鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

三江線への挑戦(プロローグ)

2016年夏、私は少々早めの夏休みを取得し旅に出た事は既に紹介した。私は旅に出る場合、過去に経験していないようなテーマを必ず取り入れている。今回のテーマであるが・・・三江線全駅制覇!・・・・・・・・・・やってみた!!レンタカーによる旅は既に4回目となるが、2016年夏の今回の旅、実はこの三江線訪問が最大のテーマであった。

File0216.jpg
(三江線のスタートは江津から。朝7時からのスタートは清々しく新鮮であった。前回の訪問もここ江津に宿泊したが、久々の訪問で懐かしさも実に心地よい。)

三江線と言われて皆さんはどういうイメージをお持ちであろうか。多分、私のブログに散々訪問していただいている方は「日常的」な存在であろう。だが、鉄道にほとんど縁の無い方にとっては「三江線?」的な単語であろう。そういう方に少々解説させていただこう。三江線とは島根県の江津から広島県の三次を結ぶJR西日本の鉄道路線である。と言われてピンとくるあなたは相当の地理マニアか、はたまた地元の方であろう。もちろんレールファンの認知度は高いが、一般的に地味な存在だ。特に江津に関しては「ごうつ」と読むが、かなり地味な地方都市である。近年に世界遺産に登録された「石見銀山」の近くにある都市であるが、その知名度は高くないものと思われる。だが私はこうした都市がある意味好きだ。

File0414.jpg
(駅名標の他にこうした観光的要素も。だが、列車本数が限られるため、場合によってはかなり綿密な計画が必要だ。)

ところで三江線について、私の場合、失礼ながらつい最近までそれほど魅力を感じず、どちらかというと「新しい部類」的カテゴリーに組み込まれていた。それは、かつて「三江南線」「三江北線」に分かれ、浜原~口羽間が昭和50年代に開通した経緯からであろう。そのため、どうしても「コンクリ」のイメージが強く、木造的な温かみとか人間臭さみたいなものを感じなかった気がした。そのため芸備線や木次線と比較した場合、どうしても三江線が下位にくる感覚であった。そんな事を考える小学生~中学生は若干異質であろうか・・・そして私は社会人になり年齢を重ねてきたが、相変わらず三江線に対してはさほど評価は変わらなかった。だが、つい最近になってなぜか感覚が変わってきた。三江線の魅力に気付いたとでも言おうか、気づかされたとでも言おうか。今回はその理由を探しに三江線全ての駅に立ち寄る決意をした。

File0471.jpg
(レールファンならお馴染みの駅であろう。私もかつては憧れた駅でもあったが、最近では三江線の他の駅にも魅力を感じるようになった。)

さて、実際に訪問した印象であるが・・・とても大自然豊かな沿線風景で、心が洗われる気分であった。とは言うものの「ジャングル」とは言わないが、安易な気持ちで訪問してはならないと改めて思った。駅間の途中の部分はやはり人気(ひとけ)が無い大自然を行く印象であった。実際に、道路ではサソリとは言わないが、図鑑に載っていないような生物やサワガニなどが何匹も横切り、走る道路も車一台がやっと通れる部分が多い川沿いの道が大部分であった。だが、特に一部の駅では軽トラなどでなければまず訪問不可能な駅があり、マジで命懸けの訪問であった。もちろんこの事は後に紹介するが、ある意味「波乱万丈」的な三江線の旅であった。

File0506.jpg
(岩泉線が廃止された現在、輸送密度ではワースト1の三江線。沿線住民の思いはひとつであろうが、実際に「銭儲け」と考えた場合、私がもし経営者であるならば答えはひとつである。ある意味究極の選択だ。)

その思いをどれだけ皆さんに伝えられるか分からないが、私なりの三江線を表現できれば、そしてそれを皆様が評価して頂ければ幸いである。では早速次章より三江線全駅を紹介してみよう。と意気込んだものの、多分最後の尾関山まで紹介し終えるまでは恐らく年内いっぱいかかるかも知れない。いや、ひょっとしたら年を越してしまうかも知れないが、そんな私のブログにお付き合いいただけると最高に嬉しい思いである。

File0541.jpg
(後ほど紹介するが、こういうところにも沿線住民の思いがある。もちろん私たちレールファンの思いも一緒だ。)




FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

ダイヤモンド☆トナカイ様

三江線ですか!

私が最後に行ったのが、撮影の記録によると1998年のようです。

ここは国鉄時代もJRになってからも、乗り潰しには苦労させられました…
自分にとって魅力的な車両が走っていなかった(特に国鉄時代は、まず好きな車両の有無で優先順位がありましたので…)ので、余計にそう感じたのかもしれないですが…

おそらく沿線の風景は、私が最後に撮影に行った時とあまり変化はないかと?

にわか者様

コメントありがとうございます。

「好きな車両の有無」という優先順位があるということは「車両派」という事ですか。私は車両よりも「駅」が優先順位になる「駅派」です。1998年の訪問だと、恐らく現在の景色とほぼ変化がない事と思われますが、考えてみたら18年くらいの歳月が流れているので恐らく微妙な変化はある事でしょう。私は2010年が初訪ですのでほとんど変化はなかったです。というより初訪の時は江津に着いたのが夜10時近かったので三江線の景色とか駅の風景などはほとんど堪能できず、今回が実質初訪と考えてもいいでしょう。

次回から三江線全駅紹介する予定ですが、多分年明けまで三江線の記事が続くことでしょう。お付き合い頂ければ幸いです。

ダイヤモンド☆トナカイ様

お見込みの通り、私は車両派です(^_^)v
最寄りの国鉄駅が豊橋だったことも少なからず影響しているのかもしれないのですが、とにかく旧型に興味がありまして…

最初は旧式の車両を求めての東奔西走でした(^_^;)
コメントさせていただいた“ながさき”然り、“可部線”然り…

あと、駅となりますと、私はいまだに悔しい思いをしているのですが、北進駅ですね。
私は当時、書籍でしか見たことがないのですが、あの何にもない風景…
書籍の写真でみる限り、原野の中にただホームがあるだけ…
あの風景に憧れた中学時代…

いや~、ますます行ってみたかったです(T_T)
ダイヤモンド☆トナカイ様がうらやましいです(T_T)

にわか者様

コメントありがとうございます。

私も実は旧式の車両に関してはレールファンを復活した2007年頃から興味が沸いてきました。というより、それまで23年位のブランクがあったわけですが、その23年前以前の車両や当時の車両を今現在見かけると懐かしさを感じますね。特に旧型客車を見かけたら奇跡でしょう。

私は小学校の頃に御殿場線で旧型国電のスカ色に乗車したのを覚えてます。学校が休みの時にクラスの皆と先生とで御殿場ファミリーランド(当時、現プレミアムアウトレットモール)にスケートに行ったのですが、今となっては貴重な体験ですね。鶴見線初訪時は、旧型は既に103系に置き換わっており、大川支線のみ旧型国電でした。もちろん本線にも旧国が走っていたのを知ってます。

昔の懐かしい車両を見たりすると当時の思い出が蘇ってくるから不思議です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/666-eb2e8935

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

管理人のひとりごと (48)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (42)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (3)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (17)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (55)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (2)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (2)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (108)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (3)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
JR北海道 (50)
宗谷本線 (15)
根室本線 (1)
石勝線 (10)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (1)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (1)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (52)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (2)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (1)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (84)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (3)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん