FC2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

白糠線 リメイク・アゲイン③

弱冠中学生にして初めて青函連絡船にのり、そして初めて新鋭のキハ183系に乗車。さらに、今回白糠線と併せて訪問テーマでもあった開業してまだ間もない石勝線探索も慣行した。以前にも話したが、私が一番お気にいりの鉄道路線は石勝線だ。しかも新夕張~上落合の新線区間である。残念ながら白糠線には向かう道中は石勝線が夜の時間帯の訪問になってしまうが、翌日の白糠線制覇後は特急「おおぞら」で昼間の時間帯にじっくり観察できる。とりあえず私は札幌に向かい、今夜の宿となる急行「まりも」の夜行列車バージョンで白糠を目指した。もちろん自由席だ。
ある程度は予測していたが、白糠に到着すると同業者がやたらと下車した。夏休みでもない平日によくこれだけの人が集まるなと中学生ながらに関心していたが、逆に長期休暇ではないのによくこんな所に中学生がやって来たなどと周りから関心を持たれていたかも知れない。

img087_convert_20121222070834.jpg
札幌より夜行急行列車「まりも」で白糠に到着。途中、新得、帯広などで入場券を購入するため改札を出た。特に帯広は深夜未明の時間帯で全く人気がなかった記憶だ。新得では上下の「まりも」の列車交換風景が見られた。

白糠では約一時間の待ち合わせがあった。
白糠のホームにやって来た白糠線下り始発列車は釧路発の2両編成で、当時は知らなかったが急行「ノサップ」の合間に使用されている車両であった。もちろん白糠始発ではないため既に乗客はいたが、意外に座席が空いていたので終点の北進まで座ることができたのは嬉しかった。

siranuka_convert_20130108145518.jpg
こちらは白糠線制覇後再び白糠に戻ってきた時の風景である。やはり同業者ギャラリーが多数。このあとギャラリー達は帯広方面と釧路方面に別れたが、私は釧路に行き、折り返し特急「おおぞら」で札幌目指した。

さて、2両編成のDCは白糠を出ると早速右に折れる。白糠線とはもともと根室本線のバイパス的な役割をする路線の一部で白糠より北に向かい終点の北進より更に北へ進み螺湾を経て池北線(当時)の足寄に繋がる路線の一部であった。更に足寄より新得を結んで根室本線のバイパス的な役割をさせる予定であったが、沿線の人口や産業などがかなり乏しく、というより石炭産業も傾きを見せ始めていたし、そして、なんといっても帯広を通らないしバイパスさせる意味も薄いなどの理由から完全に頓挫したのであろう。もちろん森林資源や石炭などが豊富で、一時期は石炭を白糠線で運んだ時期もあり盛栄を迎えた時もあったが、石炭産業が衰退していく中、将来的に未来が見えない部分も感じていたはずだ。それでも北進まで開通させたのは、ある意味快挙である。もちろん、その裏には政治的駆け引きが見え隠れするが、全線開通から10年くらいで廃止になってしまうのだから、やはり現実は厳しいのであろう。

img393.jpg
急行用の車両とはいえ、かなりお疲れの様子が伺えた。多分、白糠線の運用を終えたあと、釧路まで回送されて再び「ノサップ」として根室を目指す事であろう。

そんな大人の事情など全くわからないまま、というか、それより私はこの白糠線を廃止前に制覇するのが最大のテーマであり、ある意味人生をかけていた。1日3往復しか設定の無い中、いかにして英知を絞るか。そしていかにして写真に収めるか。当時中学生の私には今これしかできない。とにかく窓に向けシャッターを切る、切る、斬りまくる!


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/875-7f2c8e10

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (9)
管理人のひとりごと (28)
時刻表の旅 (7)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (25)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (62)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (158)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (10)
JR北海道 (98)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (62)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (107)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん