FC2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版㉘

羽後本荘でレッドトレインを下車した私は矢島線に向かう。矢島線といえば当時は廃止候補に挙がっていたが、現在は由利高原鉄道として第二の人生を歩んでいるのは周知の通りである。

img049.jpg
国鉄時代の矢島線終点・羽後矢島。名所案内に記されている記述は私にとっては天文学的数値で、とても鳥海山に果敢にチャレンジしようとは思えない内容であった。特に後半が・・・

途中の前郷では三セク移管時に交換設備が設置されたが、実は以前にも交換設備はあった。が、いったん棒線化された後に更に交換設備が復活するのはある意味珍しい。そんな前郷ではある逸話がある。
私はかつて会社の同僚に「出身はどちら?」なんて世間話をしていたら「秋田です」と言った。よくある会話だ。ところが更に掘り下げて「秋田のどの辺?多分一般にマイナーな場所でも大体わかるかも」というと「前郷」という答えが返ってきた。「どうだ、マイナー過ぎてわからないだろう!」向こうはそう思っていたかも知れないが、返す刀で「由利高原鉄道の?」と言った途端顔色が変わった。「なんで知っているの?」と目をマックスに開きこちらを見ている。更に「昔の矢島線だよね?」と付け加えたが、その同僚がその後どういう表情をしたのかは皆様のご想像にお任せしよう。
そんな前郷を過ぎ矢島に着くが、折りかえしインターバル時間が4分しかない❗「いい旅チャレンジ20000km」の証明写真を撮影するのに精一杯で入場券をかえるかどうか。駅を散策する間もなく羽後本荘に折り返した。

Maegou_sta.jpg
現在の前郷は由利高原鉄道の所属であるが、国鉄時代よりかなりモダンになった印象だ。第三セクターに移管され交換設備も復活。(画像はウィキより)

さて、夜が近付くにつれ段々メランコリーになっていくのは気のせいか。計画段階で駅寝が決定している以上、もう後戻りできない。当時、今回の旅行程を考えるに当たり一番悩んだ場所だ。予定だとこのあと羽後本荘から羽越本線で秋田に向かい男鹿線を制覇した後大曲で田沢湖線の始発列車を待たせてもらうつもりだ。この列車に乗らないと角館線の始発に乗れなくなる。次の列車は夕方なのでタイムロスが大きい。
そんなブルーな行程であったが、つい最近、当時の時刻表を使い何とか駅寝しない方法を探してみた。するとどうだろう。余裕でその方法が見つかったではないか!散々頭を悩ませ、飯詰駅に往復葉書を送付し駅寝交渉したりして苦労した私は「丸出だめ夫」ではないか❗なんでもっと現地などで時刻表を見て頑張らなかったのだろう・・・超落胆。

oomagari.jpg
めちゃめちゃ立派になった現在の大曲。新幹線もやってくるようになり更に便利に。花火大会当日はごった返す事であろう。今回の旅ではこちらでお世話になったが、当時の面影は全く無し!(画像はウィキより)

ポイントは田沢湖線であった。私は盛岡から秋田に向かい矢島線目指したが、これがいけなかった。
秋田で折り返し盛岡行きの特急「たざわ」に乗り換え角館で角館線に乗り換える。更に折り返し秋田に向かい男鹿線に乗り換える。男鹿線制覇後は特急「白鳥」で青森に23時40分頃に到着し0時02分発の急行「八甲田」に乗るというからくりだ。あれ、矢島線は?と思われるだろうが「八甲田」を一ノ関辺りで捨て折りかえし盛岡などから秋田方面に向かえば丸く収まるではないか。なんでこういう発想が出来なかったのかと当時の自分を責めてしまう。だが逆にこういう旅を数多く経験したからこそ今がある。だから今の自分は発想が多彩になる。やはり旅は多くした方がいい。そんな思いを抱きながらかつての旅を振り返ると、若き日の自分が羨ましくなるしアドバイスもしたくなる。
未来の自分が過去の自分を振り返りこんな事を考えるなんて、当時の自分は考えもしなかった。そんな無邪気な私は、迫り来る駅寝のメランコリーを払拭すべく男鹿線に向け秋田駅の跨線橋を足早に登っていった。



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント

ダイヤモンド☆トナカイ様

だめ!だめ!だめだめだめ!
「丸出だめ夫」懐かしいですね。

それと、その同僚「矢島線???はぁ?何ですか?それ?」ではなかったですか?
それにしても、まだ旧矢島線は生き残っているいるんですよねぇ・・・

最後に、すごいルートを発見されましたね!
私は何も考えず、駅ネでしたよ・・・

にわか者様

コメントありがとうございます。

実はその同僚、私よりも20年くらい先輩の女性で矢島線で通学したと話してました。
そんな由緒ある矢島線を私はメランコリー気分で乗車していたのですから何とも失礼ですね。

ですが、そんな矢島線もメランコリーにならずに乗車する手段が30年以上経過して見つかるなんて、それこそメランコリーです・・・

ダイヤモンド☆トナカイ様

20ぐらい上の大先輩でしたか!!
もしも我々が20年早く生まれていたら、旧客、旧型国電は当たり前、それこそ蒸気機関車で乗りつぶしをやっていたかもしれませんね。
そして、我々が全国に出撃した時点で廃止されていた路線にも、乗りつぶしできたかもしれないですね・・・
私も白糠線に乗車できたかも・・・

にわか者様

コメントありがとうございます。

そうですね。その先輩に関しては恐らく「汽車」と呼ばれた時代の鉄道に揺られ育まれた事でしょう。また、新聞雑誌なども一日遅れで読んでいたかも知れません。

にわか者さんは白糠線は未乗車かも知れませんが、天北線や別府鉄道など、私が経験できなかった「ブーム」に乗ることが出来たので、それは素晴らしい経験だと思います。
ただ、私ももう4~5年早く生まれていれば「ドリーム交通」を経験出来たかも知れません。最もにわか者さんはドリーム交通はほとんど馴染ないかも知れませんが・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/828-5bff2c0d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (8)
管理人のひとりごと (44)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (25)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (62)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (151)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (10)
JR北海道 (93)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (11)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (62)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (92)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん