18の、18による、18のための旅⑤

PIC_1348_201512022253246f5.jpg
(出雲市で撮影した「アクアライナー」。とてもDCとは思えぬ軽快な走りっぷりに時代が変わったものだと驚いてしまった。確かセミクロスシートであった記憶である。そのため長い時間の乗車にもそれほど苦にならない事であろう。事実、私もそうだったし。)

江津から先も引き続き快速「アクアライナー」で軽快に進む。浜田は「偉大なるローカル線」では屈指の主要駅となるが、基本的に出雲市~幡生は輸送密度が落ちる。今でこそローカルではワンマンが当たり前の時代であるが、この区間は割と早い時期にワンマン運転が実現したような記憶がある。それでもこの区間のみならず「偉大なるローカル線」はほぼ全線に渡り1980年代は旧型客車による普通列車が主流の時代であった。今でこそ軽快なDCが運転される時代になったが、浜田を初め西の主要駅は昔とほとんど変わらぬ佇まいである。それは主要駅に限らず、その他の駅にも言える事。この「偉大なるローカル線」はそういう場所にも魅力を感じさせるのもひとつの要因でもある。

hamada.jpg
(駅名標で申し訳ないが、国鉄⇒JRとして生まれ変わった浜田であるが、基本的に国鉄時代とあまり変わっていないと思う。もちろん時代と共に駅舎などのリニューアルなどはあろうが、なんというか、国鉄時代の名残があちこちに見られると思う。)

浜田と言えば、かつては東京から寝台特急が来ていた時代があった。そんな時代が懐かしく感じるが、そんな浜田もいつしか高速道路が開通し、鉄道の役割も半減以上になってしまった。それでもこの区間は昼間に特急列車はやってくる。まだまだ活躍して欲しいものであるが・・・
そして益田に到着する。今回紹介している旅ではこの先長門市まで進み、折り返し益田に戻り宿泊する予定であった。だが、残念ながら、この時美祢線が災害で不通になってしまっていたのだ。それを知ったのは旅行開始の3日前!急遽予定を変更して宿を新山口としたのであった。

masuda.jpg
(またまた駅名標で申し訳ないが、ハッキリ言って普通列車同士で山口線との接続がいいとは言えない益田。益田以西では特急列車の運転がなくなるので、制覇する場合は自然と、というより必然的に普通列車となる。

新山口を7時22分の列車に乗り再び益田に着いたのが9時51分であった。益田では約2分の待ち合わせで更に「偉大なるローカル線」を長門市方面へ向かう。基本的に益田では山口線との接続があまりよくない印象であったし、それこそJR西にご意見をひとつふたつ投稿したいと常に思っていたが、今回は2分での乗り換えと、かなり極端に接続の良すぎる場面であった。果たして座席を確保できるのか・・・と、山口線の列車に揺られながらそのことばかりに気を取られていた。その結果は・・・



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR