鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

姿なき挑戦者⑰ 寝台特急カシオペア (中編)

前章でも触れたが、今回紹介する「カシオペア」の乗車は函館からである。上りの寝台特急に乗るという経験は皆様お有りであろうか?というか、首都圏在住の私にとっては実に贅沢なひと時であるという感覚だ。旅行最終日の朝に東京に着く。実質自宅には午前中か昼間には到着するという事だ。これすなわち翌日の仕事に備えての心構えの時間が充分すぎるくらいにある・・・写真の整理もできるし、いいね、これ!みたいな感覚で乗れる夜行列車、しかも寝台特急というのが嬉しい。しかも今回は「カシオペア」だ。だが、残念ながら、私が発注していた「メゾネットスイート」が納品されず、結果、通常のカシオペアツインになってしまった。が、それでもかなりの贅沢。20年以上レールから離れていた私にとって、この寝台特急に乗車するという事は実に意味がある。

1024px-Cassiopeia_No1.jpg
(この章ではウィキペディアより画像を拝借してみた。先述したが、私がカシオペア乗車当時所有していたカメラのコンディションが良くなかったため画像に少々赤みが出ている。私の撮影した画像は次章で紹介してみようと思う。)

私が過去に乗車した寝台特急は「富士」「ゆうづる」「はくつる」「サンライズ」「北陸」「あけぼの」「北斗星」くらいか。しかも北斗星では初めて「ロイヤル」を体験した。その模様についてはこちらからご覧になっていただくとして、今回紹介しているカシオペアは私にとってはまったくもって新しいタイプの寝台特急であり衝撃的な列車でもあった。そう、カシオペアでは「北斗星」と同じような「スイート」がある事でこの列車の価値が倍増してくる。だが、当然のことながら「プラチナ」であるため私のような凡人ではとてもゲットする事は出来ないであろう。

Cassiopeia_ED79_14_20160318.jpg
(改めてウィキペディアより。函館駅でのひとコマである。連絡船が廃止され駅構内の配線は大きく変更されたが、弧を描く独特のホーム風景は昔も今も変わらない。)

ただ、実は「カシオペア」の晩年付近で私は旅行会社に毎日発注で「スイート」をお願いしていた。つまり、運転日にスイートが空いている日があったら抑えるという事を旅行会社にお願いしていたわけである。が、結果的には玉砕してしまったが、ある意味いい経験になった。というか、一般的に最後尾のスイートを憧れであろうが、私は「メゾネットタイプ」の方が好みであるのはいささか変わりものであろうか?なんて言ってはいるが、結局今回紹介するカシオペアの乗車が最初で最後であった。だが、経験できただけでも人生において輝かしい名誉と足跡を残したであろう・・・

1024px-Cassiopeia_DD51_1143_20120904.jpg
(こちらもウィキペディアより。北海道に入ると非電化区間が連続するためご覧の機関車に変更される。機関車の重連はレールファンにとってみたら最高の「おもてなし」となるが、ご覧の機関車は国鉄時代のものであるのも感慨深いものがある。)

そんな思いもあり、私の寝台特急に対する思い入れはかなり深い。だから乗車する時は、それこそスーツビシッと決めて最上級の気持ちでその時を迎える・・・みたいな気分になる。
などと気取った台詞を記載してしまったが、紹介しているカシオペアの旅は、先述したが函館からの乗車となった。当時、江差線の制覇と函館市内の路面電車の制覇に1日取り、帰郷にカシオペアを使うという何とも贅沢な工程を組んだ。が、当然スイートなどはキャンセル待ちを含め取れず、結局予定通り「カシオペアツイン」の利用になった。それでもこうしてカシオペアの経験が出来ただけでも将来的に価値があろう。そんな寝台特急に最初で最後の乗車のため、路面電車を制覇した私は函館駅へと「はるばる」向かう。


FC2 Blog Ranking



にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

ダイヤモンド☆トナカイ様

私の父親もテツなのですが、私の撮りテツに対して、父親は乗りテツです。←蒸気機関車が廃止されるまでは、撮りテツだったんですがね(^_^;)

父親もとにかくカシオペアに乗りたくて、旅行会社にお願いして挑戦していたんですが…
結局ダメでしたよ(ToT)

にわか者様

コメントありがとうございます。

やはりお父様もご苦労なさったようですね。私もトワイライトとカシオベアの晩年は旅行会社に毎日発注でしたが玉砕でした。

まったく別件ですが、弘南鉄道制覇の件で大鰐にいたら「日本海」が停車しました。弘前まで行きたかったのですが、多分乗っちゃってもわからなかっのではと思いました。今となってはどれも「盟友」となってしまいましたね。やはり乗れるうちに乗るのが一番です。

ダイヤモンド☆トナカイ様

日本海の大鰐停車の件ですが…ドアは開いた状態だったのでしょうか???

おそらく乗り込んだら、速攻で車掌が来るのでは?
車掌はしっかり見ているかと…
呪いの何とか風に表現しますと、「おわかりいただけただろうか」のようにスローで再生してわかる程度ではなく、「おわかりいただけたことと思う」状態かと(^_^;)
立席特急券をお買い求めください(^_^;)

ダイヤモンド☆トナカイ様

我々世代としては、白鳥は日本一の長距離電車特急でしたね(^O^)
ケイブンシャの~によりますと、『1000km以上の電車特急は世界でも珍しく』と書かれていますね。
あーそれなのに…実は私も一部区間で乗っただけでして…

青森-大阪の列車ですと、きたぐにに乗ったことがありますよ!(b^ー°)
が…青森からはるばる来て、米原で下車してしまいました( ̄○ ̄;)
今ならきっと大阪まで乗ったのでしょうが…

そうこう考えますと、わざわざ東京まで行き、富士で東京-西鹿児島を制覇されたダイヤモンド☆トナカイさんは、まさにネ申!(≧∇≦)
まいりましたm(_ _)m

No title

ダイヤモンド☆トナカイさん、こんにちは。


カシオペアなどの車窓映像はCS放送フジテレビchで何度か見てます。

失礼ながら、私は寝台特急には興味がありません。
景色が楽しめないし、乗ってしまえば後は寝るだけなので・・・。


サンセットタイムは一見の価値はあると思いますけど、乗車料金が庶民離れの感があります。

個人的には、鈍行列車が好きです。
時間を忘れて、車窓風景を楽しめますし。

何度かコメント欄に書かせてもらってますが、今夏、愛車で旅に出たいと考えてます。



ミシェル・マーティン 様

コメントありがとうございます。

寝台特急に興味が・・・とは貴重なご意見ですね。私の場合、小学生時代が全盛期でしたので、言わば「憧れ」的な存在でした。しかしながら時代の流れとともに時代遅れとなり、今となっては「サンライズ」が唯一定期の寝台特急として残っています。「サンライズ」は東京~高松に運転されていて、羽田を最終の飛行機が出たあとに東京を出発し、羽田発の始発飛行機が高松に到着する前の時刻に高松に到着するよう計算されて運転されています。ですが、乗客のほとんどが岡山で下車してしまいます。岡山に朝6時半過ぎに着くのでビジネス客の需要も多く、そしてなんといっても女性グループも目立つのが実に心地良いです。

その理由に、一部を除く「オール個室」という事があるからでしょうか。唯一座席扱いで「のびのび座席」というものがありますが、仕切りがほとんどなく、座席といっても椅子ではなくて、相撲で言う「マス席」のようなイメージでしょうか。座席のイメージはこちらを参考になさっていただくとより伝わると思います。
http://sonicrailgarden.sakura.ne.jp/seat_285.html

飛行機との料金比較でも「のびのび」を利用すればさほど差はありませんから、あとは「お好み」でしょう。
というより、寝台特急が廃止されていった背景にはやはり夜行バスの台頭や格安航空券、主要都市などビジネスホテル増加など、わざわざ高いお金を払って夜に移動しなくてもいい時代になったからでしょう。

それでも私は「ものずき」なものですから、乗車した時の感動は今でも忘れられません。やはり個室に入り一杯やる時の瞬間はやはりいいものですよ。

ところで・・・私も今「暑くなってきたから北の方でも行くか~」みたいなイメージ頭に描いております。まだイメージだけなので行動に移すかどうかわかりませんが・・・

にわか者様

コメントありがとうございます。

ご意見頂いた件、恐らく私ならWCに身を潜めていることでしょう・・・
そして弘前到着のアナウンスがあった際に・・・なんて記してしまったらなんとなくこのブログ自体「炎上」してしまいそうですね。

それよりも、今となっては貴重な体験的な寝台特急ですが、日本海って確か新潟には寄らない列車でしたよね?そこで「新津」の存在って新潟県にとっては実に大きい存在のように感じます。確か「白鳥」は新潟に停まるはずなのですが、いずれにしても全区間(つまり大阪~青森)通して乗車する乗客って、白鳥の場合は極稀な存在で貴重だったと思います。
白鳥は私の場合坂町~酒田とか中途半端な乗車の記憶です。いずれにしても、大阪~青森まで白鳥で体験して見たかったですね。

にわか者様

コメントありがとうございます。

「富士」の件は、恐らく当時私は小学生だったからできた事でしょう。今やれと言われたら・・・もちろんやりますが、体力的にというより精神的に24時間持つかどうか・・・やはり24時間25分は、単純に自分との戦いでもありますね。まして宮崎からオール自由席になってしまいましたので、地元の利用者が続々と私の席にやってきたので、当時事情を知らない私は戸惑ったりもしたものです。

今は唯一の「サンライズ」もそろそろ車両の製造年数的に更新のタイミングではと思われるのですが、何かJRは話が出ているのでしょうか?

北海道

度々失礼いたします。


>暑くなってきたから北の方でも行くか~

私も、それを考えてまして。

ダイヤモンド☆トナカイさんみたいに、山陽&山陰へ行きたい気持ちがありますが、さすがにそこまで行くとなると時間と手間(労力)が準備できません。
お金の問題ではなく。

北海道なら、途中の東北エリアも楽しめそうですし、北海道自体が未踏の地でもあり、興味が尽きません。
真夏であっても、本州ほどの厚さではないでしょうし。

年間を通して行動範囲が狭い自分が、いきなり北海道へ行ってエンジョイできるだろうか?
そういう不安があります。

本州と違い、北海道はコンビニや牛丼屋の出店密度も低いと思います。
車中泊が中心になるのは間違いないので、ホテルの存在は気になりませんが、「北海道の広さ」は想像以上にキツイかも・・・という気持ちがあります。

駅間距離20キロとか、ザラだと思うので、ガソリン代もちょっと気になります。

長文失礼いたしました。i-230

ミシェル・マーティン 様

コメントありがとうございます。

実はここだけの話、今日北海道行きの意思決定を致しました!帰宅後早速このブログで紹介できることでしょう。
北海道が「未踏の地」との事ですが、それならまず一度でも体験してみる事がいいと思いますよ。とにかく体験する事により次回につながりますから。

ただ、北海道は都市から都市への移動距離が長い!そして、たとえば千歳空港から札幌の間にもバリバリ大自然があるという事に驚きを隠せません。ですから準備周到になさってから旅に出ることをおすすめいたしますが、場所にもよりますが意外にもコンビニ始め道の駅など役に立つ施設がそれなりにある事も事実ですから、もし北海道へ立ち立つ際には是非活用なさってください。もちろん、それには計画やネットによる下見などをバッチリしなくては行けませんが・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/721-96ff93ab

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

管理人のひとりごと (48)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (17)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (57)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (2)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (116)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (11)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
JR北海道 (68)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (10)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (1)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (1)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (52)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (2)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (1)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (84)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (3)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん