FC2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

いつか、その日が来る日まで・・・③ 鵜苫

utoma (8)

全く関係ない話であるが、私は小学生の時将棋クラブの副部長であった。自分で言うのも何であるが、そこそこ強かったと思う。
ただ、生まれてまもなく父の膝の上に乗せられ麻雀を魅せられていたのを覚えている。つまり父の仲間たちが我が家で麻雀をやっていて、それを見ていて自然に私は麻雀を覚えてしまった。いや、正式には中学2年の時、ようやく周囲の同級生たちが麻雀をやる仲間が出てきたため、しっかりと書籍を読みちゃんと点数計算まで覚えたのが始まりだったと思う。もちろん小学生時代も麻雀自体のやり方とかはわかっていたが、なにせ周りにやれる物がいない。それが中学になってようやく現れた麻雀仲間に私は授業が終わるとメンバーの家に集まり麻雀をやる日々が続いた。

utoma (13)
utoma (9)
utoma (4)
utoma (3)
utoma (2)
utoma (1)
現在の鵜苫の駅舎。傍から見たら全章の西様似とほぼ変わらない風景かも知れないが、私から見たら全く個性が違う的に映る。

高校時代はクラブ活動入部が義務であったが、鉄道に関する部活がなかった。仕方なく私は「華道部」に入部したが、一度も参加することなく高校を卒業した。いや、正式には入部の際に新一年生を集めての集会があったのでそれに参加したが、それっきり参戦は無い。もし麻雀研究クラブみたいのがあったら間違いなく入部していただろう。鉄道に関しては高校1年の夏以降休業したので、もし高校入学の際に鉄道に関する部活があったら入部していたであろうが、麻雀クラブに移籍していたかも知れない。
くらい麻雀をよくやった。
そして車の免許取得のため福島は飯坂温泉に合宿する事になるが、その際もこの「麻雀」が滞在費等に貢献するという「逸話」があり、私の若かりし頃は麻雀とは切っても切れない縁であった。

utoma (10)
utoma (7)
utoma (6)
utoma (5)
ご覧の通り西様似同様、かつて列車交換ができた駅であった名残がわかる。そして、もし広尾までレールがつながっていて帯広まで抜けられるルートが完成していたら、その交換設備も最大に活躍していた事であろう。

そんな時代もあったが、約23年振りくらいにレールファンに復帰して、なんというか時代を取り戻すというか追いつくのがある意味大変であった。が、それでもブルトレ全盛期の国鉄時代を知る者として今、自身のブログで国鉄時代の記事を書いているのがある意味自己満足的に嬉しい部分もある。しかしながら平成~令和の時代に果たして私の記事が受け入れられてもらえるか?という思いもある。だが、こうして若かりし頃の思い出として次の世代に伝えられたらいいかなという思いもあるので、是非若い世代に私のブログをご覧頂きたい思いである。もちろん「昭和」「国鉄」を知る世代にも・・・

utoma (12)
こちらの方が「らしい」か。交換設備があった事がものすごく伝わってくる。

さて本題に入ろう。西様似に続き貨車駅専科である鵜苫であるが、ここ鵜苫も西様似に続きかつて島式ホームであった名残が見られる。たが、当然ながら利用者が減れば運転列車も減る。そして列車交換の必要性が減る事から交換設備が外される・・・どのローカル線でも歩んできた道を、ここ日高本線も同じように歩んできた。そして更に今は災害により列車はやってこない。そしてこのまま永久に列車はやってこない・・・
国鉄時代には考えられなかった現象が、平成・令和の時代に日常的に起こっている。国鉄時代、日高本線ってこのようなイメージだったっけ・・・と思ってしまう。
日高「本線」であるからもっと活躍してもいいんじゃないか、と思ってしまう。が、例え広尾まで繋がっていたとしても、そして広尾線が今もなお健在であったとしても遅かれ早かれ日高本線の進退は決まっていたかも知れない。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/878-b3582b3f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (9)
管理人のひとりごと (28)
時刻表の旅 (7)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (25)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (62)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (158)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
2008年夏<青春18> (7)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (10)
JR北海道 (98)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (16)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (62)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (107)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (16)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん