予期せぬ連休に急遽草津温泉に行く事に決めたけど、その前に岳南電車の各駅に降りてみた⑥岳南原田

gakunanharada23.jpg

今回の岳南鉄道訪問に際し、全くの予備知識を持たずに参戦した。なのでこの駅に着いた途端に非常なサプライズが待っていた!ドアが開くなり、何やら醤油だしの風味・・・そう、ここには「駅そば」があったのだ!ホームに足を踏み入れた瞬間にわかる、あの独特な香りは無意識にそちらに足を運ばせてしまう。計画では約30分のインターバルがある。そう、この30分は運命であったのか、予め霊的な何かが知らせてくれたのか・・・まるで計算されたかのような、そして誰かに仕組まれたかのような「罠」であった。
とりあえず男女の駅員が我々を迎えてくれた。男性職員は恐らく運転手と思わるが、朝の時間帯は職員がいるのであろうか。しかも女性職員はわりかし若い方であった。実に爽やかであったが下車したのは我々と他若干名であった。
現在でも構内にはたくさんの貨物側線が張り巡らされているが、それらは全て「鶴見線」のようでもあった・・・ただこの駅に関しては、かつての貨物の盛栄を偲んでいる場合ではない。それよりも併設される「飲食店」の方がはるかに気になる存在であった。あえて飲食店内では写真を撮影しなかったが、なんというかとても飲食店的ではない雰囲気の女性従業員が我々を迎えてくれた。そのギャップが実に絵になる!どういう雰囲気かは自身の目で確認していただいた方が肌で感じる事であろう。

gakunanharada8.jpg
gakunanharada5.jpg
これが駅舎の全景。もう出し惜しみはしない!早速「飲食店」があることを確認していただきたい。なかなか風情と趣のある「駅そば」が駅舎右手に早速確認出来る。だが、今回はあえて蕎麦の写真を収めなかった。これはこのブログをご覧お皆様に是非自身でご確認いただきたいからだ。わざわざ現地まで訪問する「意味」が必ずある事を肌で実感するであろう。


gakunanharada4.jpg
gakunanharada1.jpg
gakunanharada2.jpg
おわかりいただけただろうか?駅舎内にコップや水がある事が。そして、曜日によって異なるサービスもある。もし、飲食店が満席の場合、駅舎の座席を開放する・・・とでも言うのだろうか・・・


gakunanharada6.jpg
gakunanharada9.jpg
gakunanharada10.jpg
gakunanharada3.jpg
では・・・飲食店を切り離して駅舎から紹介してみよう。なんとも趣きのある造りであるが、やはり駅舎内にいてもかつお風味の匂いが気になる。


gakunanharada15.jpg
gakunanharada24.jpg
gakunanharada27.jpg
ホーム側から駅舎を見てみた。ご覧の通り側線がまだまだ健在であった。だがもちろん機能していなく、途中で線路が途切れている。その先には・・・


gakunanharada20.jpg
gakunanharada21.jpg
gakunanharada14.jpg
そこは斎場になっていた。全く私事であるが、最近「父の件」もありこういった施設には非常に敏感になっていた。駅前にあるという事は来場には非常に便利。車社会とは言え、遠方から来場される方にとっては非常にわかりやすく教えやすい。


gakunanharada22.jpg
gakunanharada13.jpg
gakunanharada18.jpg
gakunanharada12.jpg
岳南特有の駅の造りはもう見慣れてきた。この先岳南江尾までこういった景色が続くであろう。側線はかなり「酸化」していたのが気になった。だが、こうして駅の景色を撮影していても「鰹出汁」が匂ってくる・・・的な魅力あふれる駅だ。


gakunanharada19.jpg
更に駅前には気になる看板も。駅前なのでアクセスに便利。これってリーズナブルなのであろうか?


gakunanharada26.jpg
gakunanharada25.jpg
という事で次の駅に向かう。が、ご覧の通り若干の乗客が・・・



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ。岳南電車の駅はどれも趣きがあって、興味深く拝見させていただいておりますが、ここはとりわけ、「琴線に触れる」感じがします。駅舎や広い構内や、ホームの屋根ももちろんですが、何と言っても「駅そば」の存在ですね。これは否が応でも気になります(笑)。この目と舌で確かめたくなりますね。

あいあんさいど様

コメントありがとうございます。

やはりあいあんさいど様の事でしょうから「この事実」を見逃すはずが無いと思っていました。必ず何かの反応があるなと・・・

私は訪問当時、全く予備知識を持って行かなかったため実に偉大なるサプライズでした。今回は文中にも触れてますがあえてそばの写真を収めずに、ご覧の皆様に「自身で確認していただく」という意味も込めまして記事にしました。関東の人間なら味に申し分ありません!が、更に店員さんにサプライズです。とても駅そばとは無縁と思われるような身なりの方が切り盛りしている姿は実に微笑ましい感じです。
是非あいあんさいど様も訪問してみてはいかがでしょうか。必ずや納得する材料が揃いすぎています。それはホームに降りた瞬間からその事実に触れる事でしょう。
プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
創設:1969.03.09
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR