FC2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

エキサイトシリーズ① 旧・天北線と宗谷本線を巡る

先の新春ジャイアントシリーズでは2014年の普通列車乗車時と2017年のレンタカーによる訪問時とあわせて紹介したが、これより先の稚内までは特急列車とレンタカーによる訪問での紹介となる。
勿論、特急列車は限定された駅しか停車しないため、途中駅はレンタカーによる訪問時の紹介になるが、正直言って、音威子府以北に限らず宗谷本線の、いや、北海道は特に都市から都市までの距離が長く、途中駅は本当に人口希少地帯が多い。そう考えると音威子府や幌延などは超大都会であるし名寄などは政令指定都市のような錯覚に陥る場面も少なくない。

DSCF7023.jpg
国鉄時代、音威子府~稚内までの鉄路は2通りあった。若いレールファンには右側の路線図は馴染みがないと思われるが、かつての宗谷本線ルートで国鉄時代~JR時代は天北線として活躍していた。写真は音威子府駅構内にある天北線資料室より。

つまり北海道はそれこそ「デッカイドー」ではないが、集落から集落までの距離が長く、そしてその集落こそ貴重な「収入源」となる。私があえてこの場で述べるまでもないが、JR北海道は札幌近郊の路線で経営が成り立ってるようなもので、特に札幌~千歳空港間は貴重なドル箱路線となっている。
宗谷本線もかつてはサハリンに抜ける貴重な鉄道路線であったろう。特にその昔は天北線が宗谷本線を名乗っていた訳だから、今考えると先人の敷設当時の苦労などが甦ってくる感じだ。

hamatonbetu.jpg
音威子府からしばらく無人地帯的な地域を走ってきたので、浜頓別はある意味「大都会」に思えた。現在はご覧の通りに面影を残すが、レール的何かは残っていない印象であった。

今回のシリーズではレンタカー訪問が中心となるが、天北線の模様もあわせて紹介してみよう。先述して飛行場前山軽は既に紹介しているが、ハッキリ言って天北線沿線は浜頓別を除き超人口稀少地帯の印象であった。特に音威子府~浜頓別は全く人の気配が無い印象で、確かに中頓別などの集落はあるものの、全体的に無人地帯的な印象が強かった。先人はよくこのような地にてレールを敷設したと感心してしまうが、基本的にかつては貨物輸送も担っていた訳で、お客様が旅客だけではない時代もあったのだから経営的には国鉄末期よりも数値的には良かったはずだ。

toikanbetu.jpg
天北線は今回音威子府~飛行場前までの訪問となった。残りは次回にじっくり訪問してみたい。もちろん美幸線の未成線区間も含めてである。そして飛行場前より問寒別で宗谷本線と再び合流した。

そんな天北線も現在は記憶として我々にメモリーされただけの鉄道になってしまったが、沿線道路は恐らく以前よりも幅員が広がり整備され、それこそ利用しやすい設計になったはずだ。とは言え、正直言って真夜中にこの区間の道を通るとかなり危険を感じずにいられない雰囲気であった。私の訪問は昼間であったから良かったが、ある意味この地にて暮らされている方の苦労もひしひしと伝わってくる雰囲気でもあった。そんな中でかつての鉄道の存在は沿線住民にとってどのように映っていたのであろう。そんな思いを探るべく、音威子府よりハンドルを右に切った。

horonobe.jpg
今回宿泊の地になった幌延。駅前の民宿で一夜を過ごしたが、とても清潔感があり民宿を超えた民宿的印象であった。幌延訪問の際はぜひおすすめいたします!

旧・天北線を飛行場前まで辿り、その後問寒別で宗谷本線に合流する計画を企てたのは先述通り2017年の夏である。予定では音威子府14時頃に出発し問寒別に到着するのが17時頃である。地図上では私の計画はギリギリのギリ、というよりある意味無謀なスケジュールであったが、実際に訪問してみたら、この日の宿となる幌延には全く問題なく余裕で到着した。もちろん、夏場であるから日が長いというメリット含め明るいうちに取材できたのはある意味、達成感的な部分は非常に大きかった。

bakkai.jpg
翌日、更に北を目指す。ゴールの稚内まで全ての駅をめぐりめぐる。途中、北の大地の雄大さを思い知らされる事になるのだが・・・

いつも私は出発直前くらいまで計画を見直したり変更したりする。実は今回も音威子府から天北線の一部をめぐり更に宗谷本線に再び合流して幌延に宿泊する事は本当に出発の2週間前くらいに変更したのだ。それまでは稚内で宿泊をして天北線と宗谷本線を抜かりなくまわるつもりであったが、ある意味この変更は正解であったろうと思う、というより思いたい。もちろん天北線の訪問できなかった区間があるのは勿体無い気もあるが、その部分については旧・美幸線やその未成線を含め改めて訪問してみたい。もちろん時間をしっかりとって・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

ダイヤモンド☆トナカイ様

すっかりご無沙汰してしまいました・・・
遅くなりましたが、誕生日おめでとうございます。

生まれた年も同じ、生まれた日も一日違うだけ・・・
しかも同じ趣味(すみません。プロレスと音楽は、さっぱりですが・・・)を持ち、時を同じくして国鉄全線完全乗車へ旅立った・・・
こんな人がいたなんて・・・

PCがないため、以前のペースのようにカキコできませんが・・・
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

にわか者様

コメントありがとうございます。

まさかバースデーの祝福コメントいただけるとは思いませんでした。ありがとうございます。
ただ、「おめでとう」という年齢ではなくなってきて久しいですね。
ただ、我々は旧型客車や国鉄時代の晩年を経験できたり、ミレニアムや昭和➡平成の変化などさまざまなイベントも経験できて、ある意味しあわせかも知れませんね。
プロレスでいうところの、力道山はダメだったけどジャイアント馬場やアントニオ猪木と同じ時代に生きた「生き証人」でもあるわけですからある意味価値もありそうです。
と長くなりましたが、今後とも「鉄道全線完全制覇の旅」をよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/787-1719cc69

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

管理人のひとりごと (48)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (17)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (57)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (2)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (122)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (16)
1983年・北海道 (6)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
JR北海道 (68)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (10)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (1)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (1)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (52)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (2)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (1)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (84)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (3)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん