長期連材覚悟!関西私鉄制覇の時⑧

oosaka22.jpg
(新開地で神戸電鉄に乗り換える。というか、実はホーム横にかつお風味の出汁的な気になる飲食店があったため1本でも列車を遅らせようかと思った。が、結果的に予定に忠実に・・・)

三宮から新開地に向かう。さて、どうすればいいか。JRに阪神、阪急など・・・オッと、JRは新開地に行かないか。だが色々な手段があるのでどう行こうか・・・しかも切符は「スルッと」だし。結局阪神で新開地に向かう事にした。そして神戸電鉄に乗り換える。いや、神戸電鉄は湊川からだ。なので正式には「神戸高速鉄道」との表現が正しいが、実際問題、これは正しい表現ではないであろう。やはり「実質」を取るとべきか、新開地より神戸電鉄に乗る。

oosaka26.jpg
(なんとなく華奢に見えるのは気のせいか?大都市近郊にありながらなんとなくローカル色が強いイメージの神戸電鉄。)

まずは横川に向かいウッディタウンに向かう。そして折り返して有馬口より本日の宿、有馬温泉に向かう。有馬温泉といえば日本最古の温泉と言われる部類に入り、伝統や歴史のある温泉場である。とは言え、私にはこういった温泉場は似合わないであろう。が、こうして私が鉄道の旅に「観光」を取り入れるのは所帯を持ってからである。こうした「冒険」もまたひと味違った旅になるであろうと。だが、普通の一般的にはこうした温泉などを目的に旅をするのが普通であるが、私の場合はこの温泉が「サブメニュー」となってしまう。やはり主役は「鉄道」だ。

oosaka27.jpg
(有馬温泉の宿泊先から有馬温泉駅を望む。山間にある駅のため周辺は坂が多い。昔からの温泉街的なイメージではあるが、若い女性グループもチラホラ。)

翌日、朝食を済ませ有馬温泉駅に向かったのが8時半過ぎ。私としては異例の出発時間だ。これだけ出発時間が遅いと若干不安を隠せないかも・・・(ってなんの不安だか・・・)などと考えながら鈴蘭台を目指す。ちょうど通勤通学時間帯の最中で乗客が大いが、改めてよく観察すると神戸電鉄とは実に雰囲気の良いローカルモード漂う鉄道路線ではないか!と感じた。さすがに鈴蘭台まで来ると「大都会」のように映るが、基本、神戸電鉄は風情漂う鉄道路線と私は認識している。そんな鈴蘭台で粟生線に乗り換える。ふたつとなりの西鈴蘭台は辺りも開けており乗客も多い。が・・・基本この先からローカルモードに突入する。粟生線と言えば、近年ではずっと赤字計上していて存続の危機に立っている。粟生線は実に風情がある路線であると思うのでなくなってしまうのは実にもったいない気がする。是非今後も継続してもらいたいが・・・

oosaka29.jpg
(粟生駅ではJRとは別改札である。私的には1982年以来約30年振り(当時)の訪問であった。変わったのは、電化され車両が変わったのと北条線が第三セクターになった事。とは言え、雰囲気的には昔のままだ。)

粟生でJRに乗り換える事になっているが、なぜかJRにはこうしたローカルモードが似合っていると思ってしまうのは何故であろう。やはり「イメージ」なのであろうか。とは言え、現在の加古川線は電化され通勤電車が走る風景が見れるようになった。私が1983年4月に訪問した時は三木線・北条線・鍛冶屋線を分岐する路線でありDCが主役の路線であった。現在は粟生から分岐する北条線のみが残っているのもやはり時代の流れか・・・
私は「スルッと」のためJRは正規料金での参戦だ。しかしながらずっと私鉄路線に乗ってたせいか、JR車両が実に新鮮に見える。これもこの旅ならではの発見かも知れない。加古川から姫路へ山陽本線の「新快速」に乗るのも実に新鮮。姫路から最後のラストスパートに向け、なんとなくエネルギーを注入した感じとなったのは気のせいであろうか。「スルッと」の中のJRは、この旅の行程の中でダイヤモンドのように、実に素晴らしく煌めいていた。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR