験こそ貴重なものと思います。それにしても「荒波」ですね、日本海は。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/385-2d17b452

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

管理人のひとりごと (48)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (42)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (3)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (17)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (55)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (2)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (2)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (108)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (3)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
JR北海道 (50)
宗谷本線 (15)
根室本線 (1)
石勝線 (10)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (1)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (1)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (52)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (2)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (1)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (84)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (3)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん