鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

高山本線を普通列車で制覇する事になったので、いっその事、全駅名票を撮影しようと思ってしまったが・・・①

高山・・・というとあなたは何を思うであろうか?「エベレスト・ジャーマン」「元・GHCチャンピョン」「顔が怖い」・・・と勝手に想像してしまう。というより、そっちの高山ではなく、今回は「本線」の方である。
今回紹介する旅では「青春18」での訪問のため、必然と普通列車になってしまう。だが・・・それがいい、と思うのは私だけであろうか?普通の一般に、高山へ観光に行こう!と思うなら「ワイドビュー」にでも乗って優雅にその時を迎えるであろう。だが、我々レールファンは常に常識を打ち破る・・・そんな存在のため、一般の方とは別の場所に価値観を求めてしまう。そう、普通列車で見る高山本線の風景は実に素晴らしい。景色とかはもちろんであるが、そういう事ではなく、なんというか「オーラ」とでも言おうか、普段我々が経験した事のない「何か」が潜んでいる。そんな「何か」を発見するために「18」でチャレンジした・・・

hida1.jpg
(1980年代まではご覧の車両が活躍していた。後述する「北アルプス」とともに高山本線の「主力」であったが、当時は高速化のため電化も考案されていた。しかしながら途中で計画を変更。車両を改善する事で電化と同じ効果を狙った。画像はウィキペディアより。)

高岡で宿泊した私は帰郷のため高山本線を使う。とは言うものの、先述通り「18」を使用しているためとても「ワイドビュー」は遥か彼方的存在であった。だがしかし、そんなワイドビュー的列車以外にも当然ながら列車の設定はある。そんな列車で高山本線を全線制覇できたら素敵であろうと、2両編成の普通列車に乗ったのが富山駅だ。ちょうど朝の通勤時間帯であったため、旅先での立ち席はある程度覚悟はしていた。案の定、北陸本線(当時)は学生諸君や、意外にもスーツ姿のサラリーマン的乗客で満員御礼であったが、高山本線のそれは若干カラーが違っていた。下り列車という事もあってかそれなりに乗客はあるものの、私たちが普段よく目にするローカル線の風景がそこにはあった。

hida2.jpg
(そして民営化後に導入されたキハ85。国鉄時代から格段に性能が上がり所要時間の短縮に成功。とは言え私は車両的な技術云々にはほとんど不得手な部類なのでそちら方面の情報はウィキを参考にしていただきたい。画像はウィキペディアより。)

越中八尾を過ぎた辺りからその風景が顕著になり、猪谷に着く頃には既に「普段」であった。猪谷はJRの境界駅のため、運転系統が別れるか、直通列車があっても運転手が交代するためほぼ全ての列車が停車する。私の場合も猪谷で乗り換えとなったが、こちらも2両編成であった。急ぎ足で乗り換えをしたものの、座席を選べるスグレモノであった。猪谷と言えば、近年までは神岡までの盲腸線があったのはご存知であろう。私の訪問時は既に廃止されていたが、なぜか乗換案内の看板が健在であった。そんな「奥飛騨慕情」を後にして、更に私はJR東海の内陸を目指す。非常に順調な旅であるが、果たして今後の展開が気になる・・・

img442.jpg
(JR西バージョンの高山本線DCは猪谷駅にて。国鉄時代に比べやや軽快な印象であるが、恐らく性能もアップしている事であろう。)



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。

高山と言えば、全日本へ来た当初はカッキーとコンビを組み、あくまで「U」を継承していたのですが、その路線で伸び悩み、大森とノーフィアーを組んだあたりで転機……あっ!そっちの高山ではない?
(いつかプロレスネタを放り込んでみたかった(笑))

高山本線ほど、18が似合う路線はないかなと思います。
実のところ、名古屋~高山というのは、いまでは圧倒的に高速バスの圧勝です。

2000年代に東海北陸道という高速道路が出来たあたりで、バスで行っても特急列車で行っても、時間は変わらないという時代になりました。もちろん値段はバスの方が安いです。
名鉄も「北アルプス」を廃止した理由は、実はこのあたりで、高山行きの名鉄バスを増発しています。

こんな時代だからこそ、むしろ18で行く意味があるなんて、勝手に思っております。
続きも楽しみにしております。

宿はなしさん

<高山と言えば、全日本へ来た当初はカッキーとコンビを組み、あくまで「U」を継承していたのですが、その路線で伸び悩み、大森とノーフィアーを組んだあたりで転機……あっ!そっちの高山ではない?
(いつかプロレスネタを放り込んでみたかった)>
とは素晴らしいですね。
というか、よく細かいことまでご存知で。つい最近まではノーフィアーの大森も征矢との「ゲット・ワイルド」は大変な名コンビというか、これまたある意味「最強」だったのではないでしょうか。

高山と言えば1995年にUインターと新日本の全面戦争の東京ドーム(プロレス用語では「闘強導夢」ですか)の大会に観戦に行ったときは高山や後の「グレーシー・ハンター」桜庭などはまだぺーぺーでしたね。その後の活躍は周知の通りですが、その時の東京ドーム大会は当時東京ドーム最多動員数の6万7千人でした(確か)。確かに立ち見が多数いましたし異様な盛り上がり方でした。最後の試合では後に流行となるドラゴンスクリュー~足4の字固めが高田に決まりギブアップした時は最高潮の盛り上がりでした・・・

と、前置きが長くなりましたが、確かに「北アルプス」廃止の背景には高速道路の開通が大きく影響している事でしょう。ですが、やはり鉄道旅の魅力は「自身が運転しなくて良い」からではないでしょうか。自身が運転してしまっては、例えば「プレミアムモルツ」的な楽しみが減少してしまいますよね?もちろん「高速バス」だと料金面でも「モルツ面」でも両方をクリアできますが、なにせ車窓に色気がない!高速道路の路肩ばかり見ていたらそれこそ「エコノミー症候群」にでもなってしまいそうな感じです。「鈍行列車」なら尚更風情ある駅舎などが見れて「旅しているな」という実感が湧くのではと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/556-85fc91f4

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

管理人のひとりごと (48)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (17)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (57)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (2)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (115)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (10)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
JR北海道 (68)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (10)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (1)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (1)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (52)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (2)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (1)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (84)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (3)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん