FC2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

サマーアクションシリーズ ・1983年東北の旅。もっと細かくリメイク版㉝

さて、いよいよ「はくつる」が入線してきた。583系の寝台特急である。同僚の「ゆうづる」は客車バージョンと583系バージョンがあり常磐線経由であるが、こちらは東北本線経由である。そして583系といえば三段式の寝台で昼間は座席として利用するため構造が複雑で、座席から寝台に変える際の作業行程は非常に興味深い。作業員はかなり手間がかかる仕事になろうが、今の時代では考えられない程に非効率な作業であろう。

yuuzuru_convert_20121129154213.jpg
いよいよ帰郷の列車に乗る。最初で最後の「はくつる」の乗車は寝台上段でくつろいだ。上段だと寝ながら小窓が見れて、かなりリラックス出来る。今気がついたが、隣のホームに止まっている列車も583系ではないか!寝台としてなのか、座席としてなのか、583系は他の列車とは違う独特なオーラがある。

下段は一番広く値段も高いが、何たって最大の裏メニューは「パン下」と呼ばれる空間であろう。つまり上部にパンタグラフがある都合上、ベッドを三段にできず二段式になっているわけであるが、他のB寝台に比べ高さがあるので広い。そんなマニア情報を当時は知らず、単純に寝台特急に乗車出来るのが嬉しかった。
583系寝台特急では上段と中段は料金が同じであるのでダイナミック☆トナカイと「どっちにする?」みたいな感じであったが、寝台券購入の際に予め私は「上段」と決めてあった。特長としては中段よりやや高さがあるため広いのと、外の景色を見るため上段と中段には小窓が付いているが、上段では寝ながら小窓を見れるのが最大のメリットである。中段では座った状態で小窓が見れる高さにあるので少々体力がいる。しかも天井が低いのでストレスも感じる。既に私は1979年に乗車した寝台特急「ゆうづる」で中段を経験したので今回は最初から上段と決めていたのだ。狙いは見事に当たり寝ながら小窓を覗けるのがいい!中段のダイナミック☆トナカイ氏には申し訳ないが、私は上段でくつろがせていただいた。

49-6-michinokuAL.jpg
画像はミックスマテリアル様提供の座席特急「みちのく」は上野駅での撮影であるが、恐らく「ゆうづる」や「はくつる」などの寝台特急とペアで運転されていた事であろう。583系の特徴を最大限に活用。

青森発の寝台特急「はくつる」は23時59分発であるから、あの青森駅の莫大な線路から解放される頃には既に日付が変わっている。そして1979年以来の寝台特急乗車にいささか興奮気味の私がいたが、先輩である私がその場を取り乱してはならない。私は先輩であるプライドから冷静さを装い上段ベッドで寛ぐ姿を後輩に見せなければならない。勿論、胸の内は興奮の雨霰だ。

「さて、やはり次は北海道かな・・・」

小窓から見える誰もいない薄暗いホームを一瞬で通過するシーンを何度も見つめながらそんな思いが込み上げてくる。ただ、来年の夏休みは高校生だから勉強しなくちゃなぁとか、20日「ワイド」を使っていくらかかるのかなぁとかいろいろな雑念も舞い込んでくる。といいながら、その2か月後に白糠線廃止情報を受け最初で最後の北海道国鉄時代の訪問をしてしまった。それまでは私にとって北海道とは高嶺の花であり、訪問には勇気がいる存在であった。だが、扉を開けてみれば素晴らしい世界があちこちに広がっていた。

aizu2_convert_20120404150156.jpg
2007年に会津若松に訪問した時偶然に停車していた快速「あいづ」。リニューアルされ外観はすっかり新車同様となっていたが、もちろん座席仕様の車内は当時の特急列車そのものであった。

そんな扉をこの東北の旅から僅か2ヶ月後に開けるとは全く想像すらしなかった。国鉄からJRに変わって既に30年以上経過したが、若い世代の中には「国鉄」という単語すら知らない者もいるであろう。そんな世代の若者達に私の旅はどのように映るのであろうか。
やはり旅は行けるタイミングが有る時は無理してでも行った方がいい。「あの時行けば良かったなぁ」という思いはしたくないし「いつか行こう」だといつ行けるかわからない。「この日に行く!」と決めてしまえば意外にスムーズに事は運ぶものだ。
鉄道にしかない旅がある。鉄道にしか出来ない旅がある。昔の自分を外から眺めていたらまた鉄道で旅がしたくなってきた。最近はレンタカーが主流となった私の旅だが、再び原点に帰ってみるのもいいだろう。
随分と長い「サマーアクションシリーズ」となってしまった。この記事がアップされる頃にはオータムどころか既にウインターになっているであろう。たった8日間の旅であったが、私にとっては人生の岐路となった旅と言っても過言ではない。「いつか行けたら」から更に進展し「旅に出る」という一歩踏み出す勇気は大切だし、そして踏み出せる環境があるのも幸せな事である。

「また旅をしよう」

最近はレンタカーが中心の旅が多いが、再び鉄道に拘った旅もしてみたくなった。次は何処へ行こうか・・・


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

ダイヤモンド☆トナカイ様

我が青春時代を楽しませていただきました。
楽しかったあの頃を思い出しましたよ。
ありがとうございました。

ところで、自分が撮りテツだからかもしれないですが、今や良きも悪きも撮りテツの話題は耳にするのですが、乗りテツはどうなんでしょうか???
特定の車両が無くなるとか、イベント列車が走るという時は、切符の争奪戦が始まるというのは聞きますが、我々がやっていた乗りつぶしはどうなんでしょうか???


にわか者様

コメントありがとうございます。

乗り鉄的なジャンルは今も健在みたいですが、我々世代の「いい旅チャレンジ20000km」みたいなハッキリした物がない現在、各々の「チャレンジ」が主流みたいですね。10年くらい前は横見浩彦氏の出現でややメジャーになった記憶ですが「乗り鉄」「撮り鉄」などの言葉も彼が広めた造語だった記憶です。

ある意味乗り鉄は世間的には地味な趣味でしょうから一般的にはあまり理解してもらえませんが、どこかの企業がJRとタイアップして「いい旅チャレンジ20000km」が再開されたら非常に嬉しいし再び日の目を浴びるかも知れませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/833-7ccd7a21

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (9)
管理人のひとりごと (28)
時刻表の旅 (7)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (25)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (62)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (158)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (10)
JR北海道 (98)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (62)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (107)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん