三江線への挑戦④ 川戸

kawado (13)

そういえば言い忘れていたが、三江線は「さんこうせん」と読む。もちろんこのことは私のブログに散々訪問していただいている方は「一般常識」であろう。あえてこの場で述べるまでもないが、この三江線は、レールファン的には実に素敵に魅力のある鉄道路線である。ただ、この三江線の本来の使命である「陰陽連絡」の機能としてはルートがあまりにも遠回り過ぎて線形も悪く時間もかかる。敷設計画的には浜原であるが、恐らく地理的には粕淵であろう駅から大田市に抜けるルートがあったが、そちらの方がどちらかというと陰陽連絡的には機能するであろう。だが三江線は律儀にも江の川にしっかり寄り添い江津までのルートはご存知の通り現在の姿である。

kawado (22)
kawado (1)
(こちらが川戸駅前の風景。ここに来るまでに立ち寄った駅前一等地の風景から比べれば一目瞭然であろう。)

であるが、現在の三江線でも非常に重要で主要駅のひとつでもあるでのがここ川戸だ。利用者の方も三江線の中では多い部類に入るふた桁である。ウィキによると2013年では1日平均40人くらいで非常に多い。「非常に多い」と言っても基本的にはこれくらいの利用者数では鉄道経営は当然ながら破綻してしまう。が、この数の利用者数に説得ある材料がこの町の風景にあった。江津を出てから初めて見る大きな集落。いや、今までの経緯を考えると「市街地」的な表現が最適ではなかろうか。それくらいな「大都会」に見えるこの川戸の集落である。というか、三江線沿線にこうした集落があるのが非常に嬉しい気持ちになる。これこそ鉄道機能を果たすべく理由になるからだ。

kawado (2)
(どぉ~ですか、この古式懐しい駅舎風景。昭和の栄養素がぎっしりと詰まっているではないか!)

と言うか、やたら私は集落とかにこだわる印象に思われるであろうが、やはり三江線の、というより鉄道本来の機能は「大量輸送」が最大のメリットである事が活かされるかどうかで運命が決まってしまう。周知の通り沿線人口的にも現在の交通事情的にもこの三江線は実に弱い立場であるが、逆に言うとレールファン的にはこうした三江線的存在が実に萌えて仕方がない。将来的にも是非末永く存続してもらいたい三江線であるが、こんな気持ちになったのもつい最近の出来事である。三江線の魅力って何であろう。まだまだ私の「三江線魅力探し」は今後も続く・・・

kawado (3)
kawado (4)
kawado (5)
早速駅舎内に。なんとなく地元の方の思いが伝わってくる。そしてこの手作り感!

kawado (7)
そして・・・さっきから気になる看板があったが、人の気配はなかった。一体どんな「サロン」なのであろうか・・・

kawado (20)
kawado (21)
ご覧の通り、完全に無人駅である。当然ながらかつては駅員がいたであろうが、現在は全くそんな気配は無い。

kawado (14)
kawado (15)
kawado (16)
kawado (18)
kawado (19)
kawado (9)
kawado (10)
kawado (11)
kawado (12)
ご覧の通り、かつては交換設備があった事がわかる。となりの川平も交換設備が外されていたが、ここ川戸も同じく棒線駅に変身していた。だが、保存状態は完全に川平の方がいい。


kawado (8)
という事で次の駅に向かう。となりの川平同様、ようやく本格的な「文明」に触れた感じか。無人駅にしてしまうのは少々もったいない気がする。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ダイヤモンド☆トナカイ様

なるほど!さんこうせんと読むのですね(^O^)

私は名寄本線をめいきほんせん、標津線をひょうつせん、池北線をいけきたせん、左沢線をひだりさわせん、真岡線をまさおかせん、太多線をおおたせん、東金線をとうきんせん等々…( ̄○ ̄;)

まったくお恥ずかしい限り…

にわか者様

いつもコメントありがとうございます。

なるほど、そうとらえたか・・・という感じですね。
私も以前に深名線は朱鞠内から羽幌線の築別(実質隣の羽幌)までの計画路線「名羽線」を「なばせん」と読んでましたから。もちろん今はその読み方わかりますが、なにせ中学生ですから世間知らずですね。ちなみに「めいうせん」と読みますが、もしこの路線が開通していたとしても、私たちが好むローカル線のカラーに染まっていた事でしょう。もちろん、開通していたとしても廃止されていたでしょうが・・・
プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR