FC2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版㉜

津軽線の中心駅となるのは紛れもなく蟹田であるが、当時の私はまさか中小国から海峡線が分岐されるとは思わなかった。現在はある意味「元の姿」にもどったが、新幹線開通までは地味にメジャーな存在の中小国である。さらに「津軽今別」こと津軽二股も、今回の旅の訪問ではまさか今日の姿が想像できなかった。津軽今別の存在は、将来津軽線の蟹田以北を廃止した場合、その代表駅として機能させるつもりだったのか。現在は新幹線の駅となったが、利用者的には秘境駅の部類入ってしまうのかも知れないくらいであろう。

img054.jpg
1979年訪問時の津軽線各駅の駅名標を紹介するが、まずは郷沢から。この写真撮影時、私は小学5年生!既にこうした風景に胸騒ぎするまでに成長していた!

私の今回の旅での津軽線訪問はある意味貴重だったかも知れないが、当時は「いい旅チャレンジ20000km」の制覇路線を稼ぎ出すのに精一杯でそこまで考える余裕が無かったのかも知れない。
そんなこんなで終点の三厩に到着したが、そこから先の鉄路は途切れ延伸の様子は全く感じられなかった。当然といえば当然だが、本当に将来、青函トンネルで北海道へいけるのだろうか。そして将来、寝台特急が上野から北海道まで走るのか・・・いろいろな思いが頭の中を巡り巡るが、片側しか使われていない島式ホームはひっそりと僅な乗客を迎えていた。

img053.jpg
続いて三厩のひとつ手前の津軽浜名。後ろに見えるは津軽海峡か。ある意味地味な存在は私好みの駅である。

1979年に訪問したときとさほど変化は無かったが小学校5年生と中学3年生とではやはり感性が違う。今回の東北の旅では明らかに前回とは違う津軽線を感じていた。それは、恐らく小学生時代には感じる事ができなかったまほろば的な何かを発見したのだろう。更に2014年にも再訪を果たしたが、電化や交換駅の増設など劇的変化をしたにもかかわらず何かが私を引き付けていた。それは恐らく津軽の哀愁的な、いわゆる「津軽海峡冬景色」的な何かを感じたのかも知れない。

img052.jpg
そしてかつての「境界線」であった中小国。「海峡線」は既に新幹線にバトンタッチされたが、その気になれば在来線としてでも「復活」できるであろう。当時、まさかこの駅にスポットライトがあたるとは思いもしなかった。

三厩より折り返し津軽線に乗り青森のプラットホームに足を降ろした時「次の列車は寝台特急だ!」と喜びを隠せずにいたが、何せ出発時間は23時59分である。青森に着いたのが16時36分であるからとんでもなく待ち時間がある!勿論自身が企てた事であるからクレームのつけようがないが、何せ8時間近くある。出発時間まで何をしてろと言うのか。とりあえずダイナミック☆トナカイと合流済なので一緒に駅前でお土産などを見る。たが、そんなの二時間もあれば充分だ。ただ、後で思ったが、銭湯に行けば良かった。たが、もし行ったとしても費やしきれない膨大な時間が待っていただろう。我々は何をしていたのか・・・記憶は定かでないが、恐らく寝台特急「はくつる」が入線してくるホームで何時間も待っていたのだろう。

img051.jpg
そして中沢であるが、確か青函トンネル開通時に交換設備が増設された記憶だ。新幹線が開通後、現在は設備を持て余し気味かも知れないが、それでも運転上は重要な施設である事に違いないであろう。

ある意味途方に暮れる時間が過ぎていった。逆にこれくらいの時間が青森でとれたなら他にできる事があったはずだ。例えば南部縦貫鉄道を訪問するとか岩手開発鉄道にいくとか、まだまだ当時は甘かったなとつくづく思う。とは言え、東北の国鉄路線制覇は実に大きいが、気が付いたら今回の旅では酒田~羽後本荘間が未制覇となってしまった。これに関しては後年に寝台特急「あけぼの」で制覇したが、私にとってはある意味羽越本線はまだまだ未開の地的なイメージが強い。いつか各駅停車で気になる駅を訪問してみたいものだ。

img050_20181112195538bd2.jpg
そして終点の三厩。私の訪問時は「みうまや」と読んでいた。九州は枕崎から続いたレールは、ここで途切れる事になる。1979年にも訪問しているが、私はここより青函トンネルに続き北海道へ繋がると思っていた。そのため工事すらしていない三厩駅を見て本当に青函トンネルってできるの?的な思いでいた。

そんな青森のプラットホームにいよいよ583系が入線してきた。昼間見る583系とは全く違う印象である。とても同じ車両とは思えない輝きっぷりであった。「はくつる」であって「はつかり」ではない。確かに寝台特急である。考えてみればこれが最後の寝台バージョンの583系乗車であった。そんな未来も知らず、私は浮かれ気分で切符に記された座席番号と車両に記された番号との照らし合わせに慌ただしかった。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

ダイヤモンド☆トナカイ様

そうそう!私も青函トンネルは三厩からかと思っていましたよ・・・
三厩からでしたら、三厩もスターダムにのしあがっていたのではないでしょうか?
いや、単なる途中駅に成り下がったもかもしれないですね・・・

にわか者様

コメントありがとうございます。
まさか中小国なんてマイナーな駅が将来脚光を浴びるなんて、小学生当時は考えなかったし中学生になってからもピンと来なかったですね。そして本当に新幹線が青函トンネルを通るなんて、想像すらできなかったです。

もし三厩経由であるなら当然ながら要衝駅となっていたでしょうが、今日のような「津軽二股」がその役割を担うとは、競馬で言えば全く大穴的な出来事ですね。
ただ、現実問題として東京から札幌まで4時間を切らないと飛行機と対抗できないし、もちろん途中駅で乗降客が発生するというメリット含め活用の仕方が、今後車両や線路の開発や設計にかかってますよね。
なんて、大人になるとこうした余計な雑念が入ってしまい子供の頃のような純粋な夢が見れなくなってしまいますね。

ダイヤモンド☆トナカイ様

青森駅のようになっていたかなぁ・・・と、思いまして・・・
やはり経由地では、ダメなんですかね?
連絡船の待ち時間とか、終着駅(なぜか始発駅という表現がでてこない)ならではの客の滞在時間で、あれこれと街も活気づいていたのでしょうが、今はどうなんでしょうか・・・
でも、経由地ならまだマシだったのかもしれないですね。そもそも新幹線は、青森駅を経由すらしないのですから・・・

にわか者様

コメントありがとうございます。

青森は確かに新幹線が来ないですが、新青森のほうがもっと不況みたいですよ。駅前のビジネスホテルなどはいまいち客の入りが予想通りではないみたいです。
ただ、最初の構想だと下北半島から海底トンネルができるルートもありましたから、もしその案が十ったら新青森すらできなかったわけで、それこそ野辺地辺りに「新青森」ができていたかも知れませんね。

さて、現在「奥津軽」はどうなんでしょうか。雰囲気的には第2、第3の「安中榛名」的なのが私のイメージですが・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/832-c0862ae4

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (9)
管理人のひとりごと (28)
時刻表の旅 (9)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (25)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (62)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (165)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
2009年夏<青春18> 広島 (7)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・秋<北海道ワイド周遊券> (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (10)
JR北海道 (99)
宗谷本線 (34)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (62)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (107)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん