FC2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

相模線 ヘビー・ローテーション☆アゲイン② 入谷

入谷といえば「営団地下鉄」、もとい、「東京メトロ」とか首都高速の出入口などを思い浮かべるであろうが、神奈川県にある相模線の駅で「入谷」と名の付く駅がある。
相模線の中では利用者が一番少なく、駅の周りは田畑に覆われものすごく地味に感じる。まるでこの場所だけ時が止まったようだ。今回もまた「地理院地図」の1961~1969年撮影の画像を使用させていただいたのだが、この当時と現在で、もちろん時代的の変化はあるが、入谷駅の周辺の風景はそれほど変化が無いイメージである。

入谷
現在では信じられないが、入谷からは砂利専用の貨物線が分岐していた。といっても人車、又は馬車鉄道等の「ナベトロ」と呼ばれるトロッコ路線であった。画像は「地理院地図」より

ただ、近年は宅地化の波が押し寄せそれなりに賑やかさを感じるが、基本的には昔のイメージがまだ残る印象だ。
単純に「なぜこんな場所に駅があるんだろう」と、我々の世代ならつい考えてしまうが、基本的に鉄道とは大量輸送手段でありもともとは貨物輸送が主体であった。
だから大量輸送こそその能力を発揮する。鉄道というと、日本では旅客輸送のイメージが強いが、例えばオーストラリアやアメリカ等は貨物輸送が非常に重要な位置を占めている。
かつては日本も鉄道による貨物輸送が盛んであったが、高速道路の発達と共にその位置をトラックなどに譲る事になってしまった。しかし、青函トンネル等に象徴されるように、新幹線と貨物列車との共用によりお互いの増発やスピードアップに支障を来すほど貨物列車の重要性がまだまだ高い場所もある。

入谷現在
そして現在の入谷駅周辺。砂利採取場の痕跡等は全く無いに等しいのだが、入谷駅付近では砂利線の痕跡がハッキリと確認できる。この写真が撮影された当時は既に砂利線は恐らく廃止されしようされていなかったはずなのでまさに貴重な光景だ。画像は「地理院地図」より。

入谷駅のかつてはそんな重要性を備えた貨物主体の駅であった。その証拠に、昭和30年代の航空写真を見てみると、入谷付近では貨物側線と相模川方面に向かう砂利輸送用の、いわゆるトロッコ線跡がハッキリと確認できるのが実に興味深い。
そして今の時代でも現地ではその名残が比較的容易に確認できる。
更に座架依(ざかえ)橋(厚木市と座間市を繋ぐ相模川に架かる橋)より眺める下界は、砂利輸送時代の昭和を今も残す貴重な風景となっている。それこそいまにも砂利輸送のトロッコ列車がやって来そうだ。

入谷砂利線 (1)

そして相模線から砂利線が分岐される箇所を拡大してみた。本線から弧を描いて分かれていく砂利線跡がハッキリと確認できる。分岐された砂利線は道路に寄り添うように相模川方面へと向かっていく。画像は「地理院地図」より。


そしてグーグルマップより、本線から分岐する砂利線の現在の姿。弧を描く姿は現在も健在である。砂利線は本線としばらく並走して入谷に合流する。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/885-04fc6948

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (8)
管理人のひとりごと (44)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (25)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (62)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (151)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (10)
JR北海道 (93)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (11)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (62)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (92)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (1)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん