FC2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

サマーアクションシリーズ 1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版④

日中線に揺られ喜多方に戻ってきた私は、せっかく喜多方に来たのだから「ラーメンでも食べていくか!」的な発想は無く、磐越西線で再び郡山に戻る。途中、会津若松で乗り換えるが、どちらの列車もELが牽引する旧型客車であった。であるが、磐越西線は会津若松ではスイッチバックの形をとるため乗り換えが発生するという理屈であろう。一応、郡山から喜多方までは電化されているのでDCやDLとELなどが同居する。そんな中、かつては1両編成の急行「いなわしろ」の存在が光っていた。

img022.jpg
磐越西線の要衝駅・会津若松。磐越西線はスイッチバックの形をとるため全列車が停車する。かつては上野からの特急「あいづ」があったが、現在は郡山から「あいづライナー」としてその名残を受け継いでいる。

さて、郡山に着いた私はいよいよ最初に予定していた急行「八甲田」に乗る。最初は上野からの乗車であったが、それが郡山に変更になっただけである。だが、なにせ夏休みでありしかも途中駅からの乗車のため果たして座席を確保できるか・・・的な心配が計画当初からあったが、考えてみたら「ひとり旅」である。要はひとり分の座席があればいいわけだから座る確率が俄然高くなる計算だ。ってなんの計算だか分からないが、とにかく私はホームに入線する「八甲田」の自由席の窓を目で追う。意外にも私の心配が大げさになるほど座席の心配はいらなかった。座って移動出来る!というより時間帯的にこれから「寝る」という事になる。郡山を22時32分に出発、青森到着は翌6時15分のため睡眠時間が充分過ぎるほどあるのが嬉しい。

img024.jpg
当時は望遠レンズを購入したばかりであったので早速大活躍した。確かストロボはクラスメイト兼クラブ活動の同僚に借用したが、それと同じものを後年に購入している。

そんな余裕綽綽な私は、逆に防犯機能が働いてしまいグッスリ眠る事ができないまま青森に到着した。もちろん所々記憶が無いのは寝ていたという事であろう。やや重たい体を引きずりながら乗り換える急行「むつ」の待つホームへと足を運ばせた。急行「むつ」は現在の特急「つがる」と思っていただければいいであろう。当時は青森~秋田を結ぶ都市間急行列車で、全線電化区間を走るDCであった。急行「八甲田」とは約30分ほどの待ち合わせ時間で乗り換えるのに丁度いい。そんなDC急行は川部にも停車する。そして現在は廃止されてしまった黒石線に乗るのであるがもちろん計画的行動である。川部での接続時間は約6分。列車の遅れも無く計画通りに事が運んでいった。

img060_convert_20130108135249.jpg
急行「むつ」は秋田~青森を結ぶ全線電化区間を走るDC急行であった。川部にも停車するので黒石線との乗り換えは非常に便利。

島式ホーム2本の川部では同じホームの隣に黒石線のDCが出発を待っていた。当時の私はこの黒石線については全くノーマークで「いい旅チャレンジ20000km」の制覇路線のひとつに過ぎなかったが、今考えてみたらなかなか味のある路線である事に気付いた。途中の前田屋敷は唯一の中間駅で棒線型の駅であったし、その前田屋敷がなかなか良い「出汁」になっていた。つい最近までは駅の遺構が残っていたと聞いていたが、現在は更地になったらしい。黒石線の晩年はご存知の通り弘南鉄道に引き取られたが、むしろそれが乗客減に拍車をかける事になるとは何とも皮肉な事であった。弘前に向かう場合、別の鉄道会社のため川部で乗り換える事により別料金になってしまうためである。とは言え、私の場合は当時国鉄で、しかも「ワイド周遊券」であったので別料金は発生しなかったが・・・


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

こんにちは

 国鉄時代の黒石線をご存知とは さすがダイヤモンド☆トナカイ様ですね。

私は横浜市で生まれましたが両親が黒石市出身だったので
急行津軽や寝台特急はくつる・ゆうづるに乗り黒石へ帰省しました。
子供の頃 黒石線にまだSLが走ってましたね。

黒石線が廃止されてから鉄道ファンになったものですから
黒石駅の写真を撮っていなくて残念で仕方ありません。

オバ鉄様

コメントありがとうございます。

「北の玄関口」から往年の夜行列車に乗り帰省出来たのは何とも羨ましいですね。私は湘南生まれの湘南育ちのため帰る田舎がなく、せいぜい東京は南千住の隣・三ノ輪か伊豆の下田の親戚に行くのがある意味、皆さんの言う「帰省」に似ているところでした。
私も残念ながら国鉄時代の黒石線の写真は現在ほぼ所有してませんが、今でも覚えているのは田んぼの中にぽつんとある前田屋敷がとても印象深かったです。ただ、SL時代の黒石線をご存知とはかなり貴重ですよね。

2011年に弘南鉄道で黒石を再訪してますが、というよりは1983年の訪問は国鉄のみのため厳密にこの黒石は初訪です。駅前で御当地名物「つゆ焼きそば」を食べましたが、何せ夜7時ころの訪問であったので二人ぶん注文したかったつゆ焼きそばが1.5人前しかなく、泣く泣くふたりで食べました。まるで一杯のかけ蕎麦のようでしたね。

ダイヤモンド☆トナカイ様

石黒線、懐かしいですね。
そうそう前田屋敷!
何もかも楽しい思い出です・・・

あの頃、自分の人生と照らし合わせても、ホントに楽しかった・・・
乗りつぶしにしても、自分の好きな旧型車両でできたというのは、あの時が最初で最後ですから・・・

やっぱり国鉄時代がよかったですね。
我々はよき時代に、ギリギリ間に合ってよかったですね!

にわか者様

コメントありがとうございます。

確かに我々世代は旧型客車、そして晩年ではありますが国鉄時代を経験出来たわけですからそれは実に素晴らしい事ですね。

そして黒石線というと前田屋敷ですよね。唯一の中間駅でしたが、無くなってしまったのは勿体ないです。当時の黒石駅は正直言ってあまり印象になかったのですが、前田屋敷はよく覚えています。
この日は青森から乗った「むつ」と黒石線、そして阿仁合線以外はすべて旧型客車での移動だったと思います。

申し訳ありません・・・

後で確認したら、石黒線とカキコしておりました・・・

さて、前田屋敷駅ですが、小学館の全線全駅鉄道の旅という本の写真が印象的でしたね。
一面の雪景色の中、小さなホームに小さなDCそれに対して、あまりに大きな鉄塔
私は駅にはあまり興味がないのですが(すみません・・・ダイヤモンド☆トナカイさんにお叱りを受けそうです)、あの写真は印象に残っています。

にわか者様

コメントありがとうございます。

レールファンにはいろいろな「派閥」があると思いますが、人それぞれいろいろな楽しみ方があっていいと思います。逆に私は、例えば「インバーターがどうした」とか「ATSがどうの」とかみたいな事は全く不得手です。
ただ、これだけ車や道路が進化し発達した今日、鉄道的な交通手段が時代遅れになり次々と廃止になっていくのはある意味勿体ないですね。

そういえば「石黒線」気づきませんでした!今読み返してみて思わず微笑んでしまいました。すみません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/657-76029b9e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (9)
管理人のひとりごと (28)
時刻表の旅 (7)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (25)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (62)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (158)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (10)
JR北海道 (98)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (62)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (107)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん