夜行急行列車「はまなす」大冒険 ①

「旅」とは実に不健康な行動だと私は思う。カロリー高いものを好んで食べたり朝からアルコール三昧、そして不規則な就寝時間に移動中は座席に座り「飲む」または「食う」か「寝る」かのどちらか・・・ろくに運動もしない。どれをとっても健康的とは言えないであろう。恐らくこんな生活を1ヶ月も続けていたら間違いなく糖尿病や肝臓病などになりかねない。しかしそんな不健康な行動ばかりをしているのになぜか楽しい・・・そう、それは「鉄道」と触れ合っているからであろう。

hamanasu10.jpg
(いよいよ「はまなす」初体験!私は札幌発に乗車。外見は完全に「ブルートレイン」と何ら変わりはない。実にワクワクするではないか!)

2014年11月、私は思い切って「はまなす」を体験する事にした。理由的には「トワイライトエクスプレス」を12月まで毎日発注しているのであるが一向に納品の気配が無い事。それから2015年以降、トワイライトや北斗星の去就が発表された中、この「はまなす」に至っては何の発表も無い。だからこそ逆にいつ発表されるかという思いもあり、ならば運転されているうちに体験しておこうと決意をした。以前にも触れたが「いつか乗ろう」では、いざという時に乗車できないかも知れない。だから「今」行動に出た。
たまたま勤務スケジュールにおいて連休があったためそこを北海道行きに決めた。だが切符の発売日が既に1ヶ月を切っていたので果たして切符が取れるか・・・
一番人気の「のびのびカーペット」の上段は当然ながら満席であったが、下段なら連番があると報告を受けた。その場で即決、既に頭の中でスケジュールは組んであったのでとりあえず「はまなす」を押さえた後、その他の切符の手配は順次進行していった。さて「はまなす」とは一体どんな列車なのか、レールファンはともかく、そうでない方のために若干歴史に触れみよう。

hamanasu25.jpg
(この方向幕の雰囲気もいよいよ味わえなくなる時代が来るのか・・・)

「はまなす」とは、青森と札幌を結ぶ夜行急行列車である。1988年に青函トンネルが開通し青函連絡船が廃止された際、青函連絡船の夜行便の代替え措置として誕生したのがこの「はまなす」であった。実際に私自身、青函連絡船の夜行便は1983年に体験しているが、函館~青森間を3時間50分ほどで結ばれていた。そのため函館を0時40分に発すると青森に4時30分に着いた。ハッキリ言って、この深夜から未明にかけての移動は、特に冬季の場合は実に厳しい戦いになる事であろう。私自身も身を持って体験したので保証する!って、何を保証するのか分からないが、当時はまだ中学生であったので体力的には全然問題なかったが・・・

hamanasu3.jpg
(これが私の利用した「のびのびカーペット」。完全に連絡船時代の桟敷席を彷彿させる。特に上段は完全に個室に近い状態で年間通して人気が高い。)

そして、何といっても「のびのびカーペット(発券時は[はまなすカーペット]と表現)」は、連絡船の桟敷席をイメージして再現された事であろう。特に上段に関してはほぼ個室状態となっており、年間通して満席となる「プラチナ」である。他には指定席と自由席、そして開放型のB寝台が連結されている。見方によっては多彩な編成の急行列車であるが、JR全社で唯一の定期便急行列車である。しかも客車編成の急行列車は80年代に私が旅をしていた時代を彷彿させる懐かしい内容で、かつての「八甲田」「津軽」などの急行列車を、いや、編成的には「ブルートレイン」と呼ばれた寝台特急としても何ら見劣りしない雰囲気を醸し出している。

hamanasu15.jpg
(サンライズの「ノビノビ」よりもしかしたらいいかも!と一瞬思ってしまうくらいいい感じであった。しかも急行料金だし!)

そんな事を考えていたら「トワイライト」を体験するより楽しみになってきた・・・早速私は飛行機で北海道入りし、夜行急行列車「はまなす」の待つ札幌へ向かう事にした。目指すは4番線・・・確か隣の1~3番線は将来「新幹線」のホームになると聞いた。とは言え、果たしていつの事になることらや・・・高架化された札幌駅にすっかり私も慣れてしまった感がある北海道の中心地で、まだ見ぬ懐かしき盟友を今か今かとホームから身を乗り出し待っていた。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

  ダイヤモンド☆トナカイ様 こんにちは

なんという偶然でしょう!
私は 11月に北斗星で札幌に行きました。
ニアミスしていたかもしれませんね。

私は昨年の11月に青森からはまなすに乗車いたしました。
開放式B寝台を利用しました。

はまなすの旅楽しみにしております。

オバ鉄様

コメントありがとうございます。
11月に北斗星・・・もしかしてニアミスどころか青函トンネルあたりでお互いに「すれ違い」したかも知れませんね!

オバ鉄様は「はまなす」では開放Bでしたか。私はご覧の通り「のびのび」でしたが、私の乗車時では開放Bは6割くらい下段が埋まっていて普段の「はまなす」の風景ではまずまずの入りだったのではと思いました。

この「はまなす」の旅は3回に分けてご覧頂きます(もう一回付録で写真のみの記事もあり計4回になります)が、やはりこの乗車が最後になってしまうのでしょうか・・・今後のはまなすの進退が気になるところです。
プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR