鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

エキサイトシリーズ⑧ なぜか南幌延で思い出した事


minamihoronobe (7)

全く私事で申し訳ないが、私に初めて彼女ができたのは中学3年の時であった。
同じクラスの娘であったが、私も人並みに恋をしようと当時は思ったのであろう。同じクラスの仲良かった女の子に相談して告白する一大決心をしたのだ。その女の子と私の好きだった女の子とは特別仲良かったというわけではなかったが、他にどうすればいいのかわからず、いわゆる「キューピッド役」になってもらった。
確か音楽室だったか放送室だったかに放課後に呼んで連れてきてもらっていよいよ告白タイムとなった。そしてキューピット役の女の子から「早く言いなよ」みたいに言われ私は好きだった女の子に想いの全てをぶつけた。

「これこれこうで・・・」

すると意外な言葉が返ってきた。「これってドッキリみたいな感じにからかわれてるの?」
ハッキリ覚えてないがなんとなくニュアンス的にこんな感じの第一声だったと思う。
「いや、そんなんじゃなくて本当なんだけど」
多分、キューピッド役の女の子もフォローいれてくれたと思う。そして・・・

「実は私もあなたの事を・・・」

と言われ唖然としてしまった。つまりお互いに好意を抱いていた「両想い」ということであった!意外な言葉に私はどうしていいかわからなかった。まさかそんな事を言われるとは思わなかったので私自身信じられなかった。
やがてふたりは付き合うようになったが、彼女が「二人きりで会うのは恥ずかしい」みたいな理由から、最終的に二人きりで会った事は結局一度もなかった。必ず4対4とかのタッグマッチで私の家で遊んだのを覚えている。
そしていつしか自然消滅みたいにふたりの関係はフェードアウトしていった。いや、もしかしたら私が振られたのかも知れないが、付き合っている頃に私は白糠線廃止情報を受けて北海道へ向かっている。そして帰郷の際に私は彼女に「白い恋人」をお土産に買っていった。

minamihoronobe (1)
minamihoronobe (2)
こうした駅っていつも踏切のそばにあるよねっ!的なシチュエーションであるが、現在、存続問題で揺れているのは周知の通り。

今考えたらなんとも子供らしい経験であるが、やはり中学生だけに恋愛経験は愚か、人生の経験も少ないため対応の仕方がわからなかった。お互いに異性と付き合うというイベントが初めてだった(と思う)ので、お互いにどうしていいかわからなかったと思う。今となってはいい思い出だ。
実はその後に後日談があり、確か私が20歳くらいの時に彼女から久々の電話があった。懐かしかった。色々話をしたが、今ハッキリ覚えている一言が「なんか軽くなったね」と言われた事であった。「えっ?」て思った。多分、電話があった当時はレールファンは休業中で、音楽その他多方面に向け、ある意味「青春」をしていた事を伝えたのがそういうイメージになってしまったのかも知れない。まぁ、でも彼女から連絡があるって事は何となく嬉しかったし、増して付き合った当時はお互いに何も知らない、話した事もないところからのスタートだったので、それを考えたらいい意味で発展したという事であろう。

minamihoronobe (12)
minamihoronobe (13)
minamihoronobe (14)
minamihoronobe (5)
minamihoronobe (4)
minamihoronobe (3)
minamihoronobe (8)
踏切のそばにある、ホームは木の板張りでできている等、かつて仮駅であった条件が揃っているが、ここは開業当時かられっきとした駅である。幌延の「南」とはいえ、眺め的にはバッチグーじゃないですか?

今、この平成の世の中になって当時何を思っていたか本人に聞いてみるのもいいかなと思ってしまう。今彼女はどうしているのであろうか。年齢的に孫がいてもおかしくない。が、そんなことを考えているのは私の方だけかも知れない。私的に失恋とはあまり思い出したくないものであるが、この恋愛に関しては妙に懐かしく、そして嫌な感じがしない。むしろ素敵なメモリーとして貴重な宝物となっている。と言うか、失恋とかというより自然消滅的にお互い離れていった記憶なので後腐れないというか嫌なイメージが私には無い。いや、向こうはどう考えているのかわからないが・・・もしかしたら私の事を「あんなのなんで好きになったのかな」みたいに思っているかも知れないが・・・

minamihoronobe (15)
minamihoronobe (16)
minamihoronobe (17)
これが冬季には活躍するんだよねッ!的な建築物であるが、レールファンから見れば素敵に見えるが、地元の方にしてみたら強い味方であろう。

さて、本題に入ろう。安牛から幌延までは比較的短い距離間で駅が発生する。つまり幌延に近づくにつれ周辺の利用者も増えてくるため・・・というのは過去の話である。隣の安牛もここ南幌延も、天塩川を挟んだ対岸には比較的大きな集落があると聞いた。
対岸では列車を利用しにくいよな~と普通に考えてしまう。実際にここ南幌延は存続問題で揺れているらしい。というより、宗谷本線自体が今後の行方も気になる。

minamihoronobe (10)
駅前一等地はこんな風景である。残念ながらJRの収入源にはならないであろうが・・・

なぜ南幌延の章を書いている時に過去の恋愛の事を思い出したのか・・・私にもわからない。ただ、北海道という地は初めて訪問したのが中学3年生の時で、ずっと訪れてみたかった地であり、そして白糠線廃止情報を受け、当時唯一北海道の国鉄時代を経験できた時期でもあった。そしてその背景にそんなプライベートな恋愛話もあって、私にとって1983年とはある意味ターニングポイントであった気がする。そんな当時の国鉄的風景を今も尚残している宗谷本線を今訪ねていると、やはりそういった過去を思い出すのは自然であろう。そしてもっとレールファンを続けていれば国鉄時代に宗谷本線を始め北海道全線を経験できたかも知れない、ある意味悔しさみたいなものも感じる。であるから、やはり経験出来る時に経験するのが一番いい。「来年にしよう」とか「いつか必ず」ではその時できるかわからない。だから思い立ったら即行動!これが最近における私のポリシーでありセオリーである。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

ダイヤモンド☆トナカイ様

私が初めて彼女ができたのは、中学2年でした。
学校の帰りに呼び止められて・・・
その子以外にも、あれこれあり・・・
今にして思えば、あの時が人生のモテ期だったとでもいうのだろうか・・・
高校の時もあれこれありましたが、大学生になってさっぱりの状態に・・・
そして・・・いまだ独身・・・
いいだ!私は鉄道が恋人であり、生涯の伴侶だ!!(涙)

にわか者様

コメントありがとうございます。
「モテ期」があったなんて羨ましいですね。私にモテ期はなかったし、容姿では周囲より絶対に劣っていたと思っていたので「笑い」ではないけどかなりメンタルな部分で攻めようと決めてました。
中学生時代はたまたま運が良かったのかも知れませんが、北海道初上陸と重なり今でも思い出深いです。
恐らくほとんどの人が通る道だと思いますし、ある意味、思い出は昔のままにしておいた方が良い場合もあることでしょう。

ただ、そんな北海道も、最近になって夕張支線の廃止情報が流れて、私の蒼い思い出とともに消えてしまうのは寂しい限りですね。もっとも昔は夕張「支線」ではなかったのですが・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/794-94cb28fe

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

管理人のひとりごと (48)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (42)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (3)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (17)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (57)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (2)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (108)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (3)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
JR北海道 (65)
宗谷本線 (30)
根室本線 (1)
石勝線 (10)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (1)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (1)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (52)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (2)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (1)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (84)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (3)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん