神栖界隈(後編)

原点・・・このブログをご覧の皆様にも必ずあるであろう。それは、一瞬でもそれに触れた時なんとなく懐かしい感じがするのではなかろうか。人はよく「原点回帰」や「初心に帰る」などと言うが、それは何か道に迷ったときや再スタートを切る時などによく使う言葉だ。ではなぜそういう場面で原点に帰るのであろう。恐らくそれは、それに初めて触れた時の「感動」や「新鮮さ」などを思い出すからか。

DSCF3824.jpg
(多分知手付近であったと思う。この辺りでようやく「臨海」と呼べるくらいな鉄道になってくるが、果たして神栖から先は貨物列車が運転されているのであろうか?)

私のレールファンの原点は「西寒川」であり「相模線」である。そしてブルートレインだ。後で考えてみたら相模線って傍から見てかなり偉大(?)なのかなと感じる時があった。「たらこ色」のDCが初めて走り出したのが相模線と聞いたことがあるし、キハ58が「新型車両の試運転」と題して相模線で運転されたこともあった。首都圏にありながらDCが運転され哀愁漂う路線として親しまれてきたであろうが、国鉄にしてみたら試験運転などにも手頃な存在であったのだろう。

DSCF3825.jpg
(こちらも知手付近、というより神栖~知手間だったと思うが、手前の広い緑地と赤い建物の間にレールが敷いてある。完全なる工業団地を貫く鹿島臨海鉄道は、やはり旅客営業には向かないかも知れない。)

既に終焉を迎えようとしているかも知れない鹿島臨海鉄道の貨物線を見たとき、なぜかそんな思いが一瞬であったが心を過ぎった。そして先述したRJ社(当時)の「旅と鉄道」の「種村直樹の汽車旅相談室」でこの鹿島臨海鉄道の旅客営業の話題で盛り上がったシーンを思い出した。私がまだ中学生であった1980年代である。私は1984年頃までがレールファンの全盛期であった。もちろん現在でもしっかりとレールを楽しんではいるが、なんというか当時とは違った楽しみ方をしている。つまり楽しみ方の「角度」が色々あるのだという事がわかってきた、とでも言おうか。そして幅が広がったとも言えるであろう。そんな今の自分が過去の自分を見てみると、なんというか無邪気であり頑なであった頃の自分がなんとなく懐かしい。

DSCF3817.jpg
(そして奥ノ谷浜付近と思われる場所にあった踏切。この踏切ではないと思ったが、ある踏切を境に右が草ぼうぼうの線路、左がレール上に枕木が置いてあるが草は刈られていた、という景色になっていた。)

私はレールファン歴に27年のブランクがある。その27年のブランクを埋めるという訳ではないが、全国を旅していると、かつての「いい旅チャレンジ20000km」に夢中であった頃と比較できるのが実に嬉しい。とは言え、ハッキリ言って「遠い記憶」でもあるから覚えていない事も多々あるが「国鉄」「JR」の違いもなんとなく楽しい。多分私がこれから旅をする時もきっとどこかに「原点」を探し求めていくであろう。それは、もしかしたら見つからないかも知れないし、もしかしたらその時は突然にやってくるかも知れない。「ラブストーリーは~」ではないが、もし突然その時がやってきたら私は周りが見えなくなってしまうくらい夢中になってしまうであろう。多分、この瞬間がたまらなく、そして味わいたいからまた旅に出るのかも知れない。飽きもせず二度三度・・・いや、永遠かも・・・


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR