熊に逢ったらどうするか⑫ 中越信号場

中越信号場は周知の通りかつては駅であった。とは言え、晩年は勿論、以前より利用者が限りなくゼロに近かった状態であったろう。駅自体は国道沿いにあり、訪問するのには非常にわかりやすい。勿論周囲は「野生」と化した街並みが続くが、基本的に国道沿いという事もあって、若干ながら秘境度が和らぐ。とは言え、ここは完全な秘境地帯。いつ熊が出てもおかしくない環境であった。
かつては2面4線であったが、私がレールファンになり情報を得る頃には既に2面は使用されていなかった。現在はその2面は完全撤去され残りの2面を使用し列車交換を行っているが勿論ホームは無い。信号場となった現在も駅舎は残り、保線職員の詰所となっていると思われるが、ほぼ開業当時からの姿を留めていると思われる。
はっきり言って、中越駅の前にある国道はそれなりに通過する乗用車があるが、私のようにこういった駅に車を止めるのは世間的には珍しい部類に入るであろう。近くにはチェーン脱着場がありシーズンにはさぞかし繁栄する事であろうが、私の訪問時はシーズンオフ。普通にPA状態になっていた。が、勿論売店などは無く、普通に休憩するのみの場所である。


nakakosi15.jpg
国道沿いにはこんな看板があるので非常に訪問しやすい。が、既に「駅」ではなくなって久しい。


nakakosi16.jpg
nakakosi17.jpg
駅前一等地はご覧の通り秘境地帯。いつ熊が出てもおかしくない。とは言えチェーン脱着場もあり、シーズンにはある程度の賑わいを感じるであろう。


nakakosi14.jpg
そして中越「駅」に到着。旅客扱い時代とほとんど変わっていないが、入口は勿論固く閉ざされている。そして中越駅を表現する看板等も無いので一般の人からすればここがどんな建物でどういう意味があるのかは理解不能であろう。


nakakosi11.jpg
nakakosi12.jpg
駅名標の跡が痛々しいが、かつては「駅」であった名残が確認できるだけでも幸せか。隣の天幕は既に跡形もないのだから・・・


nakakosi6.jpg
nakakosi9.jpg
ホーム側から駅舎を見てみた。かつて旅客営業していた事がひと目でわかる。木製の板で固く閉ざされているのが痛々しい駅舎への入口は、かつてどれだけの人が行き来したのであろうか・・・


nakakosi4.jpg
nakakosi10.jpg
nakakosi8.jpg
かつては2面4線あったホームも現在はご覧の通り。一応中線を備えており、信号場としては立派な設備である。が、いかんせん「信号場」のため全国版の時刻表などに記載されていない事実は寂しい限りだ。


nakakosi18.jpg
旅客駅時代はここからホームへと向かった事であろう。現在はこの階段を利用しても鉄路のみが待ち構え、むしろ関係者以外は入れない空間となってしまった。


寂しい限りであった。信号場に格下げされてしまうとこうも変わってしまうのか・・・以前に紹介した石勝線の楓信号場は、駅舎こそないものの旅客ホームが今も健在であり、定期利用こそなかったが本線側のホームも現存している。それを考えるともうここは完全に信号場としてのカラーに染まってしまった・・・隣の天幕は駅そのものがなくなってしまった。本当にものすごい場所に鉄路が敷かれているのだと思うが、それは周辺の過疎化とともにモータリゼーションも加わった典型的な利用者減少のものである。
駅前は国道であるが、高速道路が並走している。その高速道路はこの石北本線と並走する区間は別料金無しで通行できる。主だった車両は勿論こちらの高速を利用しているであろう。それでも中越信号場前の国道はそれなりに通行があった。事情を知らない人はこの中越「駅」の表示を見て普通に「駅があるのかな」と感じるであろう。いや、もしかしたらその看板さえも見ることなく、存在さえも知らない人の方が多いかも知れない。しかし中越は今もこうして自身の役目を果たしている。北海道方面の鉄道風景は、こんな景色が当たり前のようになってしまった場所が多い。そして更に鉄道そのものがなくなってしまった景色も多い。
近い将来、もしかしたらここ中越もなくなってしまうかも知れない。そして、更に石北本線そのものがなくなる可能性も否定できない。確かに私はこういう場所に好んでやってくるわけだが、冗談抜きで「新幹線化」や「高速化」等の改良をしなければ将来生き残れる道は無いかも知れない。現実的では無いが、この石北本線を残すというのであれば現実的な手段ではいずれ廃止になろう。複雑ではあるが、私の胸の内もかなり複雑である。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR