箱根へ登山に行ってきました。⑤ 塔ノ沢

tounosawa5.jpg

箱根湯本から標準軌になって最初の駅である塔ノ沢。駅の両側をトンネルで挟まれ密閉された空間は、完全なる秘境駅としての佇まいとなっている。某秘境駅訪問家の順位では170位となっていたが、私はもっと上位でも差し支えないと思える評価だ。とは言え、某秘境駅訪問家の感性では箱根という観光地というシチュエーションからか、なかなか秘境というモードが馴染めないでいたのであろう。どちらにしても秘境駅カラーに染まっている事には変わりなく、日曜でも列車到着時以外は実に穏やか。絵に描いたような秘境駅として私は評価したい。

先述したが、駅の両端をトンネルで囲まれており、そのトンネル内も急な勾配になっている。上りホームには「銭洗弁天」が同居し怪しいような雰囲気を醸し出しているが、この駅は夜の時間帯は訪問しないほうがいいであろう。熊では無いが、ハッキリ言って「出る」かも知れない環境だ・・・
もちろん駅員無配置であり2面2線の相対式ホームであるが、かつては構内踏切がそれぞれのホームをつないでいた。が、ホーム延長工事の際に小田原よりのトンネル入口上の階段を伝う方法に変更され、それが事実上の「跨線橋」となった。

森と緑に囲まれて・・・と言いたいが、若干ジャングル的な部分も兼ね備えており、首都圏にいながら秘境モードを楽しめる異色の駅だ。とは言え、休日などには満員電車に揺られて訪問することになるが・・・

tounosawa25.jpg
塔之沢に到着。箱根湯本の温泉街から急転、一気に秘境モードとなった。


tounosawa11.jpg
tounosawa1.jpg
tounosawa9.jpg
駅舎は「無人くん」である。恐らく箱根登山鉄道で唯一であろう。かつてはポイント操作の職員がいたが、CTC化され無人になった。


tounosawa10.jpg
tounosawa14.jpg
一見秘境モードではあるが、付近には温泉宿があるらしい。そう、ここは箱根だから。こんな秘境駅でも「パスモ」とか使えるなんて・・・


tounosawa8.jpg
tounosawa6.jpg
tounosawa4.jpg
tounosawa7.jpg
ホーム風景。2面2線の構造であるが、上りホームではご覧のような「銭洗」が。だが・・・夜間の訪問は若干勇気がいりそう。


tounosawa15.jpg
tounosawa18.jpg
tounosawa17.jpg
これが小田原寄りのトンネル上にある「跨線橋」。以前は構内踏切であったが、ホーム延長に伴いご覧の姿に。


tounosawa19.jpg
tounosawa23.jpg
tounosawa22.jpg
tounosawa24.jpg
上り列車がやって来た。その後私の乗る列車が小田原寄りのトンネルから顔を出した。トンネル内もご覧の通り凄い勾配だ。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR