FC2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

いつか、その日が来る日まで・・・プロローグ

自然災害により不通になっている日高本線が一部区間を残し廃止になるというニュースが飛び交ってからどれくらいの月日が経過したのだろうか。
私が知る限り、時刻表を見れば急行「えりも」が走り、更に補足するかのように国鉄バスが所々で並走していたので充実したダイヤがみられた。そして様似からは広尾に向け国鉄バス「日勝線」がえりも経由で繋がれ、将来的に両者を繋げたら面白いだろうという夢を見させてくれた。ただ、そんな最中に広尾線がいわゆる赤字ローカル線に認定され廃止が噂されたが、日高本線との関係はそう揺るぎないイメージだったと子供ながらに感じていた。
そんな生意気な子供が大人になって受けた現実は、広尾線が廃止され、更に日高本線も一部区間ではあるがその生命を終えようとしている。いや、実際にはもう終わっていて、それが正式かどうかのジャッジを待つだけの状態である。

aikoku.jpg
「愛の国から幸福へ・・・」でお馴染みの愛国駅の現在に行ってみた。2017年の訪問であるが、当時の面影を残す駅舎が健在。ホームもレールも健在で、SLが静態保存されているが、広尾線は意外に現在も現役時代も設備を残す場所が多い。

私がかつての「いい旅チャレンジ」時代に立てた計画ではやはり日勝峠を国鉄バスで越える・・・つまり様似から広尾までは国鉄バスで繋ぐよう計画した。もちろん日高本線・広尾線の両者を各々で往復するなど、そんな効率悪い事はない。むしろバスで繋いだ方が自然であろう。
2019年現在、広尾線の存在を肌身で感じる者は昭和生まれの方が殆どであろう。たが、まさか日高本線が今日の姿を我々に見せるとは想像できたであろうか。日高本線だけでなく、発表されているだけでも根室本線や札沼線の一部区間や留萌本線など、我々が想像した事の無い名前が挙がった。
このまま行くと、本当に札幌近郊以外の鉄道路線が本当に消えてしまう日が来るかも知れない。

hiroo.jpg
終点広尾も当時の駅舎が残っていた。現在はバスの待合室として再利用され、バスの乗車券もなんと硬券で販売されている!当時の国鉄を彷彿させる場面がここ広尾で見られるのは嬉しい。近い将来に訪問した駅をこのブログで紹介してみたい。

2017年、私はレンタカーで今の広尾線と日高本線を訪問した。既に広尾線は一部の訪問駅を紹介したが、今回は日高本線の現在を紹介してみようと思いPCに向かった。だが、あまりに厳しい現実を見せられた私は各駅訪問事に胸が痛い思いであったのだが、世間一般の風景では鉄道が無くても暮らしは成り立っているわけで、何となく時代に取り残されたイメージになっていた。ただ、静内は沿線一の大都市である事もあり、駅前はもちろん、駅事態も活気にあふれていた。そして何とみどりの窓口が営業中だったので、もちろん静内からは乗車できないが、ある意味重宝するであろう。
ただ、静内は沿線一の大都会ではあるが、鉄道会社が利益を産むだけのソフトであるかというとなかなか厳しいものがあり、特に様似方面へは鉄道だと、特に日中などは過剰なほどの輸送力となってしまう現実であろう。

samani.jpg
今回は様似から駅訪問をスタート。「ローカル路線バスの旅」的な番組でも登場した様似であるが、現在は列車がやってこない。

いずれにしても襟裳岬に列車が来る事は夢に終わってしまった。だが「両翼」を失ってしまった襟裳岬は、誰かの歌のように「何もない」事は決してない!素敵な風景やえりもラーメンが待っている!
仮に鉄道路線の「日勝線」が開通していてもし「特急えりも」がこの地を行来していたらまた違った襟裳が見れたに違いない。これは四国の「阿佐海岸鉄道」と「土佐くろしお鉄道」が室戸経由で鉄道路線で繋り特急「むろと」が運転されていたら・・・みたいな風景に似ているような気がしてならない。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/870-6b1b5de6

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (8)
管理人のひとりごと (44)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (25)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (62)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (151)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (10)
JR北海道 (93)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (11)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (62)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (92)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん