FC2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

新春ジャイアントシリーズ③ 日進を楽しむ

nissin (8)

名寄を出発した列車から見える風景は、かつて沢山の線路があったろう空間が収束していき単線の鉄路に変化した。そして最初に到着したのは日進である。次の駅が「指扇」ではないのが残念だが、隣の駅が大都会の名寄なのにここ日進はもう北海道の由緒正しい風景全開となる。「仮の姿」的な姿ではあるが、なかなか愛嬌ある待合室がいい味を醸し出している。基本、乗降客ゼロ。とはいうものの、恐らく朝晩は通学生が若干名いる事と思われる。とはいえ、自宅から駅までまた数キロの道のりを自転車などでアクセスすることであろう。

nissin (10)
nissin (7)

既に紹介した留萌本線の章において、北一已辺りが日本の水田の北限とお伝えしたが、変わって酪農業が主流となる・・・と記したいのだがあまり人の気配を感じない。というより何かの畑が多くなってくる。酪農が印象的になるのはもっと北に向かった先の旧・天北線辺りだ。宗谷本線はどちらかというとサロベツ原野や天塩川など、自然な景色が印象的な路線である。そのため、当然ながら輸送密度は低い。それと反比例してレールファンの人気が高い路線でもあるのが宗谷本線。

nissin (12)
nissin (6)
nissin (11)
nissin (1)
nissin (3)
nissin (4)
2017年訪問時の日進。メンテナンス状態は非常に良く、ホームもしっかりと木製の重みが伝わってくる。

そんな中にある日進であるが、かつての仮乗降場的な雰囲気をふんだんに醸し出す駅である。正直言って国鉄時代、私は全くのノーマークであったが、年齢を重ねたせいもあるのか、こうした駅を自然に普通に普段から興味を持つようになった。後に紹介する糠南や隣の北星に比べ割と地味な存在であるが、その地味さ加減がまたいい味になっている。と言うか、一般的に「糠南や北西に比べ地味」とは、自分で表現しておきながら何を基準にしているのか分からないが、レールファンなら若干ながら理解して頂けるであろうと思う。

nissin (13)
nissin (5)
nissin (2)
ホームよりやや離れた位置にある待合室。特に冬季にはメチャ活躍する事であろう。大自然の猛威から人々を守ってくれる心強い存在だ

さて、2014年訪問時はご覧のように雪化粧に覆われた華奢な待合室であったが、2017年訪問時は6月のため「産まれたままの姿」で再会した。2014年訪問時は単なる途中駅的に一瞬の停車に過ぎなかったが、2017年では車のため念願叶って日進をしっかりと堪能できた。それは、職場などで毎日顔を見るけど話した事はないが、あるタイミングで実際に初めて会話したりしたらその人の事をもっと知りたくなる・・・みたいな、そんな感覚であった。

DSCF2784.jpg
2014年訪問時は11月であったが、ご覧のように既に初冬の風景になっていた。関東在住の私にとって11月の雪景色は常識の範囲外。関東ではご覧の積雪具合では既に交通網がパニックになるが、北海道では何ら変わりなく日常的風景であった。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

ダイヤモンド☆トナカイ様

いやいや、日進の次は赤池です!
by愛知県民 にわか者

コメントありがとうございます。

日進・・・いや、そう来ると思いましたよ。私の場合はどうしても隣が「指扇」の印象が強いので、どうしてもブログ本文のような表現になってしまいますが・・・

かつて川越線は非電化で、それこそキハ30などの車両が運転されていた印象が強いのですが、現在の姿はかつてを知る者からすれば考えられない飛躍ですね。

もちろん「赤池」も私は訪問していますが、正直言って「鉄道全線」を掲げて私鉄に手をつけるまでは都会の私鉄は不得手だったんですよね。今でも大阪の私鉄は普段から馴染みがないせいもあり、特に地下鉄は駅や路線を言われてもあまりピンとこないのが現状です。名古屋の地下鉄などは更にそういった現象になりますが、逆に昔買った「コロタン文庫」の書籍などで見ると懐かしい車両とか出てきて現在の姿が想像できない部分もありますね。
名鉄の廃線区間も含め、近い将来中京地区を再訪すること間違いない!(ちょっと古い引用ですが・・・)と感じます。

ダイヤモンド☆トナカイ様

なんと!私のコメを想定されていらっしゃたとは!!!!
ダイヤモンド☆トナカイさん恐るべし!

ところで、私は国鉄とJRそれぞれ完乗と言っていますが・・・私鉄はまったく乗っていないに等しいぐらいでして・・・
地元以外で乗ったのは、別府、加悦、片上、鹿児島、南部縦貫(これを対象に含めるかは迷いますが、明延とか)ぐらいですよ・・・
私鉄も数を減らしたとは言え、鉄道全線完全制覇は私には無理です(T_T)

さすがはダイヤモンド☆トナカイさんです!

にわか者様

コメントありがとうございます。

別府や南部縦貫を経験なさっているのは大変貴重ですね。特に明延は、もし健在なら私は今すぐにでも駆けつけたい気持ちです。かつての「旅と鉄道」に「一円電車」として紹介されているのが懐かしいですね。タイムマシン、マジで欲しいですね。今の我々が華の80年代に舞い戻り鉄道シーンを見たらどう感じるでしょうか。

ダイヤモンド☆トナカイ様

タイムマシン!欲しいですね・・・
あの頃に戻れるならば、白糠線に乗りたいです。
あとは撮影中心になりそうです(汗)
当たり前のように走っていた旧客や旧型国電!
当時は乗るだけで精一杯だったので・・・

にわか者様

コメントありがとうございます。

我々の知る国鉄時代はやはり晩年の「いい旅チャレンジ20000km」が流行り、一般にも浸透しましたが、ただ、私も含め内容的に楽しんでるかどうかというと、また別口の問題になりますね。
勿論、例えば私が東北を旅したときは旧客の普通列車をあえて狙って計画を立てたりしましたが、それこそ乗り潰すのに精一杯でした。
逆に、乗り潰しがほぼ終了した今だからこそそういう事を気にせずに旅ができるという事はラッキーですね。ただ、我々がイメージしている国鉄カラーはそこに無いですか、だからこそドラえもんにお願いしたいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/777-abdc1bab

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

管理人のひとりごと (48)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (17)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (57)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (2)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (133)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (28)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
JR北海道 (68)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (10)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (1)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (1)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (52)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (2)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (1)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (84)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (3)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん