fc2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版㉙

羽後本荘より秋田で乗りかえ男鹿に向かうが、気分が段々メランコリーになってきた。今夜の宿は夜行列車ではない。計画段階から駅寝の決定していたからだ。
既にやれる事はやった。たが、どうしても角館線に乗るのは朝か晩に限られてしまう。私は当時、自身の頭脳をフル回転させても駅寝は避けられなかった。だが、今の私が当時の時刻表を使ったらわずか10分で駅寝をしない方法を見つけ出してしまった!それは前回紹介したが、なんとも皮肉な結果である。だが駅寝が決定している以上、計画に沿って列車を乗り継がなければならない。

Iizume_sta_20181101214627413.jpg
私が最初に駅寝交渉をした飯詰。わざわざ往復はがきを出しての交渉であったが、もちろん返事は「ノー」であった。現在なら大曲辺りの東○イン的な旅籠にでも身を寄せるであろうが・・・(画像はウィキより)

考えてみたらそれは私の勝手な都合。国鉄には全く関係ない話で、むしろいい迷惑だろう。
実は計画段階で私は事前に飯詰駅に往復葉書を出していた。「これこれこういう事情でそちらにお世話になりたいのですが」もちろん返事は丁寧な文章でお断りを遠回しの口調で記されていた。当たり前田のクラッカーだ。「それですとチェックインは何時頃の予定でしょうか?」と返事が来たらおかしい。駅は列車を利用する施設であって旅籠ではない。そもそも事前に駅寝を申し込むなんてあり得ない話だ。だがどうしても田沢湖線の始発か次の客車普通列車に乗らなければ角館線に乗る事ができない。私は一か八かアポなしで大曲の駅員さんにお願いしようと考えたのだ。大曲なら駅も大きいし待合室もあるだろう。半ば強引に大曲での駅寝を決定したのであった。
たが、駅寝を決めたらもうどうにも止まらない。むしろ駅寝をする事が義務みたいな雰囲気になってきた。苦渋の決断ではないが、私は大曲にかけてみる事にした。

JR_hokkaido_ED76_523.jpg
私が今回の旅で一番近いイメージの画像をウィキから拝借した。ご覧の通りED76率いる50系客車はある意味短命であったと思うが、それだけに今になって愛着が出てくるような車両である。旧型客車を置き換える意味で製造されたと思うが、JR発足以降、急激に客車運用が激減した為自身の活躍の場を失っていった印象であった。

秋田から乗る男鹿線は意外に混雑していた。学生はもちろん、スーツを着た通勤客まで多種多彩だ。その中でひとりスポーツバッグを抱え旅する青年(当時)は私が唯一であろう。
男鹿に進むにつれ次第に乗客は少なくなっていったが、それでも終点の男鹿までそれなりに乗客はいた。
男鹿でのインターバルは10分である。予定だと秋田で1時間半くらいの待ち時間がある。だが、ちょっと男鹿の駅員に聞いてみた。「この辺りに銭湯はありますか?」歩いて10分くらいの場所にあるとの事。私は駅員に荷物を預け、最低限の持ち物で銭湯に向かう事にした。「どこから来たの?」よくあるパターンだ。話ついでにコインランドリーの在りかを聞くと「ここは東京とちがうからねぇ」と会話が弾むうちにすっかり駅員と溶け込んでいったが、手荷物を預けた際にはしっかりと料金を徴収された。

Oga_sta.jpg
現在の男鹿はウィキより転用させていただいた。私の訪問当時は駅員さんが非常に優しく、私のような家出人かも知れない少年にも気さくに話しかけてくれた。いい思い出だ。

男鹿では1時間半後に出る次発の列車に乗っても秋田から乗る大曲方面への列車は同じ列車になる。私は大曲での「決断」を前に身を清めるべく銭湯に向かった。
駅に戻り駅員に挨拶をし荷物を受け取ると、早速待っていた秋田行きに乗り込んだ。先程とは違い乗客は疎らだ。だが、段々近付く駅寝にいささか恐怖を感じていた。計画段階では唯一の駅寝であるが、ご紹介のように既に今回の旅では計画外で山形で2度駅寝をしている。予行演習も済んでいる事だしなんとかなるなろう。私はそう自分に言い聞かせ、再び秋田駅のホームを踏みしめた。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村





スポンサーサイト



コメント

ダイヤモンド☆トナカイ様

駅ネ問題で、あれこれ苦慮されていらっしゃる内容に、こんなコメで恐縮ですが・・・
スポーツバッグが妙にツボにはまってしまいまして(汗)
私もスポーツバッグにあれこれ詰め込んで出かけていましたから(笑)
スポルディングとかJPSとか書いてあったなぁ・・・
アディダスとかプーマとかナイキとか・・・
高校生になると、カメラバッグ+スポーツバッグかナップサック!
水筒を飲みながら、アイアンキング!などと言っておりました。
一人であの頃を思い出してしまっています(汗)

にわか者様

コメントありがとうございます。

流行りましたね、ナイキやアディダスなどの「ブランド」が。私はこの旅の後の北海道の旅ではナイキのバッグにかえましたが、トレーナーはプロルックでした。シューズはアディダスのコーチャーで、全く統一性がなく、しかもアスリート的な部活をしていたわけでもないので全く無意味だったかも知れません。

プーマのマークを見ると私はどうしても「ロデム」に見えてしまうのですが気のせいでしょうか?

ダイヤモンド☆トナカイ様

確かに「ロデム」に見えますね!
しかし・・・今時のナウでヤングな方々には、「ロデム」をご存じない方が多数派かと・・・

コメントありがとうございます。

平成(来年からは年号が変わりますが)の今の時代に是非ロデムという存在を知っていただきたいですね。ウィキによると「スライム状の不定形生物」と記されてますが、イメージ的には「ターミネーター2」に出てくる「T-1000」のような感じでしょうか。ただ、ロデムの方が当然ながら全然生物感があり、私の仕事場にもあんなシモベがいたらいいなとつくづく思います。決してウインダムやミクラスではなく、あくまでロデムですが・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/829-def1a1b0

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド✡トナカイ

Author:ダイヤモンド✡トナカイ
✩2022年4月より毎週土曜日更新になります✩


昭和・国鉄の話題を中心に紹介しています。


2013年に長野新幹線の長野駅にて「いい旅チャレンジ20000km」よりスタートした国鉄時代の制覇を含めJR全線制覇を、そしてゆいレール以外の鉄道全線制覇を達成いたしました。


以降、北陸新幹線と北海道新幹線などの開業によりタイトルは返上しています。

JR以外の私鉄を含む鉄道未制覇路線は北陸新幹線(長野~金沢)・北海道新幹線・仙台地下鉄東西線・仙石東北ライン・富山地方鉄道延伸部分・ゆいレール・相鉄直通線(相鉄新横浜線)、そして新規開業の西九州新幹線や宇都宮に開業したライトレールも新たに加わりますます未制覇路線が増えてしまいました・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (11)
相模線 (45)
西寒川駅 (7)
管理人のひとりごと (32)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (25)
サボ (2)
駅訪問 (41)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (2)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (17)
奥久慈風っこ号 (6)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (26)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
廃止路線 (118)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (8)
深名線 (4)
幌内線 (2)
広尾線 (7)
万字線 (3)
湧網線 (1)
天北線 (4)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
三江線 (35)
岩泉線 (5)
十和田観光 (1)
東武鉄道熊谷線 (2)
ドリーム交通 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
青春18きっぷ (58)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (11)
2010年<青春18>+伊賀鉄道+近江鉄道 (6)
周遊券・フリーきっぷ (119)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (10)
JR北海道 (101)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (7)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (51)
東海道本線 (1)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
篠ノ井線 (1)
磐越西線 (6)
中央東線 (2)
白新線 (1)
弥彦線 (2)
上越線 (7)
JR東海 (27)
中央西線 (2)
身延線 (3)
御殿場線 (2)
飯田線 (13)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (61)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
美祢線 (2)
山陰本線 (8)
因美線 (5)
可部線 (7)
播但線 (1)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (76)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
東武鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (4)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
しなの鉄道 (2)
上信電鉄 (4)
上田電鉄 (1)
いすみ鉄道 (4)
ディズニーリゾートライン (0)
アルピコ交通 (1)
富士急行 (2)
私鉄西日本 (129)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (2)
岳南電車 (11)
遠州鉄道 (12)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (2)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名古屋鉄道 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近畿日本鉄道 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)
水島臨海鉄道 (5)
養老鉄道 (2)
智頭急行 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん