かけめぐる「青春」⑨ 二本木

来年には「トキめき」になってしまうのか、ここ二本木駅は信越本線唯一のスイッチバックが残る駅で有名だ。以前は隣の関山もスイッチバックであったが、現在はスイッチバックは解消されている。1982年8月にこの関山も私は通ってはいるが、訪問当時はまだスイッチバックが健在であった。が、やはり二本木の方が印象が強い。そしてこの二本木の特徴としては2014年現在でも朝の時間帯には二本木発着の列車が設定されている事であろう。それはスイッチバックという構造柄なのか、それとも二本木でかなりの需要があるのかは定かではないが、とにかくこの列車設定は何かと「嵐を呼びそうな」雰囲気が漂う。
しかしながら、なぜここ二本木にスイッチバックが今も残っているのかはやはり歴史的背景が当然ある。それは2007年まであった「貨物」によるものである。二本木発着の貨物列車はかなりのもので、専用線が分岐していたほど。ここから発送される「原材料」は北九州や広島方面に行っていたそうであるから相当の品質であったのだろう。残念ながら現在この二本木から発送される貨物は全て無くなってしまったが、スイッチバックだけが残り若干寂しい印象である。

DSCF0492.jpg

しかし、ただ「スイッチバック」と言うだけではなく、駅そのものに魅力を感じる二本木であるが、かつて私のブログで「頑張れ、二本木君。」というタイトルで少々紹介させていただいた。その時は下車できずにいたが、今回は約1時間ほどの時間をとり駅をじっくり観察した。現在は業務委託駅として駅員が配置されている。この事が私にとって訪問時の「救い」になったのだ。と言うのも、今回の訪問時は関東では「春一番(決して某プロレスラーのマネをする人物ではない)」の話題が紙面を賑わせている中、春装備で参戦した今回の旅では既に篠ノ井線付近から雪がパラついてきた。二本木に到着する頃には完全に辺り一面銀世界になっており、自身の装備的に「二本木は見送ろう」との思いが頭をよぎった。だがせっかく来たのだからと、意を決してホームに足を踏み入れた。もちろん駅は銀世界。しかしながら想像していたほど寒さを感じなかった。やはり春はそこまで来ているのだ!と思い駅舎に向かえば、なんと「暖」が入っているではないか!!駅員がいる温かさ、そして家庭用の暖房器具2基で温かさを保つ待合室は神に手を差し伸べられたような思いであった。
そんな二本木駅は、今もこの町の代表としてマジェスティックな印象を醸し出すが、構内の広さや側線が若干持て余し気味な印象は否定できない。今後「トキめき」になってもこのままスイッチバックは残っていくのであろうか・・・


DSCF0485.jpg
DSCF0489.jpg
DSCF0505.jpg
二本木に到着。自分の衣装が「春」であるのにご覧の景色は若干ショックを受けた。しかし意外にもそれほど寒さは感じ無かった。



DSCF0490.jpg
DSCF0494.jpg
地下道を潜り駅舎へ向かう。季節に対する防御は完璧なくらいの駅装備だ。メンテナンスもしっかりと行き届いている。


DSCF0491.jpg
なかなか魅力的な駅舎である。開業当時からのものであろうか?


DSCF0497.jpg
駅前の景色はそれなりに「生活」を感じることが出来る。現在は1日300人前後の利用者があると聞くが、中にはかつての「貨物」の工場で働く人もいる事であろう。付近には今も工場が多く存在する。


DSCF0500.jpg
DSCF0501.jpg
DSCF0502.jpg
駅舎内は意外に簡素であった。家庭用の暖房器具2基で温度調整しているのが微笑ましい。


DSCF0503.jpg
私は滅多にスタンプを押すことがないが、ここ二本木駅にはスタンプがあったので試してみた。押す技術的には別として・・・付近では「大パノラマ」が拝見できるのか・・・


DSCF0495.jpg
DSCF0517.jpg
DSCF0507.jpg
DSCF0516.jpg
貨物設備の関係から、現在も広く残る構内。これからもこのままの姿を維持してもらいたいが・・・


DSCF0508.jpg
DSCF0510.jpg
昔ながらの風景が・・・こういうところに二本木の魅力があるのかもしれない。


DSCF0521.jpg
次の訪問地へ目指すため列車を待っていると、交換列車の「妙高」が!できればこちらに乗りたいが、乗ってしまった場合、帰郷してしまう事になる・・・


DSCF0522.jpg
二本木に降りて初めて知ったが、ポイント部分にはなんとスプリンクラーが!



DSCF0529.jpg
そして「妙高」を横目で見送り、私はこちらで直江津方面へ・・・




FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR