あぁ・・・西日本・・・⑥

一畑電鉄を折り返し再び出雲市に戻ってきた私は山陰本線で更に西に向かう。この歳になって初めて見る大田市や浜田などの駅は実に新鮮であるが、やはり同じ本線と名乗ってはいるが山陽本線や東海道本線などの華やかさは見られず、やや地味な印象である。かつて宮脇氏が「偉大なるローカル線」と表現なさっていたように、景色的には完全に「偉大」で「ローカル」な風景であった。浜田は、あの大家族的人気番組のご当地であり、そしてかつては寝台特急「出雲」の終着駅でもあったが、現在は寝台特急の入線はない。そう考えると確かに「ローカル」ではあったが、現在は利用者も減り更に寂しさのようなものが追加されてしまったのかも知れない。

PIC_1348.jpg
(高架化され「初」となる出雲市駅の訪問。実に機能的な配線とシンプルな構造となった。昔の出雲市駅からは想像つかない。前章でも触れたが、高架化されて駅全体がやや後退した。イメージ的に札幌や高知のような感じか。)

山陰本線の旅は本当に「本線」を走っているとは思えぬ空間に誘われる。まるで「おとぎの国」にでも来たような錯覚を起こすが、やはりそのあたりが「偉大」なのかもしれない。
益田に到着すると山口線に乗り換えるのだが、実は当初の計画では長門市に向かい折り返し益田に戻ってくる予定であった。しかし例の「美祢線」の関係から予定を変更。山口線を往復する事によって美祢線をカバーする事にしたのだ。益田での宿泊先を新山口に変更して新たな旅が始まる。とは言え山口線の制覇はSLには乗れずに「ノーマル」。だが、普段の山口線に触れられむしろラッキーなのかもしれない。津和野などの観光地を通るが、普通列車での訪問者はそう多くないはず。実際に普段のローカルな風景を見られたのは収穫大。
途中の日原では国鉄時代には「岩日線」が分岐する予定であったが、周知の通り現在は錦川鉄道として第二の人生を送っている一方で未成線であった部分はレールこそないものの、別の意味で第二の人生を送っている。

PIC_1360.jpg
(益田からは山口線が分岐。構内の側線はかなり減ったがまだまだかつての印象を残す貴重な存在だ。)

そんな山口線であるが、SLが運転されている関係もありレトロな駅名表が目立つ。観光的な要素を持っているが、途中の山口を境に景色は一転する。ここで列車を乗り換え新山口に向かうが、一気に車内は満員御礼であった。私の予想通り普段の山口線の光景を目の当たりにしたのだ。当然終点の小郡までは同じ顔ぶれであろう。と言うより小郡、いや、新山口に近付くにつれ更に乗客が増えてきた。意外にも通勤客が乗車しており、さながら首都圏的な雰囲気を醸し出していた。山口~新山口は完全に都市間輸送の役割を果たしていて乗客の入れ替わりも多い。既に窓の外は真っ暗であったが、車窓に映るネオンがまぶしいくらいに煌めく。やはり山口県の中心部だけあってにぎやかだ。

PIC_1389.jpg
(「ぐっさん」こと山口線を代表する駅である津和野。観光駅としてその地位は高い。再訪の際に下車して街を散策したがなかなか風情のある街であることは周知の通り。だが鉄道少年(中年?)には全く持って関係ない!)

そして終点の新山口であるが、小郡時代を含め駅の外に出るのは初めての事。もちろん乗換などでは下車しているが、その時よりもかなり駅前が賑やかになっていた印象だ。そんな新山口で急遽手配した宿(と言ってもお馴染みのビジネスホテルであるが)で一晩過ごし、翌朝再び山口線で益田を目指した。昨日暗くて見えなかった山口までは陸続きならぬ市街地続きのような景色がしっかりと見れた。やはり県の中心部。しっかりと賑やかな景色を見せてくれたが、途中「湯田温泉」がある。後年に訪問しているが、若干湯田温泉駅から離れてはいるものの、アクセス駅としては合格であろう。
山口で益田行きに乗り換える。もちろん車内の雰囲気は一転。完全に座席を選べるくらいの乗車率であった。
津和野を過ぎ益田に戻てきた私は再び山陰本線で今度は長門市に向かう。実は今回の旅で一番楽しみにしていた区間だ。何が楽しみかって?それは・・・

PIC_1391.jpg
(もう一回津和野より。週末にはSLがやってくるのは一般的にも知られている事象である。2012年にはSLにも乗車した。)


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
創設:1969.03.09
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR