芸備線讃歌⑯ 備中神代

koujiro (5)

いよいよ芸備線シリーズの千秋楽を迎え、紹介する駅は備中神代なった。公式上の起点駅となっているが、実質の起点はお隣の新見となるであろう。実際に芸備線の列車は全て新見まで乗り入れる。そしてここは伯備線との接続駅となっているのは周知の通りであろうが、伯備線と芸備線のホームはハッキリと区別され、芸備線は3番線のみを使用する。かつては素敵な木造駅舎が存在したが、現在は駅舎が撤去され、残念ながら趣が半減以下になってしまった。しかしながらホームへ出てみると、その魅力は相変わらずであるが、伯備線電化に合わせホームも若干ながらリニューアルされて30年以上立っているとは思えないほどのメンテナンスぶりであった。

koujiro (8)
koujiro (1)
かつての木造駅舎時代の部品の一部が使用されている駅入口。左側のポストも木造駅舎時代と変わらないのが嬉しい。


koujiro (2)
koujiro (6)
koujiro (4)
思わず「いいね」をポチっとやってしまいたくなるような駅雰囲気。架線柱が大体的にあるのはもちろん伯備線の影響からである。というか芸備線の駅らしくないねっ!


koujiro (3)
今まで紹介してきた芸備線の駅の中で最も立派な雰囲気であろう。1983年に電化された際にホーム等の設備が改良され、そして現在に至っている。


koujiro (7)
時刻表に乗っている数字の羅列がやや多く感じるのは、今まで芸備線の時刻表しか見てこなかったからであろう。


さて、皆様は備中神代駅に対しどのような印象をお持ちであろうか?私は中学生、いや、小学生時代から思い入れのある駅としての印象が強い。秘境駅?いや、そうではないが、辺は穏やかな時間が過ぎている。とは言え、この駅に通ずるは国道から外れた道である。そしてその道は・・・
実はこの備中神代の次に訪問予定の布原へと続いている。当然ながらこの布原も超訪問してみたい駅のひとつであるが、グーグルマップなどでの事前調査で得た情報を見る限り、かなり危険と判断していた。更に現地に着いてみて、季節的に初夏という事も加味され、道脇の山肌には新緑の草木が自慢げに自身の成長を誇示していた。そんな草木に幅員を調整されてしまった道路は軽自動車でもギリギリの空間になっていてとても太刀打ち出来る状態ではなかった。ナビによると5分くらいで到着できるらしいが、とても前に進める状態ではない。強引に前に進もうとしたが、行きがあるという事は帰りもある。布原から新見に向かうには一旦備中神代まで再び戻らなければいけないらしい。内名に続きここ布原も断念・・・私にとって精神的に辛い旅となってしまった。
子供の頃から思い入れのある駅に列車以外で初めて訪問したというのに、私の頭の中はこの時布原の件で90%以上を占めてしまった。再び訪問するチャンスができたら、次回はしっかりと布原もチャレンジしてみたい。というか、通常の利用でない、いわゆる観光的な要素でこの駅を目当てに来る人って果たしているのであろうか・・・って、その張本人が私だったりして・・・


FC2 Blog Ranking



にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ダイヤモンド☆トナカイ様

インフルエンザですが、ようやく熱が下がりました。

さて、布原ですが…
私の記憶違いかもしれないのですが、そんなに幅員が狭かった記憶はないのですが…

とは言え、記憶は曖昧ですし、当時の遠征用スペシャルマシンは、旧規格の軽自動車でしたので…
さらに今回のインフルエンザも影響し?記憶がぶっ飛んでいるのかもしれないですが…

また遠征のチャンスがありましたら、挑戦してみてくださいね(^O^)

にわか者様

コメントありがとうございます。

インフルエンザ、回復に向かって良かったですね。
ところで、布原へ向かわれた事は実に素敵に素晴らしい事と思います。
私は玉砕でしたから。次回は原動機付き自転車なども視野に入れていますが、そこまでしても一度は訪問してみたい駅ですね。

確かに軽であれば多分OKな雰囲気でしたが、なにせ「草ぼうぼう」でしたので幅員が超狭かったです。内名含め実に悔しい思いをした今回の旅でした。

というか、実はここだけの話、今年の夏に北海道の訪問を計画しています。北は稚内から3日間かけて函館に向かおうかなと考えてますが、なにせ経済的な悩みが最大で、何か一発当てたい気分です!

ダイヤモンド☆トナカイ様

いやいや…軽で楽勝でしたが( ̄○ ̄;)
まぁ、草がどうだったかは、記憶にないですけど…

それと、北海道ですか!
それにしても、稚内から函館までを、たった3日で???
新幹線に例えたら、“のぞみ”なみの訪問件数しかできないのでは?(ToT)
いや、そうは言っても北海道ですからねぇ(^O^)
実現できるといいですねo(^-^)o

ちなみに…
自称JR全線完乗なんて言っていますが…北海道新幹線は未乗車なんですよね(ToT)
ウソをついていたワケではないですが、申し訳ありませんm(_ _)m

にわか者様

コメントありがとうございます。
私も「鉄道全線」とうたってはいますが、実際には北海道新幹線や富山市内線の新線区間、仙台の地下鉄新規開業区間、もっと言えば武蔵野貨物線など数えたらきりがないです。
まだバーチャル的な感じなので実際にどうなるかわかりませんが、多分経済的な部分が解決すれば実現可能でありましょう。
そして北海道計画ですが、
プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
創設:1969.03.09
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR