FC2ブログ

鉄道全線完全制覇の旅

昭和から平成へ・・・全線制覇の旅紀行!

相模線 ヘビー・ローテーション✩アゲイン⑤ 四之宮~西寒川

西寒川1
1961年頃の寒川支線の様子である。寒川支線は寒川から分岐するが、寒川駅構内の線路が一旦収束して単線になり、分岐点Aで再び分岐されしばらく単線並列のような形で寒川神社参道付近まで併走する。そして分岐点Bで本線と別れ西寒川に到達する。

相模線の西寒川といえば、かつて私が在住していた場所であるが、実はそこから先、砂利輸送のための貨物線及び海軍工場への引き込み線が伸びていた。私が住んでいた頃はその事は知らなかったし意識もしなかった。であるが、四之宮に関しては何となくであるが知っていて、西寒川から先に向かい四之宮方面へと向かう道路の右脇に空間が有り、そこが四之宮へと続いていた鉄道路線跡だなとは何となく子供心的にわかっていた。だが、そこから分岐して工場へ伸びる引き込み線があるとは!そういえば、西寒川方面に斜めに向いている工場の門があった記憶で、恐らくその斜めに向いている原因こそ引き込み線の名残であろう。現在もその門は会社が変わった今もあるのだが、やや門の造りと角度が違うような・・・

四之宮駅全体

四之宮全体現在
今回のシリーズでおなじみとなった「地理院地図」による駅紹介。今回は新型コロナウィルスによる自粛要請を受け取材を自粛している関係から今回のような形でのブログ記事となっているのだが、私的にはこういった地図の利用もあるのかとひとつ学習した感じである。上下で時代の変化を示しているが、上が1961年頃、下が現在の西寒川付近から四之宮付近の全体像である。

であるが、地理院地図で1960年代の航空写真を見ると一目瞭然、その引き込み線がハッキリと確認できる。相模線・寒川支線はかつては支線でなく本線であった証であるとともに砂利輸送と軍事輸送においてかなり重要なポジションであったのが地図だけ見てもかなり伝わってくる。先述通り、私が西寒川駅前に在住していた頃には既に四之宮への鉄路も工場への引き込み線も無かったが、こうして地図を見ていると、当時の景色が浮かんでくるようだ。


西寒川引き込み線

西寒川引き込み線現在
そして西寒川から海軍工場への引き込み線の比較。上は同じく1961年頃で下が現在の状況であるが、上の画像では大きく弧を描くカーブがハッキリと確認できる一方、下の画像の現在でもその名残であるカーブの部分が確認できるものの、一部が圏央道の下敷きになってしまっているのが少々残念である。

さて四之宮であるが、駅名の由来は以前にも紹介した記憶があるが改めて報告すると、対岸の平塚市に四之宮という地区があるのだが、相模川を超え対岸の寒川町までその地区の区域は被っていた場所に四之宮駅があったためであると伝えられている。ちなみに四之宮とは、相模の国、つまり神奈川県には寒川神社があり、その場所は「一之宮」である(実際の寒川神社の所在は宮山であるが)。そして東海道線には「二宮」があり、更に平塚には四之宮が・・・つまり神様が守っている場所的な意味なのであろう。確かに私が住んでいた西寒川駅前の住所は寒川町一之宮であるのだが、その先にすぐ四之宮があるとは何とも感慨深い。
そんな旧・四之宮付近には小学生時代などによく行ったものだ。そこにはスポーツ公園があり、よく野球に行ったりしたものだ。もちろん先に紹介した旧・川寒川跡にあるスポーツ公園にも野球場があり、そこにも野球等で訪れていた。つまり私と相模線は切っても切れない縁という事である!

四之宮拡大

四之宮拡大現在 (1)
四之宮付近を拡大し1961年頃と現在の比較である。相模川砂利積出Aで採取された砂利は相模川砂利積出Bまで運ばれるが、実際の四之宮駅はここB地点であると思われる。そして四之宮駅と表記している地点まで構内側線が伸びていたと思われ、意外に四之宮駅構内は広いイメージである。そして相模川砂利積出A付近とB付近では恐らく段差があったため、B付近では道路がΩ状になっているのがわかるのだが、相模川砂利積出Aの現在は完全に相模川に水没してしまった。更に現在の旧・四之宮駅付近はスポーツ公園の野球グラウンドになってしまって全く面影がない。ちなみに1961年では砂利採取は行われておらず、西寒川~四之宮間は既に廃止になっているとの公式記録がある。廃止されたのが1944年となっているので廃止から15年以上経っているのだがこれほどにもハッキリと痕跡が残っているのはスゴイ!というか、実際は砂利採取していたんじゃねぇ?って思えてしまうほどハッキリと確認できる。

四之宮の航空写真に注目していただきたいのだが、西寒川駅前の道路に寄り添うように四之宮への線路が続いているが、四之宮付近で大きくカーブし相模川に限りなく近づいて四之宮駅に着くのがハッキリとわかる。そして四之宮の手前で相模川に続く砂利道が複数確認でき、ここで砂利採取をしていたのが容易に判断できる。現在このカーブの部分は相模川の堤防の一部に埋まってしまい面影を確認する事はできない。更に先述通り、四之宮駅も野球場や湘南銀河大橋などの橋脚などに転用されてしまい、そこに駅があった事すら感じる事ができない。幼少時代に何度も自転車で訪れていたが、その時でさえ既に駅の面影を感じる事ができなかった。砂利採取、そして貨物輸送はこの時既に完全に過去へ葬られていたのだ。




上下で1961年頃と現在の可動式画像で掲載してみた。特に1961年頃の四之宮付近がわかる大変貴重な資料としてこれからも私は研究していく予定である。家から近い事もありいずれ現地でライブの姿を確認したい気持ちである。ただ、旧・四之宮付近では自家用車を駐車するスペースが無いため訪問にはやや苦労するかもしれないが・・・

晩年の寒川支線は既に私が過去にお伝えした通り、営業最終日にはTBSラジオの局員も取材に駆けつけそれなりに話題になった。だが、いわゆる「83線区」などにノミネートされていたわけでも無く、ある意味地味な引き際であった。だが最終日には全国から多くのレールファンも駆けつけ開業以来初であろう壮大な賑わいとなった。私がレールファンになるきっかけを作ってくれた西寒川駅であるが、その歴史は知れば知るほど奥が深い。



現在の西寒川付近をグーグルマップにて掲載してみた。画像を動かすと、画像右側の八角広場(旧・西寒川駅)より道路の右側に空間が見えてくるが、まさにそこが四之宮へ続く線路があった場所である。高速道路と交差する付近にはかつてトラック等が停まっていて会社のような場所であった記憶であるが、現在は更地になりハッキリと鉄道の歴史を感じる空間となった。


今回の記事も「地理院地図」と「グーグルマップ」から引用させていただきました。


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://4190koawazay.blog.fc2.com/tb.php/897-9719047d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ダイヤモンド☆トナカイ

Author:ダイヤモンド☆トナカイ
所在地:神奈川県湘南地区

〇2013年6月11日、北陸新幹線長野駅にてJR全線制覇いたしました(当時)。
国内の鉄道は、沖縄の「ゆいレール」を残し全線制覇しました。(とは言うものの、2015年3月の北陸新幹線延伸によりJR全線制覇は「ベルト返上」しました)

★ ブログ記事の「リメイク版」は、以前にホームページで紹介した旅日記をブログでリメイクしたものです。


◎ブログの登場人物

★ ダイナミック☆トナカイ
・・・中学時代の後輩で、2013年に約30年振りに再会を果たした。数多くの写真を提供していただいた「盟友」でもある。

★ おさる・・・かつて私がバンド活動をしていた時のメンバーで、鉄道復活のきっかけを作ってくれた人物。彼とは「秘境駅」を数回訪問した「親友」でもある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

新年のご挨拶 (8)
管理人のひとりごと (45)
きっぷコレクション (5)
フォトギャラリー (11)
サボ (2)
駅訪問 (43)
新十津川駅 (1)
北海道・廃駅 (4)
北海道・信号場 (4)
かけめぐる青春 (10)
奥津軽 (2)
東成田 (1)
九州駅巡り(廃止駅) (9)
九州駅巡り(現役駅) (3)
第三セクター転換前国鉄時代 (5)
松浦線 (2)
阿仁合線 (3)
機関車 (5)
SL (3)
快速列車・普通列車 (11)
夜行普通列車 (9)
急行列車 (11)
新幹線 (6)
寝台特急 (16)
583系 (2)
JR特急 (15)
JR九州・特急列車 (3)
ドリームにちりん (2)
ゆふいんの森 (2)
JR北海道・特急 (4)
JR四国アンパンマン特急 (1)
相模線 (25)
西寒川駅 (7)
廃止路線 (62)
留萌本線(留萌~増毛) (8)
士幌線 (5)
ふるさと銀河線 (3)
深名線 (1)
幌内線 (0)
広尾線 (1)
万字線 (1)
天北線 (4)
黒石線 (0)
佐賀線 (1)
大社線 (1)
大畑線 (1)
清水港線 (5)
鹿児島交通 (1)
高砂線 (1)
倉吉線 (1)
矢部線 (1)
ドリーム交通 (1)
赤谷線 (1)
日中線 (1)
白糠線 (7)
十和田観光 (1)
小松島線 (1)
三木線 (1)
鍛冶屋線 (1)
岩泉線 (5)
東武鉄道・熊谷線 (1)
同和鉱業 (3)
下津井電鉄 (3)
一円電車 (1)
フリー切符 (151)
1982年・春<青春18> (5)
1982年・夏<青春18> (6)
1983年・春<青春18> (15)
1984年・夏<青春18> (6)
1983年・夏<東北ワイド周遊券> (36)
1983年・北海道 (5)
2008年・北海道 (7)
2009年・北海道 (10)
スルッとKANSAI① (10)
スルッとKANSAI② (10)
九州制覇①2008年 (9)
九州制覇②2010年 (9)
九州制覇③2011年 (13)
2013年北陸 (10)
JR北海道 (93)
宗谷本線 (33)
根室本線 (1)
石勝線 (11)
石北本線 (5)
江差線 (1)
釧網本線 (1)
日高本線 (18)
留萌本線 (15)
室蘭本線 (8)
JR東日本 (32)
男鹿線 (2)
湘南新宿ライン (5)
仙山線 (3)
北上線 (3)
磐越東線 (2)
信越本線 (1)
鶴見線 (11)
五能線 (2)
水郡線 (1)
JR東海 (14)
御殿場線 (2)
飯田線 (5)
関西本線 (1)
高山本線 (6)
JR西日本 (92)
姫新線 (1)
呉線 (1)
木次線 (8)
伯備線 (3)
芸備線 (18)
三江線 (35)
美祢線 (2)
山陰本線 (7)
因美線 (3)
可部線 (7)
JR四国 (12)
予讃線 (5)
JR九州 (22)
唐津線・筑肥線 (6)
指宿枕崎線 (2)
日田彦山線 (8)
肥薩線 (3)
日南線 (3)
私鉄東日本 (62)
弘南鉄道 (1)
相模鉄道 (5)
江ノ電 (7)
津軽鉄道 (1)
湘南モノレール (1)
野岩鉄道 (8)
三陸縦断 (7)
長野電鉄 (1)
箱根登山鉄道 (12)
ひたちなか海浜鉄道 (5)
小湊鉄道 (4)
鹿島臨海鉄道 (6)
いすみ鉄道 (4)
私鉄西日本 (99)
大井川鉄道 (6)
長良川鉄道 (1)
岳南電車 (11)
紀州鉄道 (1)
えちぜん鉄道 (0)
三岐鉄道 (1)
島原鉄道 (1)
福井鉄道 (2)
阿佐線 (3)
東海交通事業 (1)
スカイレール (1)
広島電鉄 (1)
天竜浜名湖鉄道 (2)
門司港レトロ観光 (1)
平成筑豊鉄道 (1)
名鉄 (7)
北陸鉄道 (2)
万葉線 (2)
富山地方鉄道 (6)
関西電力黒部見学ルート (10)
近鉄 (5)
富山ライトレール (4)
伊豆急行 (17)
黒部峡谷鉄道 (4)
能勢電鉄 (1)
静岡鉄道 (8)

カウンター

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん