箱根へ登山に行ってきました。⑧ 宮ノ下

miyanosita18.jpg

スイッチバックの難所を乗り越え最初に到着する旅客駅・宮ノ下。某有名温泉旅館への下車口としてその利用者も多いが、駅前は急な坂道で道幅が無く、大型バスが乗り入れるのは非常に困難であろう。それより、駅前は未だに昭和の雰囲気を醸し出し情緒を誘う。箱根特有の地形に挑みながら設計された、ならではの駅だ。もちろん「ならでは」はここ宮ノ下以外の駅にも言えることであるが、登山鉄道特有の「何か」を体感できるのは箱根湯本~彫刻の森で最大であるが、という事は、標準軌のほぼ全線に渡り体感できる事になる。
私の訪問時は、セレブ的な婦人グループや若い女性グループが目立っていた。つまり女性に人気が高い事になる。やはりあの有名温泉旅館は誰しも「一度は」の思いなのであろう。もちろん常連さんも含め、ここ・宮ノ下は桜や紅葉の季節でなくても素敵な「花(華?)」が咲く駅だ。



img053_convert_20121219133550.jpg
1982年頃の訪問であったと思われるが、ちょうど1000系がデビューした頃の宮ノ下である。つい最近までどこで撮影したか忘れていたが、今回の訪問でその曇りが晴れた。


miyanosita9.jpg
上の写真とほぼ同じ位置からの撮影の現在(2014年)。1982年当時とほとんど変わっていないのがいい!


miyanosita4.jpg
miyanosita14.jpg
miyanosita11.jpg
miyanosita10.jpg
若干逆光気味の場面もあるが、宮ノ下駅舎である。女性グループの姿も目立ち、駅全体に華が咲く!!


miyanosita8.jpg
駅前には昭和の風景が・・・だが、大型バスなどの乗り入れるスペースが無い。


miyanosita3.jpg
miyanosita2.jpg
miyanosita1.jpg
miyanosita7.jpg
miyanosita6.jpg
miyanosita5.jpg
miyanosita15.jpg
miyanosita13.jpg
miyanosita12.jpg
miyanosita21.jpg
miyanosita19.jpg
miyanosita16.jpg
miyanosita17.jpg
とりあえず惜しみもなく宮ノ下の全てを披露。長閑な風景は昔も今も変わらない。しかしこの駅は特に女性グループの姿が目立つ。女性に人気がある・・・これって男性にとっては「永遠のテーマ」であろう。宮ノ下駅様、是非私にその「秘訣」をご指導願います!



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR