三江線への挑戦⑤ 田津

tadu (9)

過去の記事において私が「国内旅行業務取扱管理者」のライセンスホルダーである事は既にお伝えしているが、最近、私の友人の愛娘がその試験に挑むとの報告を受けた。それは実に素晴らしい事である。私は早速その愛娘にアドバイスのひとつふたつでもしようと過去の試験問題に挑んで見たが・・・なんと「わからない」「できない」的な玉砕であった!!私は完全にショックを隠しきれず、現在落胆生活の毎日を送っている・・・だが、恐らくそんな試験問題にこの三江線の田津は100%、いや、安生洋二ではないが200%出てこないであろう地味な存在であとうと思われるが、実は今回の「三江線全駅訪問」の企画を考えなかったら恐らくその存在を一生知らずにいたであろうというのが私の印象であった。それくらいの地味な駅であるが、私は今後「地味駅」を専門に扱っていこうと思うくらいこうした地味駅が好きである。今回の旅のお陰でまたいい駅の発見ができた。正直言って地味駅の発見は難しい。秘境駅とは違い、その人の感性や趣味などに応じて偏りが出てくる。だが、逆にそれがまたいい!人の感性によって変わる地味駅の評価。そんな駅を探し求めて私は全国を駆け巡る・・・

tadu (1)
tadu (2)
併走する道路の一部ではこんなところまで接近する。ある意味まるで「江ノ電」チックな雰囲気だ。

tadu (13)
ナビの案内で田津駅に到着したが・・・さて、どこに駅があるかおわかりいただけただろうか・・・


tadu (3)
tadu (4)
おわかりいただけた事と思う。壁にへばりつく様な田津であるが、なんとなく大阪城張りの縁石がとても印象的である。


tadu (5)
こんなメルヘンチックな(?)、いや大人の階段(?)を登れば「君はまだシンデレラさ」的な良い雰囲気。

tadu (7)
tadu (11)
tadu (10)
tadu (6)
tadu (8)
どぉ~ですか、この地味っぷり。最近では「白線」を見かけなくなったが、この駅にはちゃんと白線がある。「白線の内側まで・・・」的なアナウンスがあるともっとそれらしいのであるが・・・


tadu (12)
実は駅入口には番犬の存在がキラキラ光っていた。私の訪問時にはやたらとキャンキャン、いや、ワンワン吠えまくっていたが、私の行動をひと通り見届けたら納得したのであろうか、帰りには一切吠えなくなっていた。実は私は犬が大の苦手であり触れることもできないが、この時ばかりはなぜか愛着を感じてしまった。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。お久しぶりにコメントさせていただきます。

正直、その「国内旅行業務取扱管理者」の難易度がどれほどのものかは存じ上げませんが、少なくともこの駅は出ないだろうとは、無礼ながら思ってしまいました(苦笑)。

ご友人のお嬢さんにはさぞかしご苦労なされたとは思いますが、確かにこういう駅の存在も知っておいた方がいいのかもしれません。「大人の階段」を上り、そこへ行きついた時にはシンデレラどころか、「かぐや姫」にもなりうる世界が広がっているのですから。

もっとも、三江線どころか島根県さえ未踏の私が申すのも、相当に無礼なことですが…。

あいあんさいど様

コメントありがとうございます。

「国内旅行業務取扱管理者」の合格率ですが、私の受験した年は確か30%くらいであったと思います。更に海外旅行を扱うことができる「総合旅行業務取扱管理者」というのがありますが、そちらは20%くらいであったと思います。私は「気象予報士」も受けたことありますが、そちらは完全に玉砕でありまして、合格率はなんと5%前後です。それに比べたら「国内~」はかなり合格率が高い方ですしそれなりに勉強すれば行けなくもないでしょう。

ただ、我々のように「レールの知識」というのは非常に強い武器でありまして、例えば〇〇駅は何線に所属しますか?的な出題もあり、私にとってみたらそれこそサービス問題でした。複雑なJR運賃計算なども我々ならばほとんど「生活の一部」的な事項ですし「換算キロ」などの用語も「日常会話」的な事柄です。

一応、娘さんは大学の観光学みたいなところに行っているみたいですが、特にレールファンとかではないみたいなのでJR的な出題はかなり苦戦する可能性があると思われます。

しかしながら、もし試験に合格したら「少女だった」といつの日か思う時が来るのかもしれませんね。

ダイヤモンド☆トナカイ様

♪大人の階段~の人、高校の時に予餞会なる行事があり、来てくださいましたよ(^_^;)

毎度毎度の非テツコメにて、ごめんなさいm(_ _)m

にわか者様

コメントありがとうございます。

高校に「水」さんがいらっしゃいましたか。それはすごいですね。というか「大人の~」でわかってしまうという事が素晴らしいです。同じジェネレーションというのがいいですね。ちなみに当時、似たようなデュオで「雅夢」っていうのもいましたよね?もう少し前だとカラーは違いますが「ジューシーフルーツ」とか「ヴィーナス」とかを思い出します。チャゲ&飛鳥もちょうどそれくらいがデビューではなかったでしょうか。

車で駅訪問してみたい

お久しぶりです。

田津駅は初めて見ました。
いい雰囲気の駅ですね。

私も、能登半島の駅巡りとかトライしたいんだけど、踏ん切りがつかなくて。

駅訪問だけってのが、モチベーションが沸いてこないんです。
プロレス観戦とか、競馬場やサーキットでの観戦とか、もうひとつ何かあれば、行動に移せるのですが…。

「何をいまさら・・・」という質問ですが、『JR全線制覇』というのは駅の乗降アリの全線制覇なのでしょうか?

北海道とか、何時間に一本しか停車しない駅がゴロゴロありますが、車でなければ、短期間での全駅訪問は難しいですし。

北海道もドライヴがてら、車で駅訪問してみたい。
そう思っても、結局、雑誌を眺めて気を紛らわすという感じです。

私は、トナカイさんのようにコンプリートしたい願望は無く、ただ駅訪問している方達の愉悦・感動の一部を一口だけでいいから味わいたいという気持ちです。

昔と違い、今は何キロか走ればコンビニがあるのでトイレの不安はありません。
カーナビ付きの車にも乗ってます。
どの地域を訪問するか?
吟味する際、参考になる個人ブログも沢山あるので、5日間くらいかけて遠出したいと思います。
これからの時期、汗をかかないでドライヴできますし。

長文失礼しました。

でむろい・まぁーちん様

コメントありがとうございます。

なかなか素敵なコメントいただき恐縮です!
まず今回の旅ですが、一応妻を伴っての関係上、通常の観光も取り入れましての参戦です。初日は広島で「広島焼き」や「厳島神社」などの観光を取り入れ、その延長線上での可部線はじめ三江線訪問でした。ただ、私ひとりで旅したと仮定した場合、そのような観光要素は必要なく、完全に駅訪問オンリーとなっていた事でしょう。人それぞれ「思い入れ」「こだわり」があると思いますが「ただ駅訪問している方達の愉悦・感動の一部を一口だけでいいから味わいたいという気持ちです」という事であればそれはそれである意味、逆にコンプリートされていると思います。

ただコメントにあります「能登半島の駅巡りとかトライしたいんだけど、踏ん切りがつかなくて」という思いがおありなら、逆に是非ともトライしていただきたい気持ちです。
基本的に人間は「いつかやろう」とか「次回にしよう」と思うとほぼ間違いなくやらないでしょう。というより、そう考えた時点で「今でしょう!」的に思った方がいいし、そして即行動!みたいな方が絶対にいいですね。

今回の三江線の旅ですが、実は本来北海道に行く予定でした。半年くらい前からずっと計画をしていたのですが、急に気が変わり急遽中国地方に変更しました。計画期間1ヶ月!北海道から比べるとかなり短い印象ですが、その一ヶ月後には一ヶ月後に旅立つための切符を手配しましたから。だから出発直前まで何度か行程を変更しましたが、それでも中国地方に行こうという気持ちに変化はありませんでした。

ところで私の「全線制覇」ですが、基本、私は当時「線の旅」がほぼ全てでしたので今こうして「点の旅」をしているわけです、下車したのは乗り換え駅かよほど興味ある駅以外はほとんど下車してません。というのも当然駅訪問がメインでなく路線制覇がメインだったわけですから。

でむろい・まぁーちん さんが「モチベーションが沸いてこない」という気持ち、よくわかります。私が先ほど述べた「広島」の件に類似することでしょう。逆に無理やり理由を付けてしまうのも手ですが、結論として、それこそプロレス興行などの際に「ついでに」駅訪問の方がでむろい・まぁーちんさんにはあっているかも知れませんね。

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR