昔の名前で出ています

higasinarita (7)

「恋の列車は~」シリーズでは茨城・千葉県を訪問したが、やや番外編的な形で芝山鉄道にも訪問した。特に東成田の変遷は非常に複雑で哀愁が漂う。ご存知、かつては「成田空港駅」として空港アクセスの機能を果たしていたが「成田新幹線」の構想が事実上消滅したため現在の形になったのが1991年の事であった。既に20年以上経過した事については実際に「もうそんなに経ったのか・・・」という印象である。そして新幹線構想がなくなってアオリを受けてしまったのがこの東成田であった。

かつては2面4線あったホームも現在は1面2線しか使用されていない。そしてその使用されていないホームは、なんと未だに「成田空港」のままである。そんな東成田であるが、アクセス駅としての機能を失っているものの、現在でも当然成田空港の近くに駅があり空港関係者の利用が少なくない。とは言うものの、私が2015年に取材に訪れたのが平日朝8時台の、まさに通勤時間帯であった。であったが、一般に首都圏で見る通勤時間帯のそれとはかなりかけ離れた印象であり、柔らかな時間が過ぎていった。

さて、東成田からは芝山鉄道となるが、隣の芝山千代田からの延伸は・・・という話題はややデリケートな話題となってしまいそうな雰囲気であるが、とにかくここ東成田の今後に注目してみたい。

higasinarita (12)
higasinarita (13)
higasinarita (14)
ナビの案内されるままに到着した東成田。かつての空港アクセスとしてはやや華奢な印象である。バスターミナルなどの施設は駅前には無く、小さなロータリーがあるのみであった。本当にアクセス駅であったのかと心配してしまうほどの風景であった。


higasinarita (9)
higasinarita (10)
「コンコース」と呼べるかどうか分からないが、一応中央通路的空間である。列車が到着するとそれなりに下車客が足早に過ぎ去ってく風景が見られるが、それ以外はご覧の通り・・・


higasinarita (11)
駅舎(というより入口)からコンコースへ繋がる階段はエスカレーター(本当に全く関係ない話であるが、江ノ島にあるのは「エスカー」と呼ぶ)も備えてある。が、撮影時は通勤時間帯・・・

higasinarita (5)
higasinarita (6)
そして入場券を買いホームへ。もちろん使用されている1面2線のホームにしか行かれない。実際に地下にあるのだが、やはり地下鉄の駅的雰囲気が漂う。


higasinarita (4)
higasinarita (3)
そして使用されていないホームを見る。ホームの向こうには「昔の名前」が未だに健在。もちろん、将来的に芝山鉄道が延伸された時のために温存しているのかも知れないが、実際のところはいかがであろうか。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
京成はあまり縁がなく、空港に行く時に乗るくらいで訪ねた機会も少ないのですが、東成田駅はいつか行きたいと思っています。
今、北海道で利用者の殆どいない駅の廃止が話題になっていますが、地方の路線に行かなくとも、時代の流れによって役割を終えつつある駅はあるものです。
成田空港を使う人達で賑わった時代があり、そして今の人の流れが変わった後の姿があると思えば、静かになった駅の姿をゆっくり見たいと思っています。
記事楽しませて頂きました。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

風旅記様

コメントありがとうございます。

京成・・・私自身もあまり縁がなく、基本的には「制覇」以外は訪問機会がほとんど無いです。京成と言えば、映画「男はつらいよ」に象徴されるように、完全に下町情緒あふれる鉄道路線です。
訪問機会がほとんど無いとはいえ、実は「寅さんフリーク」としては柴又へ京成を使い何度となく訪れています。

さて東成田ですが、平成生まれの方などは完全に東成田のイメージしかないと思われますが、逆にこの駅が空港アクセス機能をしていたなど考えにくいくらい不便な位置にありますね。
一般的に、空港アクセスの姿は現在の方が正しいでしょうが、芝山鉄道絡みの関係からここ東成田を切り捨てられなかったのかも知れませんね。
実際に訪問してみて気づく事も多々あると思います。ぜひ機会を作って訪問してみてはいかがでしょうか。
プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR