鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

今こそ鉄道旅行!

新年明けましておめでとうございます。今年も「鉄道全線完全制覇の旅」をよろしくお願いいたします。


という事で・・・新年の第一弾、何を記事にしようかと思ったが・・・過去を振り返ると元旦アップの記事は「のりかえ」「鉄子」などがテーマとなった。
さて今年は・・・と考えた時、ある事が思い浮かんだ。そう、私のこのブログのテーマ・・・鉄道で旅をする事。それをそのまま、または角度を変えて考えてみたいと思う。ちなみに、今回の記事を記すに当たって相当の写真が見当たらなかったので、前年同様「ダイナミック✩トナカイ」の写真を拝借した。この記事の写真は全て「ダイナミック✩トナカイ」提供です。

165kei2.jpg
(記事に合う写真が見つからなかったので今年も「ダイナミック✩トナカイ」にお世話になろうと思う。1980年代の上野駅にて撮影されたものと思われるが、こういった「急行列車」で旅をするのもまたひと味違った旅が楽しめるであろう。)

汽車旅・・・鉄道で旅をするという事を表現するとこんな言葉になろう。「そんなに急いで何処へ行く?」みたいな文句がかつて流行した記憶があるが、鉄道でする旅とは自宅から現地の間のアクセスも「旅」となる事が最大の魅力であろう。殆ど一般の「旅行」と言われる行事は大体現地に行ってから始まる、といったような場合が普通であろう。しかし、鉄道は自宅と現地をつなぐ「架橋」的な存在であり、その架橋自体も楽しめる・・・そんな旅のスタイルを列車は提供してくれる不思議な存在だ。切符を買いホームへ・・・今こそ自動改札になってしまったが、その昔は改札に職員がいて乗客の切符に1枚1枚「ハサミ」を入れていた。とは言うものの、地方に行けば改札に駅員がいない「無人駅」なるものが多数存在する。日本全国、駅のスタイルは実にバラエティーに富んでいる。そういえば私の友人が、ある時面白い事を言った。

165kei1.jpg
(更に165系は急行「東海」と思われる。茅ヶ崎駅付近にての撮影であるが、こういった急行列車が復活していただくと更に旅情が深まると思うのは私だけであろうか?)

「電車で行く旅って楽しいよね。だって飛行機とかだと窓を見ても雲とかしかないし。電車だと景色が見れて楽しい。」ちなみにこの友人は鉄道知識などほとんど無いに等しい女性であるが、鉄道についてこんな感じで表現してくれた。普通に聞けば普通の会話であろうが、私はこの言葉に多くの意味が込められているような気がした。それは「景色」である。列車に乗っていると窓の外には当然景色が見えるしその景色も多種多様であろう。しかし私は列車から見る景色は「人間模様」だと思う。確かに傍から見たら山や海、そして街といった「物理的」なものかも知れない。だが、私はそういう事を言っているのではない。その山や海、街などからその土地に住む人間の「生活」や「営み」が見れるという事を言いたいのだ。

115kei1.jpg
(やはりクロスシートの各駅停車は旅情を誘う。こちらは身延線の一昔前の姿。駅弁でも頬張りながら景色を見る旅は最高であろう!)

例えば長期休暇などで自身の故郷に帰るとしよう。特に東北方面ではかつてたくさんの夜行列車が運転されていた。そんな列車に乗り朝を迎えると、なんだか不思議と故郷が恋しくなる気持ちになるのではないか?そして故郷が近づくと「あっ、こんなところに新しくスーパーができたのか」みたいな新たな発見があったりする。「この辺りも変わったなぁ・・・」みたいな、そんな「時の流れ」を列車の窓は私たちに教えてくれる。これは飛行機では成し得ない業だ。
しかしバスや自家用車はどうであろう。これらであっても列車と同じような「景色」を私たちに提供してくれると思うが、やはり列車で見るそれとは違う感じがする。

115kei2.jpg
(多分記事の内容とは全く関係無いと思われるが・・・大船駅で撮影されたと思われる横須賀線。1980年代であろうが、こんな塗装あったっけ?と思ったひとコマであった。)

旅をする手段は星の数ほどある。どのような選択をするかはもちろんあなた次第であろうし、それぞれの好みの問題でもあろう。強いて言えば「プリッツ」と「ポッキー」の違いであろうか?個人的にはプリッツよりポッキーを好むが、まだ私が若かりし頃、仕事仲間と金沢文庫のとある飲食店で会合する機会が少なくなかった。その時にお通しで出されたのが何を隠そう「ポッキー」であった。しかもワイングラスで・・・と、この時点でどういう「飲食店」であるか、大体の方なら想像つくであろう。まぁ、そんな事はいいとして、そのポッキーは「いちご」と「チョコ」のミックスであった。しかもチョコが9割を占めている。だが私はいちごが好きだったためすぐにいちごがなくなってしまった。ある時、試しに「いちごのみでいただけますか?」と注文してみた。もちろんオーダー通りに納品されたが・・・伝票を見て驚いた。通常のポッキーの価格より何と2割増だったのだ!確か800円くらいであったか、随分と高級なポッキーであるが・・・当然、私のみがシェアしたのは言うまでもない!

odoriko1.jpg
(1983年頃と推測する東京駅に停車中の「踊り子」の14系バージョン。こういった客車列車だと旅情を誘い「旅をしている」という実感が湧く。)

話は逸れてしまったが、私はこれからも鉄道に拘った旅をしていきたい。しかもその拘り方は、ポッキーの中でも「いちご」を強く求めていくであろう。多少経費はかかるであろうが、やはり自身が納得行く旅をこれからもしていきたい。
2014年6月には初めて「鉄道を使わない鉄道旅」をして、皆様に「熊に逢ったら・・・」と題してお伝えしたが、やはり鉄道を使用しなかったという事で何か物足りなさを感じた。特に石北本線や廃止された路線など、自分のペースで効率よく回れたがただ回ったに過ぎず何かが足りない・・・やはり私は鉄道というカテゴリーを外せない人間なのであろう。しかし、新しい事にチャレンジした事によって新たな発見もあった。それは駅周辺の「営み」が見れることだ。基本的に駅は利用者がいて初めて絵になる。だが最近は利用者がいない駅がクローズアップされがちであるが・・・
というより、列車だと駅周辺しか散策できないものだが、この熊シリーズでは当然車を使用したのでかなり広範囲で駅周辺の「生活」「暮らし」を拝見させていただ事に成功したのが逆に素晴らしく感じる。

185kei1.jpg
(1982年の東北・上越新幹線開通時は「大宮暫定」であった。そのため上野~大宮間では「新幹線リレー号」が運転されていた。上野発の長距離列車で初めて「旅情」という言葉が離れた瞬間でもあった。)

このブログをご覧の皆様は「旅」をどのように感じているであろうか。そしてどのような拘わりがおありであろうか。いちごポッキーに拘わりますか?それともあなた自身のポッキーを新たに開発しますか?そう、私自身、これからの旅は「いちご」に拘るとともに新たに新種のポッキーを開発し、そして新たな発見を求めていくであろう。そして新しいものにチャレンジしていく・・・それこそ私の「旅」かも知れない。

この記事の写真は全て「ダイナミック✩トナカイ」の提供です。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年は業務多忙で、なかなかコメントを残す余裕がなく、ご無沙汰続きでしたことをお詫びいたします。
読み逃げばかり(汗)でしたが、楽しみに拝見させていただいておりました。
ホント、北海道の記事はもう少しコメントしたかったんですがね、仕事疲れのうえに体調不良でしたから・・・(汗)。

2015年がダイヤモンド☆トナカイ様にとりまして良き年でありますよう、祈念しております。

LM様

明けましておめでとうございます。そしてコメントありがとうございます。

私も多忙の日々が続いておりまして自身のブログこそこまめにアップしていますが、実は休日に一気に記事をストックしての予約アップの日々が続いていました。
私の方こそLM様のブログへのコメントがなかなかできないタイミングが多いのですが、いつも楽しみに拝見しております。

お互いにこれからも大切に、そして明るく楽しく鉄道を「表現」していきましょう。

今年もよろしくお願いいたします。

Happy New Year 2015

あけましておめでとうございます。

今年も国鉄時代に撮られた写真や旅の記録
楽しみにしてます。
僕も忙しい時が続くことがあり読むだけになることがありますが
(ごめんなさい)
鉄旅の良さを伝えていきたいと思います。

今年も旧年と変わらぬご愛顧よろしくお願いします。

burning s 様

明けましておめでとうございます。そしてコメントありがとうございます。

私も年末年始は忙しく、実は元旦も労働でして休んでおりません。これからの時期は落ち着いてくるのでburning s 様のブログもじっくりと拝見できる時間が増える事と思います。

burning s 様のご意見にもあるように、これからも「ダイナミック✩トナカイ」と協力して国鉄時代の写真なども順次蔵出ししていきたいと思いますので今年もよろしくお願いいたします。

新年のご挨拶

一日遅れですが、あけましておめでとうございます。

新年一本目のタイトルでハッとさせられ、記事の内容で唸らされました。
人によって考え方はいろいろありましょうが、自分としては鉄道旅はその移動手段までが旅の一部として楽しめるもので、特に中学生の時に本格的に鉄道旅を始めたころ、もちろん鉄道自体に魅力があった事は事実ですが、その車窓から眺める景色には今まで自分が知らなかった世界があり、それこそ自分の視野や世界が広がった思いをしたものです。

よく地方の駅での長い乗り継ぎ時間があった時「一時間も何してりゃいいんだよ〜」なんて台詞を聞く事がありますが、駅前を散策したり、駅を観察したりで自分には一時間なんて短いくらいです。
一見無駄な事のように思える行動かもしれませんが、新たな発見があったり、目的外の場所で探検するかのごとく歩き回るのは(人によっては嫌がりますが)予想外かつ想定外の楽しいひと時であったりもします。

それにしてもポッキーとプリッツの件、何とも深いですねぇ。
私は以前からダイヤモンド✩トナカイ様のこういった言い回しにとても魅力を感じていて、それがブログの読者になったきっかけでもあります。
(鉄道旅に関していえばもちろんポッキー派ですが、純粋に好きなのはプリッツですね〜w)

自分にはいろいろと考えさせられる内容の記事でしたので、思わず長々と書いてしまいました。
これからも更新を楽しみにしております。本年もよろしくお願いいたします。

すんや様

新年明けましておめでとうございます。そしてコメントありがとうございます。

新年第一弾の記事としてすんや様にかなりの高評価をしていただき光栄に思います。
というのも、昨年はご存知「熊に逢ったら」のシリーズで一切鉄道を利用しない鉄道旅を敢行しましたが、それによって新たな経験と発見がありまして、それをそのまま感じたままに記事にしたような感じです。
というより、私はいつも旅をする時に何かひとつ過去に経験してない事を取り入れ、新しい事にチャレンジしてます。もちろん成功ばかりではありませんが、だからこそ「旅っていいよね」って思えるのではないかなと考えてます。

去年の6月は鉄道を使わない旅をしたからこそ鉄道の良さが再発見できたのも事実ですし、逆にかなりの広範囲で駅周辺の街を散策できて収穫大でした。

さて・・・2015年も新たなチャレンジをしてみたいなという意欲に駆られますが、これからもこういう自分を「維持」していきたいと思います。すんや様もこれからも素敵な旅をなさってください。そして今年もすんや様にとって良い年でありますように。

本年もよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/486-3b77ca7f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

管理人のひとりごと (48)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (17)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (57)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (2)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (115)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (10)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
JR北海道 (68)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (10)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (1)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (1)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (52)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (2)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (1)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (84)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (3)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん