鈍行夜行をマークせよ!(リメイク版)

1980年より「いい旅チャレンジ20000km」がスタートし、「青春18きっぷ」が発売されたのが1982年の春である。発売当初は8000円で5日間有効で、1日有効の3枚と2日有効が1枚の、計4枚綴りであった。現在は1日有効が5枚綴りで11500円である。青春18きっぷとは、ご承知のとおり、JR(当時は国鉄)全線、フリーパスである。普通列車と快速列車限定ではあるが、1日当たり2300円で日本全国どこへでも何度でも乗り降り自由である。乗り潰し派には、この上ない最高峰のきっぷである。青春18きっぷが発売されるシーズンには、冬眠から目覚めたかのように全国から「乗り鉄トラベラー」が沸いて出てくる。青春18きっぷが新発売された当初、全国に「鈍行夜行」が数多く走っていた。東海道線の「大垣夜行」をはじめ、門司港~長崎・佐世保間の「ながさき」、京都~出雲市間の「山陰」、亀山~天王寺間の紀勢本線経由「はやたま」など、愛称の付いている列車は寝台車を連結している。

etigo_convert_20121202112812.jpg


しかし、寝台車は青春18きっぷでは乗車できず、別に寝台券と乗車券が必用なため、普通車の利用となる。愛称の無い列車は片道のみの上野~長岡間の上越線経由普通列車や、函館~札幌間の混合列車、高松~中村間の気動車(731D)があった。これらの夜行列車を駆使すれば、宿代はかからず、経済的に余裕の無い学生諸君には持って来いであった。実際に私もこれらの列車を駆使して全国を駆け巡ったわけだが、当時は旧型客車が多く、決して安眠が約束されるわけではない。それでも寝ている間に移動してくれるのだから、こんなに便利な列車は他に無い!制覇のルートはリンクページを参照していただくとして、私はかなりお世話になった。

近年、鉄道乗り潰しを復活させた私は、久々に「ムーンライトながら」に乗車した。20何年前とは違い、車両もJRになってから新造され、リクライニングシートになった。かつてを知る私にとってはかなり斬新で、大きな衝撃を受けた。だが、マナーを知らない若者が、周囲のことなど気にせず「自分の世界」となり騒ぎ立てていた。出来ればこういうシーンに出くわしたくなかったが、車掌が注意を促しても一行に納まる気配が無い。カリソメにも「深夜」である。もしこの文章を読んで思い当たる節のある人は、是非今後、改善していただきたい。夜行列車の価値が落ちるではないか!しかし、時代と共に夜行列車の廃止が相次ぎ、2009年3月には、あの「ムーンライトながら」がついに臨時列車に格下げされてしまった。青春18きっぷ発売期間は運転されるので、残ってくれただけでもありがたいが、それでも伝統ある列車が不定期になったり廃止されていくのは非常に寂しいものである。限られた期間しか乗車できないが、それでも夜行の旅が楽しめる。チャンスは少なくなったものの、時刻表を眺めていると、まだまだ夢は膨らむばかりである。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR