恋の列車はオオタキ発③

既に秘境駅として久我原は紹介したが、それに象徴されるようにこの木原線、現在で言ういすみ鉄道は素晴らしいロケーションの中を走る。木原線の中心的存在と言えば国吉と大多喜であるが、特に大多喜は国鉄から転換の際にいすみ鉄道の本社が置かれた。木原線に乗車している時はそんな大多喜駅などは単なる列車交換駅的に過ぎない存在感の印象であった。

ootaki (5)
(今回は大多喜駅を中心に紹介してみよう。いすみ鉄道の「中心」として機能している大多喜は、やはり「拠点駅」としての風格はあった。)

中学生ながらにローカルなムードを感じながら終点の上総中野に到着したが・・・基本的にこの時は「いい旅チャレンジ20000km」の制覇路線のひとつにすぎず、やたら「証明写真」や「入場券」あたりの単語に非常に拘っていた時代であった。「証明写真」と言うと、いわゆる駅名標と自身が一緒に写るタイプが20000kmルールであったが、例えば北海道などのローカル線の終端駅では5分くらいで折り返してしまうため時間のやりくりが大変だ。証明写真を撮りそして入場券購入へ・・・更に駅風景などを撮影するとすぐに5分など過ぎてしまう。今回の木原線の旅では5分以上あった記憶であるが、それより接続する小湊鉄道の存在が気になっていた。であるが・・・結論から言うと予算的に「折り返す」という事で仲間の合意を得たという事であった。

ootaki (1)
(改札はフリーであった!有人駅であるにも関わらず、こうして開放してくれる姿勢が嬉しい。)

全く関係ない話であるが、最近私は魚類が「美味い」と思うようになってきた。つい最近までは肉類が主流であったが、とにかく魚の味が新鮮的で食が進む。とは言え、私が好む魚は「干物」であるが、という事は歳をとったという事であろうか・・・ただ、そうして魚を食しているうちに面白いことに気がついた。例えば干物の王様は「真あじ」であろう。そして干物の他には「みりん漬け」や「粕漬け」などがある。が、みりん漬けは「さば」などが主流で粕漬けは「赤魚」が常識であろう。「あじみりん」は存在するが、実際問題マイナーな存在だ。つまりそれぞれの素材にあった「味付け」があるという事だ。赤魚は干物の開きものもあるが、どちらかといえば粕漬けが一般的だ。そしてホッケは圧倒的に干物の開ものが主流で酒の肴には欠かせない存在だ。ホッケみりんはあまり市場に出回っていないであろうが、ホッケ粕漬けとは聞いた事がない。やはりホッケはシンプルに干物の方が素材の旨さが引き立つ。

ootaki (2)
(恐らくホームは昔ながらの佇まいであろうと思われる。国鉄時代のままの部分が多数見受けられた。)

これは他の事にも当てはまるであろう。もちろん鉄道も。全国各地では、いわゆる「観光列車」と呼ばれる列車が多数運転されている。であるが、ただ運転すればお客を呼べるか・・・と言うとそうでもない。やはり何らかの特色を出さないと、最初はいいがいずれ飽きられてしまう。そう、その路線に合った「味付け」が非常に重要であろう。私は以前に某鉄道ブログに小田急線の記事が掲載されている時に「小田急にSLでも走らせれば面白いのではないか」とのコメントをした事がある。その返事とは、実に現実的なものであり納得させられる内容であった。要約すると「運転システム(ATSなどのシステム)が支障となったり、沿線に迷惑がかかるであろう」と。更に「だったらSE車でも運転したほうが良い」という旨であった。これは完全に的を射ていて正解であると思う。

ootaki (4)
(そしてこちらが大多喜駅の車庫に眠る国鉄時代の車両。というより、国鉄時代はご覧のDCが走った記憶が無いので三セク化されてからも含め「初」かも知れない。)

現在、いすみ鉄道にはキハ20などが運転されている。もちろん他の路線にもこういったイベント的な運転はあるが、やはり木原線、いや、いすみ鉄道に走っているからこその面白さがあるのではないか?と、大多喜駅に停泊していたキハ20を見てそう思ってしまった。そう、真あじには真あじの、赤魚には赤魚の素材の活かし方がある。粕漬けは赤魚であるから美味いのであって、真あじであったら元の素材の良さが死んでしまうであろう。つまり、その素材の良さを活かすには、その素材そのものを根底から知る必要がある。そして素材と「馴染む」事も必要だ。

ootaki (3)
(そしてこちらが同じく車庫にいたキハ20である。が、私の記憶だとキハ10や、特にキハ30辺りが活躍していた印象しかない。という事はこちらも「初」となるのか?)

と、なんだか理屈っぽくなってしまったが、要するに、いすみ鉄道のキハ20だからキハ20が活きてくると私は思う。あの久我原や総元辺りを走るキハ20は実に絵になるし心地よい。
今回、私は1981年と2008年の訪問時と併せて2015年の訪問時も紹介しているが、2015年にマイカーで訪問した時に外側からいすみ鉄道を見る事ができて実に素晴らしかったと思う。次回のアップでは1981年に訪問した時に撮影した写真を紹介してみたい。と言っても駅名標しか残っていなかったのでやや物足りないかも知れないが・・・



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR