鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

更に長期連載になりそうな九州鉄道路線全線制覇<PART3>⑩

西鉄とJRの乗り換えに使う駅・・・私は香椎を選んだのであった。鉄道地図的には西鉄香椎とJRの香椎は全く別の駅であるが、道路地図など一般の地図的には歩いて移動できる距離であった。私はかつて時刻表しか見ていなかったためそういうことに気づかなかったが、現在はインターネットの時代!いろいろな事の詳細まで調べられるすごい時代になった。とは大げさかも知れないが、香椎を使う事によって次の制覇路線までの移動に特急を使う事ができる。これは実に素晴らしい作戦だ。もちろん「どこでもドア」には及ばないが・・・

img013.jpg
(香椎で乗り換えをする事になったが、なにやら気になる飲食店を発見した。時間があれば入りたかったのだが・・・)

さて、香椎から特急「ソニック」に乗り小倉まで移動した私はまず門司港まで普通列車で移動。ここから「平成筑豊鉄道」を制覇する。ん?平成筑豊鉄道?ちょっと表現が宜しくなかったか・・・いわゆる「やまぎんレトロライン(当時)」と言った方が分かりやすいかも知れない。そう、ここはかつての貨物線を利用した観光列車が運転されている場所である。運転時期が限定されていて、制覇するのには少し厄介な部分もあるが、基本、こちらがそれに合わせれば良い事であって、充分に素敵な旅が楽しめる事であろう。

PIC_1895_convert_20130502213415.jpg
kyuusyuu (36)
(「やまぎんレトロライン」に乗車するため門司港に向かう。何かと話題の駅であるが「始発駅」「終端駅」としての重みが充分すぎるくらいにある。かつては連絡船との乗り換えで相当賑わった事であろう。)

万遍無く観光気分を味わった私は次に小倉に向かう。そう、モノレールを制覇するためだ。小倉駅で妻を喫茶店に預け、単独でモノレールに乗り込むが、日中のためやや乗客が少ない印象であった。終点企救丘では志井公園でJRと連絡しているが、この両者では若干複雑な歴史があるためやりづらい、と思うのは考えすぎであろうが・・・ただ、企救丘から先の延伸とかってあるのであろうか。それが実行されればこの企救丘も若干ではあるが活かされていくことであろうと思う。

PIC_1909_convert_20130502214138.jpg
(「やまぎんレトロライン」は季節限定運転のため、こちらが予定を合わせなければ制覇できない物件だ。現在は「北九州銀行レトロライン」と変更になっている。)

小倉に戻り妻と合流し今度は行橋に向かう。そう、平成筑豊鉄道を制覇するためだ。ご存知「転換路線」として知られ、一時期は廃止候補に挙がっていたが、経営者が変わってなおこうして現在も残っているのは素晴らしいであろう。基本的に北九州の鉄道路線は石炭輸送のために敷かれた路線がほとんどで、網の目のように敷かれた路線も、その数多くが廃止されていった。しかしこうして第三セクターながらでもかつての「国鉄」が現在も残っているのが実に素晴らしい。まだまだこれからも残っていってもらいたいものである。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。

九州は一度ツアーでざっくり行っただけなので、私の中ではまだ「制覇」したとは思っていません。今は大変な状況なので、静かに行く末を見据えていくことしかできませんが、早く元の姿を取り戻せるといいなと思っています。それくらいのことしか言えませんが…。

さて、最初のお写真のお店、確かに大変気になります。どんな方がやってらっしゃるのか…。時々「リサイタル」があったりなんてことは、まずないでしょうけどね(笑)。

それはともかく、やはり西日本は「うどん」が先なんですね。確か九州は「天ぷら」系が「さつま揚げ」が主流と聞いたことがありますが、ずいぶん前の「徹子の部屋」年末恒例のタモリ氏出演の時に、「ごぼてん」というものがあると言ってまして、ゴボウのかき揚げかと思っていたら、さつま揚げのようなものと知り、軽いカルチャーショックを受けた記憶があります。日本も広いなあ…と。

門司港レトロ観光線は前から気になる存在です。確かに季節運行なのでパッと行って乗れない可能性もありますから、ちょっとレベルが高いですよね。最初の愛称の「やまぎん」が気になったので調べてみたら、「対岸」の「山口銀行」のことなんですね。で、今は「北九州銀行レトロライン」と、銀行つながりというのが何だか不思議ですが、企業名が付いているというのがいかにも観光線らしいですかね。

あいあんさいど様

コメントありがとうございます。

「九州は一度ツアーでざっくり行っただけ」とはもったいないですね。是非機会がありましたら訪問をオススメいたします。とは言え、現在は状況が状況ですから私たちは早い復興を願うより他ありません。

ところで香椎にある飲食店ですが「どこでもドア」があるのなら今すぐにでも行ってみたいです。特に店員さんが「妹」だったりするかも知れませんね。

そして「さつま揚げ」が主流とは、そしてその紹介があの「タモリ」とは!流石に地元民代表ですね。とは言え、代表には「聖子」「フミヤ」「大吉・華丸」など・・・多くの有名人を排出している「名産地」でもあります。こういった方々も「うどん」「さつま揚げ」などで育ったのでしょうか。もちろん「ラーメン」も外せない事でしょうが。

そして「レトロライン」ですが、スポンサーが「やまぎん」から「北九州銀行」に変更され何かとお堅いイメージがあると思わがちかも知れませんが、実際に訪問してみると実にアットホームな雰囲気に包まれていて楽しさ溢れています。
http://4190koawazay.blog.fc2.com/blog-category-70.html
でも紹介しているので是非ご覧下さい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/620-277e0e00

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

管理人のひとりごと (48)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (42)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (3)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (17)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (55)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (2)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (2)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (108)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (3)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
JR北海道 (50)
宗谷本線 (15)
根室本線 (1)
石勝線 (10)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (1)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (1)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (52)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (2)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (1)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (84)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (3)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん